eTLC採用のMicron製SSD「5100 PRO」が店頭販売、3.8TBは実売30万円 データセンター向け

AKIBA PC Hotline! 2017年10月13日(金)07時05分配信
eTLC採用のMicron製SSD「5100 PRO」が店頭販売、3.8TBは実売30万円

 eTLCを採用したMicronのエンタープライズSATA SSD「5100 PRO」が発売された。オリオスペックでは2.5インチタイプの容量240GB、480GB、960GB、1,920GB、3,840GBの5モデルが販売中で、店頭価格(以下、税込表記)は順に25,704円、46,224円、82,944円、145,584円、300,240円(960GB以上のモデルは受注販売)。

3次元NANDのMicron 3D eTLCを採用したデータセンター向けSSD

 5100 PROは、3次元NANDのMicron 3D eTLCを採用したデータセンター向けの6Gbps SATA対応SSD。独自のファームウェアアーキテクチャ「FlexPro」も採用し、管理者によるドライブの性能や耐久性の最適化などが可能としている。

 フォームファクタは、今回発売された2.5インチ/7mm厚タイプのほか、M.2タイプが用意。公称性能(最高値)は、シーケンシャルリード540MB/s、ライト<1926>520MB/s、ランダムリード93,000IOPS、ライト<1926>43,000IOPS。

eTLC採用のMicron製SSD「5100 PRO」が店頭販売、3.8TBは実売30万円
eTLC採用のMicron製SSD「5100 PRO」が店頭販売、3.8TBは実売30万円
eTLC採用のMicron製SSD「5100 PRO」が店頭販売、3.8TBは実売30万円

 耐久性のスペック(最高値)は、3 DWPD(Drive Writes Per Day)、TBW(Total Bytes Written)が17.6PB、MTTFが200万時間とされている。

 なお、5100 PROほか、1 DWPDの下位モデル「5100 ECO」と、5 DWPDの上位モデル「5100 MAX」がラインナップされている。

[撮影協力:オリオスペック]

AKIBA PC Hotline!
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年10月13日(金)07時05分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。