ファミコンカラーのモバイル液晶「On-Lap 1101F」が店頭販売スタート 11.6型/フルHD対応でモバイルバッテリーでも動作

AKIBA PC Hotline! 2017年04月20日(木)08時05分配信

 任天堂<7974>のレトロゲーム機「ファミリーコンピューター」を彷彿とさせるカラーリングのGeChic製モバイル液晶ディスプレイ「On-Lap 1101F」の店頭販売が、パソコン工房 秋葉原BUYMORE店で始まった。同店によると、これまでWeb通販では販売されていたが、店頭販売は同店が初だという。

 店頭価格は税込34,800円。

USB給電で動作する11.6型/フルHD対応のモバイルディスプレイ

スタンドにもなるカバーを取り付けた状態
ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ(別売り)と並べた様子

 On-Lap 1101Fは、USB給電で利用できる11.6型/解像度1,920×1,080ドット対応のモバイルディスプレイ。2015年に発売された「On-Lap1101P」のカラーバリエーションモデルで、ファミコンを連想させる白と赤のカラーリングが目を惹くモデルとなっている。

 電源はUSBバスパワーで給電する仕組みで、モバイルバッテリーでも動作が可能とうたわれている。本体側面にはMicro HDMIやMini DisplayPortといった映像入力端子が用意されているほか、Micro HDMI - HDMI変換ケーブルが付属している。また、スタンドにもなる本体カバーも同梱されている。

 主な仕様は輝度が300cd/平方m、視野角が水平/垂直ともに178度、応答速度(標準)が14ms、最大表示色数が1,677万色など。本体サイズは289x183x11mmで、重量は480g。カバーを取り付けた際は295x190x15mm/690gとなる。

[撮影協力:パソコン工房 秋葉原BUYMORE店]

[Amazonで購入]
AKIBA PC Hotline!
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年04月20日(木)08時05分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】