水冷&OC仕様のGeForce GTX 1080 TiがZOTACから登場 3スロット占有の空冷モデル「AMP Extreme」の下位も発売

AKIBA PC Hotline! 2017年06月17日(土)12時05分配信

 ZOTACからオーバークロック仕様のGeForce GTX 1080 Tiカードが2モデル登場。

 1モデルは水冷システム専用で、もう1モデルは同社の空冷OC「AMP」シリーズのバリエーションとなっている。

.ZOTAC GeForce GTX 1080 Ti ArcticStorm(ZT-P10810E-30P)

 GeForce GTX 1080 Ti ArcticStormは独自設計の水冷ブロックを搭載したGeForce GTX 1080 Ti搭載ビデオカード。店頭価格は税込129,384円。

 上方または、水平方向に接続が可能なフィッティングを備え、フィッティング径はG1/4。アクリルパーツ部にはイルミネーション機能「SPECTRA」に対応したRGB LEDを搭載。また、電源回路は16+2フェーズ仕様で、高負荷時でも安定した電源供給を行う制御チップ「Power Boost」を2基搭載している。なお、水冷システム向けのため空冷環境では使用できない。

 GPUはオーバークロックされており、動作クロックはベース1,506MHz、ブースト1,620MHz。搭載メモリはGDDR5X 11GB(352bit)で、クロックは11,010MHz。

 映像出力コネクタはDisplayport 1.4×3、HDMI 2.0b×1、DL-DVI-D×1。本体サイズは約300×148×43.5mmで、2スロットを占有する。補助電源コネクタは8ピン×2。

 販売ショップはツクモeX.パソコン館ツクモパソコン本店パソコンショップ アークドスパラパーツ館

.ZOTAC GeForce GTX 1080 Ti AMP Extreme Core Edition(ZT-P10810F-10P)

 GeForce GTX 1080 Ti AMP Extreme Core Editionは、オーバークロック仕様のGeForce GTX 1080 Ti搭載ビデオカード。店頭価格は税込113,378円。

 今年4月に発売された最上位モデル「GeForce GTX 1080 Ti AMP Extreme(ZT-P10810C-10P)」の下位にあたるモデルで、コアクロックがベース1,607MHz、ブースト1,721MHz(最上位モデルはそれぞれ1,645MHz、1,759MHz)に変更されている。搭載メモリがGDDR5X 11GB(352bit)で、クロックが11,200MHzというのは最上位モデルと同じ。

 ハード的な特徴は最上位モデルから変更はなく、90mmファン×3基を持つオリジナルクーラー「IceStorm」や、メタル製バックプレート、16+2フェーズ仕様の電源回路「Power Boost」、LEDライティング機能「SPECTRA」などを搭載している。

 映像出力コネクタはDisplayport 1.4×3、HDMI 2.0b×1、DL-DVI-D×1。本体サイズは約325×148×56.6mmで、3スロットを占有する。補助電源コネクタは8ピン×2。

 販売ショップはツクモeX.パソコン館パソコンショップ アークドスパラパーツ館

[撮影協力:パソコンショップ アークツクモパソコン本店]

AKIBA PC Hotline!
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年06月17日(土)12時05分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】