G-SYNC対応で5万9800円、2560×1440表示の「S2417DG」はコスパ最強

アスキー 2016年10月14日(金)10時00分配信
G-SYNC対応で5万9800円、2560×1440表示の「S2417DG」はコスパ最強

高リフレッシュレート&G-SYNC対応でゲームがヌルヌル動く!

 ゲームを少しでも快適に楽しむために、GPUやCPUの性能にこだわる方は多いだろう。確かにこれらも重要な要素のひとつではあるが、対戦プレーにおいて本気で勝ちを狙うならディスプレーにもこだわりたい。標準的な液晶ディスプレーではゲームのプレー中に映像のブレやカクつきなどが生じ、わずかなズレやラグ(遅延時間)によって勝負に負けてしまうこともあるからだ。特に上級者同士の対戦では、使用する機器の性能によって優劣が大きく変わってくる。

 そこでオススメしたいのが、最大解像度2560×1440ドットに対応した、デルの23.8型ゲーミングディスプレー「S2417DG」だ(直販価格5万9800円/税別、2016年10月13日現在)。

G-SYNC対応で5万9800円、2560×1440表示の「S2417DG」はコスパ最強
デルの23.8型ゲーミングディスプレー「S2417DG」

 応答速度は1ミリ秒と非常に速く、標準的な液晶ディスプレー(応答速度5~14ミリ秒)でたまに見かける残像の心配はない。リフレッシュレート(画面の書きかえ速度を表わす目安)は最大165Hz(オーバークロック時)で、一般的な液晶ディスプレー(60Hz)よりもはるかになめらかな、いわゆる「ヌルヌル」とした動きでゲームを楽しめる。

 さらに「NVIDIA G-SYNC」(以下、G-SYNC)対応で、遅延やテアリング(画面が分断して表示される症状)も解決可能。「S2417DG」は、ゲーマーにとって非常に価値の高いゲーミングディスプレーなのだ。

デル株式会社

デル株式会社

解像度2560×1440ドット、USB 3.0端子×5で使いやすい

 「S2417DG」は、23.8型でQHD(解像度2560×1440ドット)パネルを採用している。GeForce GTX 1080などのハイエンドGPUなら4K解像度でもプレーは可能だが、現在の人気ゲームでは平均60FPSを超える程度の性能で、上級プレーヤーが求めるFPSを出せるパワーはない。その意味で、現在の環境下でゲーム用に最適な解像度は2560×1440ドットだという意見もある。

G-SYNC対応で5万9800円、2560×1440表示の「S2417DG」はコスパ最強
解像度は2560×1440ドット。現時点では高リフレッシュレートのメリットを最大限に活かせるスペックだ

 液晶パネルの駆動方式はTN方式だ。発色の良さと視野角の広さではIPS方式のほうが有利なのだが、高コントラスト時の応答速度が速いTNパネルのほうがゲームプレーに向いている。TNパネルと聞くと映像品質に多少の不安を感じるかもしれないが、輝度は350cd/m2と標準的な液晶ディスプレーよりも明るく、映像の青被りもそれほど強くはなかった。格安なノートや液晶ディスプレーで使われているTNパネルとは一線を画する映像品質だと考えていい。視野角についてはIPSより劣るものの、左右170度/上下160度と十分な広さが確保されている。

G-SYNC対応で5万9800円、2560×1440表示の「S2417DG」はコスパ最強
「S2417DG」のスタンド部分。液晶ディスプレー部分はVESA(100mm)に対応。スタンド下部には、ケーブルを通すための穴が設けられている
G-SYNC対応で5万9800円、2560×1440表示の「S2417DG」はコスパ最強
G-SYNC対応で5万9800円、2560×1440表示の「S2417DG」はコスパ最強
高さは0~130mmで調整可能。液晶ディスプレーを90度回転させて、縦長に設置する(ピボット)こともできる
G-SYNC対応で5万9800円、2560×1440表示の「S2417DG」はコスパ最強
G-SYNC対応で5万9800円、2560×1440表示の「S2417DG」はコスパ最強
前後のチルト角度は-5~20度まで。左右のスイーベル角度は45度だ
G-SYNC対応で5万9800円、2560×1440表示の「S2417DG」はコスパ最強
背面部の端子類はライン出力、DisplayPort(1.2)×1、HDMI(1.4)×1、USB 3.0アップストリーム(Type-B)、USB 3.0ダウンストリーム×2
G-SYNC対応で5万9800円、2560×1440表示の「S2417DG」はコスパ最強
左側面にはUSB 3.0ダウンストリーム×2、ヘッドホン出力が用意されている

 NVIDIA 3Dメガネを用意すれば、NVIDIA 3D Vision対応ゲームを迫力のある3D映像で楽しむことができる。また狭額デザインを採用している点も特徴のひとつ。上部および左右のベゼル幅を計測してみたところ、非表示領域を含めてわずか6.5mmしかなかった。トリプルディスプレーで利用する際に画面の分割線が目立たないため、より高い没入感を得られるだろう。

G-SYNC対応で5万9800円、2560×1440表示の「S2417DG」はコスパ最強
3D Vision対応ゲームをプレーする場合は、ディスプレイの詳細設定画面で「3D表示モード」をオンにする
G-SYNC対応で5万9800円、2560×1440表示の「S2417DG」はコスパ最強
ベゼル幅は実測で約6.5mmだった。非常にスッキリとしたデザインだ

デル株式会社

デル株式会社

G-SYNC、リフレッシュレート165Hzの効果をチェック

 リフレッシュレートはPC上から最大144Hzに設定できるようになっており、さらにOSDの「Display」→「Overclock」を「Enable」に設定することで、OSD上から最大165Hzに設定可能だ。「S2417DG」の性能を最大限に活かすために、「NVIDIAコントロールパネル」からG-SYNCを有効にしておこう。

G-SYNC対応で5万9800円、2560×1440表示の「S2417DG」はコスパ最強
OSDから「Overclock」を有効したあと、リフレッシュレートを「165Hz」に設定。その後NVIDIAコントロールパネルの「ディスプレイ」→「解像度の変更」から、「リフレッシュレート」を「165Hz」に変更できる
G-SYNC対応で5万9800円、2560×1440表示の「S2417DG」はコスパ最強
「ディスプレイ」の「G-SYNCの設定」から「G-SYNCの有効化」にチェックを入れる

 G-SYNCは画面をなめらかに描画するための技術なのだが、いまひとつその効果をイメージしにくいかもしれない。そこでNVIDIAが公開している技術デモ「G-SYNC Pendulum Demo」を撮影した映像をご覧いただきたい。

 GPU側の描画速度を40FPSに固定した上でG-SYNCが有効の映像を見てみると、薄いグレーのバーが滑らかに動いているのがわかる。だがG-SYNCからV-SYNC(垂直同期)に切り替えると、バーの動きがカクついているのがおわかりいただけるはずだ(動画の9秒以降)。さらにV-SYNCをオフにすると動きは滑らかになるものの、テアリングが生じバーの形がズレてしまっている(動画の20秒以降)。

G-SYNCを有効にした「S2417DG」では、明らかに動きが軽快

 ゲーム中に高いFPSが出ているなら特に問題ないはずだが、それでもなんらかの原因――たとえばWindows 10の自動アップデートがバックグラウンドで動くなど――により意図しないタイミングで一時的にFPSが低下してしまうことがある。そんなときでもG-SYNC対応の「S2417DG」なら、ラグを最小限に抑えることができるのだ。またGPU性能が最高クラスでなくても、ワンランク上の画質でカクつきを抑えることができる。このように、G-SYNCはゲーマーにとってなくてはならない必須の機能なのだ。

 筆者も実際に「S2417DG」でFPSをプレーしてみたのだが、常時70FPSオーバーの状態でG-SYNCの有効/無効を切り替えると、はっきりとわかるくらいの差が感じられた。G-SYNCを有効にした状態では、明らかに動きが軽快でヌルヌル感が強いのだ。

 実のところ筆者は、FPSはあまり得意でない。だが「S2417DG」を使うと画面の動きがスピーディーなので、対戦プレーでガンガン勝てそうな気がしてきた。上級者はもちろん、これからゲームの腕前を上げたい人にも強くオススメしたい。

デル株式会社

デル株式会社

アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年10月14日(金)10時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】