イルミネーション機能も備えた多機能Mini-ITXマザー「GA-Z270N-Gaming 5」が登場

AKIBA PC Hotline! 2017年03月18日(土)12時05分配信

 Kaby Lake対応のゲーム向けMini-ITXマザーボードに新モデルが登場、GIGABYTEから「GA-Z270N-Gaming 5(rev.1.0)」が発売された。店頭価格は税込24,580円。

 販売ショップはドスパラパーツ館パソコン工房 秋葉原BUYMORE店パソコンショップ アーク

Z270搭載で機能満載のゲーミングMini-ITXマザー

 GA-Z270N-Gaming 5は、Intel Z270チップセットを搭載したLGA1151マザーボード。同社のゲーミングブランド「GIGABYTE Gaming」の製品で、I/Oスロット部を覆う大きめのカバーが印象的。

 基板上のLEDやピンヘッダに接続したLEDストリップを制御する同社独自のイルミネーション機能「RGB Fusion」をサポートするほか、Intelコントローラによる1000Base-T LANやネットワーク帯域の制御ができる「cFosSpeed」、IEEE 802.11acやBluetooth 4.2といった無線ネットワーク、接続したヘッドフォンのインピーダンスを自動的に検出し、最適な設定を行う「Smart Headphone Amp」対応のサウンド機能などを備えている。

 スロット数はPCIe x16×1、DDR4 DIMM×2(DDR4-4000対応、最大32GB)。主な搭載機能・インターフェイスはHDMI 1.4×1、DisplayPort 1.2×1、IEEE 802.11ac無線LAN+Bluetooth 4.2、1000Base-T LAN(Intel)、6Gbps SATA×4(SATA Express×1)、M.2(PCIe Gen3 x4)×1、M.2(Wi-Fi専用、モジュール装着済み)×1、USB 3.1 Gen2(Type-A/C各1)、USB 3.1 Gen1/2.0、7.1chサウンド。

[撮影協力:ドスパラパーツ館パソコン工房 秋葉原BUYMORE店]

AKIBA PC Hotline!
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年03月18日(土)12時05分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】