ファミコンソフトが80本収録!6,880円のゲーム機「レトロビット ジェネレーション」 忍者じゃじゃ丸くん、燃えプロ、イメージファイト、SUPER R-TYPEなど (○○なもの)

AKIBA PC Hotline! 01月12日(木)08時05分配信

 往年のレトロゲームが80本も収録されたゲーム機が登場、「Retro-bit GENERATIONS(レトロビット ジェネレーション)」がトレーダー秋葉原 本店で販売中。店頭価格は税抜き6,880円(税込7,430円)で、国内販売元はJNNEX。パッケージや本体内のメニュー画面は日本語化されています。

 これは、アイレムやジャレコ、データイーストがファミコン、スーパーファミコン、ゲームボーイ向けにリリースしたレトロゲームが合計80本も収録されたゲーム機。

 収録タイトルの一例を挙げると、イメージファイト、エクセリオン、ジッピーレース、シティコネクション、SUPER R-TYPE、忍者じゃじゃ丸くん、フォーメーションZ、迷宮島、燃えろ!!プロ野球など。タイトルラインナップを見て、思わずニヤリとする方も多いのでは?なお、JNNEXによると、日本版レトロビット ジェネレーションの内蔵ソフトは、アイレムエンジニアリング社(アイレムタイトル)、シティコネクション社(ジャレコタイトル)、データーイースト社(米国)、PIKO社(米国)と版権使用許諾契約を交わしているとのこと。

 映像出力はHDMIとコンポジットの2種類で、電源は付属のACアダプタから供給します。本体前面にはUSBポートが2つ用意されており、付属の専用コントローラーを利用することで、1人プレイだけではなく、2人同時プレイも可能。セーブデータは本体とSDカードの双方に保存可能。

 付属品は専用コントローラー×2個、ACアダプタ、AVケーブル。HDMIケーブルは別売り。

 ちなみに、JNNEXが公開しているプロモーションビデオによると、収録タイトルが異なるGENERATIONSの第2弾、第3弾も近日発表予定だそう。

 レトロゲームが収録されたゲーム機といえば、昨年11月に任天堂<7974>から発売された「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」(以下、ミニファミコン)が記憶に新しいところですが、今回のGENERATIONSではミニファミコンには無かった作品が多数収録されているので、興味がある方は購入を検討してみてください。

※1/12 21:20に以下を追記

 12日(木)夕方取材時に売り切れを確認。なお、次回入荷は未定で、入荷があれば同店のTwitterなどで告知をするとのこと。

※1/13 23:50に以下を追記

 BEEP 秋葉原店でも販売されていることを確認。同店の店頭価格は税込8,078円。

※1/14 22:10に以下を追記

 トレーダー秋葉原 本店に少量再入荷したことを確認。

本体側面。
本体裏面。HDMIやコンポジット出力などが用意されている。
専用のUSBコントローラー付き。
往年のレトロゲームが80本収録。
収録ゲームはジャレコやアイレム、データイーストのもの。
収録タイトル一覧。
付属品一覧。
パッケージ。
トレーダー秋葉原 本店の販売コーナーの様子。
BEEP 秋葉原店でも販売されていることを確認。
[Amazonで購入]
AKIBA PC Hotline!
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 01月12日(木)08時05分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】