Kaby Lake対応の安価なmicroATXマザー「PRIME B250M-K」が登場、ASUS

AKIBA PC Hotline! 2017年03月17日(金)08時30分配信

 B250チップセットを搭載したLGA1151対応のmicroATXマザーボードに新モデルが登場、ASUSから「PRIME B250M-K」が発売された。店頭価格は税込11,100円前後で、Kaby Lake対応モデルとしては安価。

 販売ショップはツクモパソコン本店パソコン工房 秋葉原BUYMORE店ドスパラパーツ館

小型ケースに組み込みやすい小型基板のmicroATXエントリーモデル

 PRIME B250M-Kは、LGA1151対応のエントリー向けマザーボード。1月に発売されたmicroATXマザーボード「PRIME B250M-A」と比べると、メモリスロットが4本から2本へ減少しているが、基板サイズが24.4×20.6cmから22.6×18.5cmへと一回りほど小さくなっている。

 スロット数はPCIe x16×1、PCIe x1×2、DDR4 DIMM×2(DDR4-2400、最大32GB)。主な搭載機能・インターフェイスはDVI-D、VGA、1000Base-T LAN×1(Realtek)、6Gbps SATA(6ポート)、M.2(PCIe Gen3 x4)×1、USB 3.0/2.0、8chサウンド。

[撮影協力:ツクモパソコン本店]

AKIBA PC Hotline!
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年03月17日(金)08時30分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】