9万7000円のi7 / GeForce GTX搭載ノート、「dynabook AZ55/A」をベンチマークで性能確認

アスキー 2016年10月13日(木)10時00分配信
Core i7 / GeForce GTX搭載で10万2000円から! 東芝の15.6型「dynabook AZ55/A」をチェック!!

 東芝ダイレクト限定のWebオリジナルモデル、15型ノートPC「dynabook AZ55/A 2016秋 Webモデル」は、いわゆるゲーミングノート以外では珍しくGPUを採用している点が特徴だ。CPUには2.50GHzで動作する第6世代Coreプロセッサー「Core i7-6500U」、GPUには2GBのビデオメモリを持つ「NVIDIA GeForce 930M」を採用。共に最高級とまではいかないが、実用性では十分な性能を備えるCPUとGPUだ。

Core i7 / GeForce GTX搭載で10万2000円から! 東芝の15.6型「dynabook AZ55/A」をチェック!!
東芝<6502>ダイレクト限定のWebオリジナルモデル「dynabook AZ55/A 2016秋 Webモデル」
Core i7 / GeForce GTX搭載で10万2000円から! 東芝の15.6型「dynabook AZ55/A」をチェック!!
パームレスト右側には「Windows Hello」対応の指紋センサーがある
Core i7 / GeForce GTX搭載で10万2000円から! 東芝の15.6型「dynabook AZ55/A」をチェック!!
左からメモリーカードスロット(SD/SDHC/SDXC対応)、USB 3.0端子×2、HDMI端子、アナログRGB出力端子、電源コネクターが並ぶ
Core i7 / GeForce GTX搭載で10万2000円から! 東芝の15.6型「dynabook AZ55/A」をチェック!!
左からセキュリティロック、有線LAN(1000BASE-T)端子、光学式ドライブ、USB 2.0端子×2、マイク・ヘッドホン兼用端子が並ぶ。スマホ用のマイク付きヘッドホンがそのまま使えることを確認した

 GPUがあればグラフィック系のソフトやゲームの快適度が内蔵グラフィックに比べて格段に快適になるので、GPUを採用していない15型ノートより、グラフィック系ソフトを利用するユーザーに向いてる。

 ここで気になるのは、CPUとGPUがゲーミングPCなどに搭載されているものに比べて性能が控えめな点だだろう。それらGPUを採用するゲーミングPCは基本的にスペックが高めに設定されている。内蔵グラフィックスに加えて、あえてノートでGPUを搭載するのはそれだけの性能が期待されていると考えているからだろう。

 一方「dynabook AZ55/A 2016秋 Webモデル」のポイントは、CPUとは別途モバイル向けのエントリーGPUを採用している点にある。性能とコストのバランスを重視しており、動画投稿サイトを視聴しながら別の作業を行なったり、趣味で写真・動画などを編集する方を意識したものと考えるといいだろう。

 そこで、実際の動作にどれだけの影響があるのかを確認するため、ベンチマークテストを行なってみた。

東芝ダイレクト

東芝ダイレクト

まずはゲーム系ベンチマークソフトでチェック

 今回使用したソフトは、「ドラゴンズドグマ オンライン」のベンチマークソフト、「ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド ベンチマーク」「ドラゴンクエストX ベンチマークソフト Ver.1.4k」の3本。それぞれを1280×720ドットのウインドウモードと、フルHD(1920×1080ドット)のフルスクリーンモードでテストを行なってみた。

 解像度設定以外の設定は基本的にすべてデフォルトで、各種ベンチマークソフトはインストールしたままの状態から表示を1280×720ドットのウインドウモード、フルHD(1920×1080ドット)のフルスクリーンモードに切り替えてテストしただけだ。

9万7000円のi7 / GeForce GTX搭載ノート、「dynabook AZ55/A」をベンチマークで性能確認
「ドラゴンズドグマ オンライン」ベンチマークソフト。1280×720ドット、ウインドウモードでのスコアは「4162」(快適)という評価
9万7000円のi7 / GeForce GTX搭載ノート、「dynabook AZ55/A」をベンチマークで性能確認
フルHD(1920×1080ドット)でフルスクリーンモードでは「2659」(普通)
9万7000円のi7 / GeForce GTX搭載ノート、「dynabook AZ55/A」をベンチマークで性能確認
「ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマーク」。DirectX 9、1280×720ドット、ウインドウモードでのスコアは「4336」(快適)
9万7000円のi7 / GeForce GTX搭載ノート、「dynabook AZ55/A」をベンチマークで性能確認
フルHD(1920×1080ドット)、フルスクリーンモードでは「2597」(やや快適)
9万7000円のi7 / GeForce GTX搭載ノート、「dynabook AZ55/A」をベンチマークで性能確認
「ドラゴンクエストX」ベンチマークソフト。1280×720ドットで、ウインドウモードでのスコアは「7008」(とても快適)
9万7000円のi7 / GeForce GTX搭載ノート、「dynabook AZ55/A」をベンチマークで性能確認
フルHD(1920×1080ドット)、フルスクリーンモードでは「5601」(快適)

 フルスクリーンでのスコアが予想より伸びなかったものの、コマ落ちや処理落ちが起きるわけではないので、普通にプレイするのに支障はない。実際にいくつかのゲームをプレイしてみたが、画質設定を最高にしなければ快適に遊ぶことができる印象だ。

「PCMark」と「3DMark」でも測定

 ついでといってはなんだが、ゲームのベンチだけではなく、PC用ベンチマークソフトでおなじみの「PCMark」と「3DMark」でも測定してみた。

 3DMarkではスコア「355」と、一般的なノートPCと同レベルの結果だ。「3DMark」のテスト画面ではかなりカクカクしていてちょっと不安になるくらいだったが、結果もその通りな感じになっている。

9万7000円のi7 / GeForce GTX搭載ノート、「dynabook AZ55/A」をベンチマークで性能確認
3DMarkではスコア「355」と、一般的なノートPCと同レベルの結果

 PCMarkのスコアは「3311」でノートマシンとしては高い数値が得られた。

9万7000円のi7 / GeForce GTX搭載ノート、「dynabook AZ55/A」をベンチマークで性能確認
PCMarkのスコアは「3311」

 「dynabook AZ55/A 2016秋 Webモデル」のベンチマーク結果を総合すると、CPU性能的には結構良い感じで、GPU性能はモバイル向けのエントリーという位置付け通りという感じだろうか。実際に「dynabook AZ55/A 2016秋 Webモデル」を触っていると気になる点はいくつかあって、まずは起動時にもたつきを感じる。これは最近のノートPCの多くが起動ドライブにSSDを採用していることが多い一方、「dynabook AZ55/A 2016秋 Webモデル」では起動ドライブがHDDとなっていることが理由だ。

 また、起動した後もデスクトップは早く表示されるが、エクスプローラーを開くなど、操作を受け付けてくれるまでに若干の待ち時間が生じるときがある。これは搭載メモリーが16GBなので単純にWindows 10が重く、また最近のSSD起動のPCが早いというだけかもしれない。試しにHDDの速度を計るベンチマークを試してみたところ、以下のような結果になった。

9万7000円のi7 / GeForce GTX搭載ノート、「dynabook AZ55/A」をベンチマークで性能確認
「CrystalDiskMark 5.1.2」の計測結果

 「dynabook AZ55/A 2016秋 Webモデル」が搭載しているストレージは、東芝製1TB HDD 「MQ01ABD100」で、HDDの速度としては一般的だ。これなら起動時に時間がかかってアプリが動き出してしまえば気にならなくなるのもなんとなく納得できる。

 「dynabook AZ55/A 2016秋 Webモデル」は、できれば記録媒体にSSDが利用でき、搭載メモリーを増やせればかなり快適になるとは思う。購入時にSSDが選択できればとは思うものの、しかしそれでは本体価格が跳ね上がってしまい、コストパフォーマンスの良さが霞んでしまうので悩みどころだろう。

 「dynabook AZ55/A 2016秋 Webモデル」の良さは、低価格でありながらも必要十分なことができる優れたコストパフォーマンスにあるからだ。

東芝ダイレクト

東芝ダイレクト

アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年10月13日(木)10時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】