野外でも使える手の平サイズの小型プロジェクターが発売、サンコー USBメモリ内の動画再生にも対応

AKIBA PC Hotline! 2017年09月16日(土)10時00分配信

 バッテリー内蔵でどこでも使える手のひらサイズのプロジェクター「どこでもシアターになるDLP式小型プロジェクター(SMHDDLP2)」がサンコー<6964>から発売された。HDMIで映像入力できるほか、microSDカードやUSBメモリの再生が可能。

 通常価格は税込24,800円。販売ショップはサンコーレアモノショップ秋葉原総本店。同店では週末限定で税込24,800円で販売中。

バッテリー内蔵の小型プロジェクター、microSDやUSBメモリ内の動画再生にも対応

 これは、本体サイズが幅75×高さ22×奥行き90mm、重量が148gと小型・軽量のDLP方式プロジェクター。コンパクトで持ち運びがしやすく、またバッテリー(3,000mAh)を内蔵しているので、自宅だけではなく職場や野外など、どこでも使えるというのがメリットだ。

 付属のHDMIケーブルでAV機器やゲーム機などの映像を入力できるほか、microSDカードやUSBメモリに記録した動画や音楽などの再生が可能。スピーカーや3.5mm音声出力端子、「VGA/AV」端子も装備されている(変換ケーブルなどは付属していない)。

 入力解像度は最高1080p。表示解像度は854×480ドット。投影サイズは25~90インチ相当で、スクリーンとの距離が1.5mの場合は45インチ相当で、3mの場合は90インチ相当で表示できるとしている。明るさは80ルーメン。コントラスト比は1,000:1。

 バッテリーでの連続動作時間は約2時間。充電は付属のUSB-DCケーブルで行なう。

 上記以外の付属品は、ワイヤレスリモコン、ミニ三脚、USB-ACアダプタ、日本語マニュアル。

[撮影協力:サンコーレアモノショップ秋葉原総本店]

AKIBA PC Hotline!
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年09月16日(土)10時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。