海外でデータローミングを使わずにWi-Fiに接続するXperiaテク

アスキー 2016年10月13日(木)10時00分配信

 海外でXperiaを使う場合、気になるのは通話や通信料です。SIMロックを解除して現地のプリペイドSIMを使うなら、現地通信キャリアの料金なので割安ですが、日本の通信キャリアのSIMを挿したまま使うとローミングになり、日本で使うよりも割高になってしまいます。

24
データ通信は海外定額が利用できるケースも

 ローミングで利用する場合、データ通信は海外でも定額で使えるサービスなどがあるので一応安心。もしデータローミングを利用したい場合は、設定から“無線とネットワーク”→“その他の設定”→“モバイルネットワーク”に移動して、“データローミング”をオンにすればオーケー。

24
データローミングをオンにする

 データローミングを使わなくても、レンタルしたモバイルルーター、ホテルや飲食店のWi-Fiに接続すれば、インターネット通信が利用できます。とはいえ、うっかりデータローミングをオンにして間違って接続してしまうのが怖いというユーザーもいるはず。

 そういう場合はフライトモードに設定してから、Wi-Fiをオンにして使いましょう。

24
フライトモードに設定する

 まずは画面上部から下方向にスワイプして通知領域を呼び出し、さらに画面上部をタップしてクイック<4318>設定パネルに切り替えます。ここから“フライトモード”のアイコンをタップしてオンにします。

24
Wi-Fiをオンにする

 あとは、あらかじめWi-Fiへの接続が設定されているなら、クイック<4318>設定パネルのWi-Fiをオンに。もし新たに接続設定する場合は、設定から“Wi-Fi”へと移動して、Wi-Fi機能をオンにしてから、接続したいアクセスポイントをタップして設定します。

 フライトモードなので、モバイル通信はオフになっており、ローミングでのデータ通信は機能していないので安心。ただし日本からの着信やSMSも受けられなくなるので注意しましょう。

※Xperia Z5 Premium SO-03H/Android 6.0で検証しました。

アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年10月13日(木)10時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】