実売37万円超えのPC自作キット「ZBOX MAGNUS EN1080K」が発売、Kaby LakeやGTX 1080搭載 OS付きの完成品モデルは実売42万円以上、ACアダプタ×2動作

AKIBA PC Hotline! 2017年03月18日(土)00時10分配信

 GeForce GTX 1080(GDDR5X 8GB)を搭載したZOTACの小型ゲーミングPC自作キットに新モデルが登場、Kaby Lakeコアの「Core i7-7700」を採用した「ZBOX MAGNUS EN1080K(ZBOX-EN1080-K-J)」が国内代理店のアスクから発売された。店頭価格は税込377,784円。

 また、Windows 10 Home(64bit)やメモリ、SSDを搭載した完成品PC「ZBOX MAGNUS EN1080K Windows 10 Home(ZBOX EN1080-K-J-W2B)」も同時に発売されている。こちらの店頭価格は税込426,384円。

 販売ショップはツクモeX.パソコン館ツクモパソコン本店パソコンショップ アーク

VRやゲームを楽しむためのハイパフォーマンスな小型PC

ZBOX-EN1080-K-J
ZBOX EN1080-K-J-W2B

 ZBOX MAGNUS EN1080Kは、CPUとGPUを冷却するオリジナルの水冷ユニットを搭載したハイエンドゲーミングPC自作キット。2016年11月に発売された「ZBOX MAGNUS EN1080」のマイナーチェンジモデルで、CPUがCore i7-6700(3.4GHz/ブースト時4GHz、クアッドコア)からCore i7-7700(3.6GHz/ブースト時4.2GHz、クアッドコア)に変更されている。また、CPUの変更に伴いメモリクロックがDDR4-1866/2133からDDR4-2133/2400へと変わっている。それ以外のスペックは従来モデル同様。

 主な搭載機能・インターフェイスはDisplayPort 1.3×2、HDMI 2.0×2、IEEE 802.11ac無線LAN+Bluetooth 4.2、Gigabit Ethernet×2、USB 3.1(Type-A/C各1)、USB 3.0×4、ヘッドホン出力、マイク入力。DC入力は2基あり、付属の2台のACアダプタで電源を供給する。

 メモリスロットはSO-DIMM×2(DDR4-2133/2400、最大32GB)。ストレージインターフェイスはM.2×1(PCIe x4、6Gbps SATA接続)、2.5インチHDD/SSD×1(6Gbps SATA接続)、3in1 SDカードスロット。OSプリインストールモデルでは、8GB DDR4-2133メモリと、120GB M.2 SATA SSD、1TB HDDが装着済み。

 本体サイズ(W×H×L)は203×128×225mm。付属品は無線LANアンテナ(2本)、ACアダプタ(2個)、電源ケーブル(2本)など。OSプリインストールモデルにはOSリカバリーDVDも付属する。

[撮影協力:ツクモパソコン本店]

AKIBA PC Hotline!
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年03月18日(土)00時10分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】