感激!幻のじゃがいもでポテチ自作したら美味すぎた

アスキー 10月14日(金)18時06分配信
幻のじゃがいも

 会社にいもが届きました。みなさま今までありがとうございます。アスキーの三十路ナベコへ農家の方が結納いもを送ってくださったに違いません。私は嫁いでいきます。

幻のじゃがいも
品種は北海道の“今金(いまかね)男しゃく”。
幻のじゃがいも
……ん? ポテトチップスがメインだったみたい。

 というわけではもちろんなく、湖池屋<2226>さんが送ってくれたサンプルでした。

 湖池屋<2226>は幻のじゃがいも“今金(いまかね)男しゃく”を使用した湖池屋「ポテトチップスのり塩 今金男しゃく」を9月2日から先行予約受付しており、10月12日より順次出荷予定。1箱6袋入りで価格は1980円(1袋は330円になりますね)。編集部に届いたのは、ポテトチップスとポテトチップスに使われている今金男しゃく約3kgでした。

幻のじゃがいも
6袋1980円となかなか高い。ですがそれだけ幻のじゃがいもといわれる今金男しゃくが貴重ということ。

 編集部にサンプルとしてポテトチップスが届くことはよくありますが、じゃがいもが届くことはなかなかありません。

 しかもこの今金男しゃくは、日本全国で生産されるじゃがいもの中で0.3%しかないという、とても貴重なじゃがいも。参考にネットショップを探してみたら5kgで3000円前後の商品が多いようです。いも好きな人は多いと思いますが、記者ナベコもいもが大好き。これはうれしい!

ありがたく幻の今金男しゃくを食べてみた

 さて、せっかくなので家に持ち帰って大事に調理してみましたよ。今金男しゃくの味はいかに!?

幻のじゃがいも
ナベコが自宅でクッキングタイム。といってもいもふかすだけですけどね。

 まずは芋そのものもの質感を味わうために蒸籠(せいろ)でふかしてみましたよ。それにしても、じゃがいも3kgあれば給料日前に食いつなげられて本当に助かる! ありがたいな~。いや、もちろん独り占めするわけじゃ……。

幻のじゃがいも
蒸籠に入れてぐらぐら。

 送ってもらったのがたまたまそうだったのかもしれませんが、ひとつひとつのサイズが大きくて2つに切ってから蒸籠に入れてもふかすのに少し時間がかかりましたよ。

幻のじゃがいも
うっすら粉を吹いています。

 しっかり火が通るとこんな感じに。まあ、ホックホク!!

 今金男しゃく、何が素晴らしいかというと豊富なデンプン質だそうです。でんぷん質が多いのがどういうことかというと食感がホクホクしているそうです。

幻のじゃがいも
バターを乗せて塩振って食べました。

 食べてみると、んみゃーーー、うまい!!

 ホクホク、ホクホク。

 焦って食べると喉に詰まりそうなくらい。でんぷん質、すなわち微細なツブツブ感がたっぷりあってやばいホクホクです。例えばメークインは水分量が多くてねっとりしていますが、その対極という感じ。ホックリふかふか。

幻のじゃがいも
ホクホク感がすごくてびっくり。

 こんなホクホクしたじゃがいも正直に今まで食べたことない。スゴイ。

 肉じゃがやカレーに入れてもおいしそうだな~。身がしっかりているから意外に煮崩れそうだし。ぜひ試してみたいです。

揚げたてのポテトチップスと既製品を比較!

 ふかしただけでもおいしかったですが、サンプルはポテトチップスと一緒に送られてきたので、実際にいもを自分を揚げてみてポテトチップスにしてみることにしました。手作りポテトチップスは人生初挑戦です。

幻のじゃがいも
ポテトチップスを手作りします!

 作り方は適当なのですが、スライサーで2mm程度にスライスして油で揚げればなんとかポテトチップスっぽくなりますよね(適当)。

幻のじゃがいも
私ナベコ、このために朝から普段はあまり使わない揚げ物鍋を取り出してきました。揚げ物って大変なんですよね……。
幻のじゃがいも
揚げる温度も適当。こんがりしてきたら食べられないことないはず。

 なんとなく焦げ目がついてきたころに引き上げました。これが手作りポテトチップス。見た目はおいしそう!!

幻のじゃがいも
ポテトチップスができた。

 湖池屋<2226>の今金男しゃくポテトチップスはのり塩味ですが、シンプルに塩だけ振って食べてみました。三十路が人生初めてつくったポテトチップスの味はいかに。(話がなんとなく逸れている)

幻のじゃがいも

 うまっ! めっちゃうま!!

 揚げたてのポテトチップスやばいうまいです!! じゃがいものうまみやホクホク感があって、どこか甘い。熱々でカリカリしていて最高においしい。

 揚げたてのポテトチップスがこれだけおいしいとは。今金男しゃくというのもあるかもしれませんが、それ以前に揚げたての香ばしさに感激しました。これは高級で贅沢なお菓子!!

今金男しゃくがとにかくめちゃ旨い!! 

 今金男しゃくをポテトチップスにした目的は、湖池屋<2226>のものとの比較。食べ比べてみました。

幻のじゃがいも
こちらがポテトチップスのり塩 今金男しゃく

 ポテトチップスのり塩 今金男しゃくは、見た目は普通ののり塩ポテトチップス。厚さも、特に厚いわけではなく薄すぎるというわけではなく、スタンダードなもの。食べてみると、まあ通常のポテトチップスとそんなに印象が変わるわけではないのですけど、慎重に味わうといものコクがしっかりあるなと感じます。

幻のじゃがいも
揚げたてのほうがおいしいかったけど、湖池屋<2226>のポテトチップスのり塩 今金男しゃくも味がしっかりしていておいしい!

 つまりは、おいしくて質がよいのはわかるけど、スタンダードなポテトチップスと印象が大きく変わるものではない。

 ……いや、湖池屋<2226>の今金男しゃくポテトチップスもおいしいのです。ですが比較したのがよくなかった。揚げたてのポテトチップスのほうが当然アツアツで香ばしくておいしいのです。製品版のポテトチップスの良いところをうまく伝えられずすみません。

 違いをあげるとしたら、私の作ったほうは2mm程度とポテトチップスにしては厚めにスライスしましたが、製品のほうはもっと薄くてパリパリ。気持ちよい食感です。男しゃく芋をこの薄さでポテトチップスにするのは大変だそう。糖分やでんぷんが多いので焦げやすいのですよね。それをちゃんとパリパリに仕上げているのは、湖池屋<2226>ならではの技術があってのもの。

幻のじゃがいも
今金男しゃくを取り寄せて食べてみるのもいいけど調理するのに手間がかかるので、簡単に今金男しゃくを味わいたい人はポテトチップスがオススメ!

 今金男しゃくをポテトチップスにするのって大変なんですね……。

 今回わかったのは、今金男しゃくがホクホクしていてめちゃうまいということ。湖池屋<2226>の今金男しゃくポテトチップスは、いも自体の味わいが濃厚ということ。いも好きのみなさん、今金男しゃくもそれを使ったポテトチップスも要チェックですよ!


アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 10月14日(金)18時06分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】