MLC NAND採用の“赤いSSD”がCorsairから、リード最大560MB/s 4コアコントローラー搭載の「Neutron XTi」シリーズ、1,920GBモデルも発売

AKIBA PC Hotline! 2017年03月16日(木)22時05分配信
(3/18 21:50更新)480GB/960GB/1,920GBモデルの販売を確認。

 MLC NANDフラッシュメモリを採用したCorsair製SSDに新モデルが登場、Neutron XTiシリーズが発売された。ラインナップは240GBの「CSSD-N240GBXTI」、480GBの「CSSD-N480GBXTI 」、960GBの「CSSD-N960GBXTI」、1,920GBの「CSSD-N1920GBXTI 」の4種。

 店頭価格は順に、税込16,480円、税込26,980円、税込53,800円、税込109,800円、販売ショップはパソコンショップ アーク

Phisonコントローラー搭載の2.5インチSSD

 これは、「Phison製の4コアコントローラーを搭載している」(ショップ)という6Gbps SATA対応の2.5インチSSD。本体は赤色の筐体が採用されている。本体の厚みは7mm。

 最大転送速度は、240GB/480GB/960GBモデルがリード560MB/s・ライト<1926>540MB/s、ランダムリード100,000IOPS・ランダムライト90,000IOPS。1,920GBモデルがリード550MB/s・ライト<1926>500MB/s、ランダムリード80.000IOPS・ランダムライト85,000IOPS。

 総書き込みバイト量は、240GBが160TBW、480GB320TBW、960GBが640TBW、1,920GBが1,280TBWがとされている。

[撮影協力:パソコンショップ アーク]

AKIBA PC Hotline!
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年03月16日(木)22時05分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】