アキバ店員のPCパーツウォッチ( Ryzen用CPUクーラーの人気モデル )

AKIBA PC Hotline! 2017年03月15日(水)08時05分配信
このコーナーは、最近発売された気になるPCパーツの「その後」をショップ店員に聞くコーナーです。ショップ店員による売れ行き動向やアドバイスなど、購入等の参考としてご活用下さい。

Ryzen用CPUクーラーの人気モデル

 今回はRyzenが採用しているSocket AM4対応CPUクーラーの売れ筋モデルを調査してみた。Ryzen発売直後ということもあり対応モデルはそれほど多くないが、多くのショップではいち早く同ソケットへの対応をうたったMSIのCORE FROZR Lが人気を集めている。

ツクモeX.パソコン館

 深夜販売の時はリテンションキットを付けていた虎徹がよく売れていましたが、今はMSIのCORE FROZR Lが断トツで人気です。ちなみに水冷キットは意外と動いていない感じです。

パソコン工房 秋葉原BUYMORE店

 意外にHyper TX3 EVOが売れています。あとはMSIのCORE FROZR LやCorsairのH110iもすごい売れています。H110iは水冷で対応をうたっているのが少ないから人気なんでしょうね。MSIのほうは、Socket AM4のクーラーが揃わないという事で、急遽仕入れたんですが、この様子だとIntelプラットフォームで、このクーラーを使っている方はあんまりいないんじゃないですかね。

ドスパラパーツ館

 ThermaltakeのContac Silent 12が比較的安価なので、良く売れていますね。このモデルを買う人は冷却性能というよりは価格を重視しているという人が多く、おそらくは高性能なSocket AM4対応CPUクーラーが出るまでの“つなぎ”目的で選んでいるのだと思います。Ryzenは予想以上に人気が出ているので、早く新型CPUクーラーが登場して欲しいですね。

ソフマップ 秋葉原 リユース総合館

 売れているのはMSIのCORE FROZR LやThermaltakeのContac Silent 12ですね。CPUクーラーの対応状況がRyzen発売直前までほとんど情報が無かったので、正式対応をうたっている製品が売れていますね。今後、CPUとマザーボードが安定して供給される頃には対応CPUクーラーやリテンションキットが増えていると思うので、この2製品以外も売れていくと思いますよ。

ソフマップ 秋葉原 本館

 いち早く対応をうたったMSIのCORE FROZR Lが売れていますね。やはり早い段階から正式対応をうたっていたのが強く、Ryzen対応CPUクーラーならCORE FROZR Lと思っている人が多いですよ。

ツクモパソコン本店II

 CPUとセットで買っていくのはMacho120 Rev.Aかな。その次にMSIのCORE FROZR Lですね。ほかは対応を明確にうたっていなかったりするので……。

オリオスペック

 ThermalrightのMacho120 Rev.Aが売れていますね。Thermalright製品はRyzen発売前にAM4対応リテンションキットが同梱したロットがあった点が良かったですね。最近になってRyzen対応水冷ヘッドも増えてきたことですし、こちらの動きにも期待しています。ちなみに、ちらほらと問い合わせがきているNoctuaブランドのSocket AM4対応クーラーについてですが、今週から販売が始まりましたので、欲しかった方はぜひご購入頂ければなと思います。

パソコンショップ アーク

 MSIのCORE FROZR LやThermalrightのLe GRAND MACHO RTなどの高冷却モデルが売れていますね。現在登場しているRyzenが上位モデルということもあり、冷却性能と信頼度の高い製品が人気ですね。価格が安めのCPUクーラーについては今後、Ryzenのバリエーションが増えきてから売れていくと思いますよ。

AKIBA PC Hotline!
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年03月15日(水)08時05分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】