Skylakeもファンレスできるキューブ型Mini-ITXケース「DB4」にブラックカラーが登場 STREACOM製

AKIBA PC Hotline! 2017年03月15日(水)08時30分配信

 Skylakeもファンレスで運用できるSTREACOM製のキューブ型Mini-ITXケース「DB4 Fanless Chassis」にブラックカラーが登場、「ST-DB4B」が発売された。

 店頭価格は税込42,984円で、販売ショップはオリオスペック

ケース自体がヒートシンクになる完全ファンレスケース

 DB4 Fanless Chassis (ST-DB4B)は、ケース自体をヒートシンクにすることで、完全ファンレス動作を実現したキューブ型のMini-ITXケース。シルバーカラーが2016年11月に発売されており、今回、ブラックカラーが追加された格好だ。

 基本仕様は従来モデル同様で、冷却システムはCPUに接触するベース部からヒートパイプが伸び、ヒートパイプとアルミ外装が接触することで、熱を外部に放熱する仕組みになっている。また、I/Oパネルや電源ボタンなどは本体底面部分にレイアウト、底面以外にはコネクタが無いデザインになっている。

 標準の状態でファンレス動作が可能なCPUはTDP 65Wのモデルまでで、対応CPUソケットはLGA775/1366/115x/Socket AM3+/FM2/AM1など。さらに、別売りのヒートパイプ「DB4 - LH6 Heat Pipe Kit」を追加し、風の流れがある涼しい場所に設置することで、TDP 110WのCPUまで対応できるとされている。

 本体サイズは幅260×高さ270×奥行き260mm、重量は約7.5kg。電源は別売りで、専用のファンレス電源「ST-ZF240」や、ACアダプタ電源基板「PicoPSU」に対応しているという。

[撮影協力:オリオスペック]

AKIBA PC Hotline!
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年03月15日(水)08時30分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】