手元でカメラの先端が操作できるUSB内視鏡がサンコーから、実売69,800円

AKIBA PC Hotline! 2017年03月18日(土)23時55分配信

 カメラの先端を手元で180度曲げることができるUSB内視鏡が登場、サンコー<6964>から「先端可動式USB工業用内視鏡(WOSCRADJ)」が発売された。

 店頭価格は税込69,800円で、販売ショップはサンコーレアモノショップ秋葉原総本店

PCまたはスマートフォンのディスプレイで映像が確認できるUSB内視鏡

 これは、Windows PCまたはOTG機能を持つスマートフォンで利用できるUSB接続の内視鏡。PCかスマートフォンのディスプレイでカメラの映像が確認できるというもので、動画や写真の撮影をすることもできる。また、先端のカメラ部分は180度曲げることができ、手元のレバーで操作する仕組み。

 ケーブル長は800mmで、カメラ径は8.5mm。先端には高輝度白色LEDが6灯内蔵されている。

 撮影解像度は動画・静止画ともに640×480ピクセル<2743>。スマートフォンで利用する際は付属のMicro USB変換ケーブルを利用する。

 本体サイズは40×180×40mm、重量は208g。

【先端可動式USB工業用内視鏡の紹介ページ(サンコー<6964>)】

[撮影協力:サンコーレアモノショップ秋葉原総本店]

AKIBA PC Hotline!
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年03月18日(土)23時55分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】