プレクスのTVチューナーユニットにLinux対応モデルが登場 外付けタイプの「PX-W3U4」

AKIBA PC Hotline! 01月12日(木)08時10分配信

 4チャンネル同時視聴/録画が可能というプレクス製USB接続デジタル3波チューナーの新モデル「PX-W3U4」が発売された。

 店頭価格は税込19,800円。販売ショップはツクモeX.パソコン館

Linux向けドライバはアルファ<3434>版、B-CASカードは別途用意

 PX-W3U4は、地デジチューナー×2基、BS/CSデジタル放送チューナー×2基を搭載したUSB 2.0接続のテレビチューナーユニット。本体サイズ(134×87×27)や外観は前モデル「PX-W3U3V2.0」にそっくりで、ICカードリーダーを備えている点も同じだが、新たにLinuxとWindows 10への対応がうたわれている。なお、Linux向けドライバは、1月11日(水)時点でアルファ<3434>版(2016年12月更新)となっている。

 付属品はACアダプタ、リモコンなど。同社の他のキャプチャ製品やすでに生産が終了しているアースソフト社のPT3と同様に、テレビ視聴・録画用ソフトやB-CASカードは同梱されていない点には注意が必要だ。

[撮影協力:ツクモeX.パソコン館]

[Amazonで購入]
AKIBA PC Hotline!
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 01月12日(木)08時10分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】