ASUSのRyzenマザー「ROG CROSSHAIR VI HERO」にシステムが起動しなくなる不具合 ツクモのRyzen搭載BTOパソコンも対象、要BIOS更新

AKIBA PC Hotline! 2017年03月16日(木)19時00分配信

 ASUSのRyzen向けマザーボード「ROG CROSSHAIR VI HERO」の一部環境で、予期せぬBIOSの自動更新やシステムが起動しなくなる不具合が発生している。

 ASUSによると、これはバージョン 0702または5704(ベータバージョン)以前のBIOSを使用している一部環境で発生するとのこと。同社では、この問題を回避したBIOS(バージョン 0902)を公開しており、ユーザーに対してBIOSのアップデートを呼びかけている。

 なお、同マザーボードはツクモのBTOパソコン「G-GEAR」のRyzen搭載モデルでも採用されており、ツクモによると、3月15日(水)以前に出荷された「GA7A-A91/T」「GA7A-C91/T」が、今回の不具合に該当するという。ツクモでもBIOSのアップデートを呼びかけている。

ASUSのTwitterより
ツクモの告知ページより
AKIBA PC Hotline!
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年03月16日(木)19時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】