離島の知名度をアップ! KDDIが喜界島で「しまものラボ」を開催

アスキー 10月14日(金)19時00分配信
20161014kddi

 KDDI<9433>鹿児島県喜界町、NPO法人離島経済新聞社が10月12日から開始する「しまものラボ」は、離島の地域活性化を目指す「しまものプロジェクト」の第2弾。販路拡大や商品PRに課題を抱える事業者を対象にオンライン講座で販売の基礎を学ぶプロジェクトだ。

20161014kddi

 今回、鹿児島県喜界島(きかいじま)で実施される「しまものラボ」では、約6ヵ月間専門講師による商品の販売基礎講座が開催される。あわせてアンケートやモニター調査を行なえない離島において「auスマートパス」の「商品モニター」コンテンツの活用、さらにKDDI<9433>社員による試食座談会などでの市場調査を実施。希望者にはタブレットを活用した商品プロモーション動画の制作講座も実施される。

 全講座終了後には、参加した最大3事業者の商品が全国約2500店舗のauショップで購入可能なau WALLET Marketの「しまものマルシェ」に出店される予定。

 鹿児島県の喜界島は、奄美群島に所属する奄美大島の北東69kmに位置する面積56.94平方kmの離島。隆起性サンゴ礁の島で、主要な生産品は国内首位の生産量を誇る白ゴマ。サトウキビから特産の黒糖や奄美黒糖焼酎がつくられているほか、そら豆やみかんの生産、クルマエビの養殖も盛ん。2016年2月1日に島に光ブロードバンド回線が開通したことで、ネットを活用した情報発信体制が整った。

20161014kddi
20161014kddi
喜界空港はこぢんまりとした佇まい。喜界島はフェリーもしくは小型のプロペラ機で鹿児島や奄美大島からアクセスする
20161014kddi
20161014kddi
空港では歌と踊りで島を離れる方を送っていた。島内には長い一直線の道路が。取材日はあいにくの雨だったが、ここも喜界島の名所のひとつ
20161014kddi
20161014kddi
島内で養殖されたクルマエビは瞬間冷凍の真空パックで築地などに出荷される。養殖池では毎日潜水作業が行なわれる
20161014kddi
20161014kddi
島内に2ヵ所ある酒造所のひとつ、朝日酒造の黒糖焼酎と同社の酒蔵。同社は今年創立100周年を迎える
20161014kddi
20161014kddi
タンクと瓶が並ぶ酒蔵の二階はフローリングになっており、コンサートやコンクールなどのイベントを開催。タンクの上蓋を開けると熟成中の黒糖焼酎をその場で試飲できる
20161014kddi
20161014kddi
喜界町の農産物加工センターは、事業者のほか個人も有料で製造施設が利用できる
20161014kddi
20161014kddi
加工センターの中庭には、羽化したばかりのオオゴマダラが。右画像は加工センターの作業室の様子
20161014kddi
20161014kddi
農産物加工センターで営業開始届を提出できるため、個人でつくった商品もすぐに販売が可能。初期コストがかからず、うまくいかなかったらすぐ止められるため低リスク。展示されている白ゴマは国内首位の生産量
20161014kddi
20161014kddi
島内には5品種のミカンが栽培されている。シマミカンは素朴な味わいが特徴。加工センターには豆の釜などの加工用機材が揃っている
20161014kddi
小豆は台風被害を受けやすいため、秋~春に育て安定した収穫が見込めるそら豆が名産となっている
20161014kddi
20161014kddi
そら豆を使った醤油や豆粉のオレなどを生産。「毎日まめオレ」は加工センターで作業していたグループが法人化して販売している
20161014kddi
20161014kddi
サトウキビをしぼってつくる黒糖も名産品のひとつ。黒糖焼酎に用いられるほか、豆とあえたお菓子や本来の黒糖としても販売される。加工工場の最盛期は秋~春にかけて

 喜界町役場で開催された「しまものラボ」記者発表会には鹿児島県喜界島副町長の嶺義久氏が登壇。「喜界島では生産者が独自に試行錯誤して特産品を販売しているが、販売ルートの開拓や発信力という面では弱いところがある。しまものラボを町としても積極的にバックアップしていきたい」と語った。

 続いて登壇した喜界町商工会会長の朝崎福利氏は「最近はさまざまなメディアに喜界島が取り上げられるようになってきた」と語り、しまものラボ開催での喜界島知名度向上に期待を示した。

20161014kddi
児島県喜界島副町長の嶺義久氏
20161014kddi
喜界町商工会会長の朝崎福利氏

 KDDI<9433>理事九州総支社長の三井智氏は若者の島離れや人口減、流通や移動コストの高さなど離島が抱える問題点を語り、島の産品販売や島情報の発信とマーケティング支援を行なう「しまものプロジェクト」の意義をプレゼン。「最近は人工知能やARなどのICT技術がある。それぞれの地域にはさまざまないい商品があるが、ICTを活用すれば全国だけでなく全世界に商品をアピールできる。今後の島の発展につなげていただきたい」と語った。

20161014kddi
KDDI<9433>理事九州総支社長の三井智氏
20161014kddi
20161014kddi
20161014kddi
20161014kddi

 NPO法人離島経済新聞社統括編集長の鯨本あつこ氏は「離島では観光客が少ない冬場はどうしても売上が落ちてしまう。日本には400ほどの有人離島がある。都市部と物理的に離れており、逆に離島がブランドとして活用できるのではないか」と語る。また、鯨本氏は「離島と本土は物理的な距離が離れているが、ネットの世界では距離がないのと同じ。しかし、離島から情報を発信しても膨大な情報が飛び交う本土ではその情報が埋もれてしまう」とコメント。しまものラボに関して「モノの本質を探り、その商品を本当に届けたい人に届けることが主眼」と語った。

20161014kddi
NPO法人離島経済新聞社統括編集長の鯨本あつこ氏
20161014kddi
20161014kddi
離島と本州のイメージ。離島から情報を発信しても、膨大な情報が飛び交う本州ではその情報が埋もれてしまう。離島の知名度アップが最大の課題

 同日に開催された「しまものラボ」第1回のテーマは「自分の商品の“課題”と“売り”を探す」。プロデューサー、ブランドコンサルタントの松田龍太郎氏が講師を務めた。松田氏は「しまものラボ」を通じて喜界島の特産品を全国販売するにあたって「ユーザーとつながりたい商品側と、意味もなく商品とは繋がりたくない消費者の間の“サービス”をつくるのが企画」と語る。

20161014kddi
20161014kddi
「しまものラボ」第1~2回の講師を務める松田龍太郎氏と講義の様子

 講座に参加した喜界島の事業者からは「喜界島からの生きた情報をどうやって配信していったらいいのか」「いいものをつくるということと、いいものを売るということがこんなに違うとは」など、マーケティングや情報発信面の課題点が語られた。

 松田氏は「しまものラボはauスマートパスというECサイトを使う。つまり、店舗販売とは異なり、生産者のみなさんが消費者に話しかける機会がまったくない」とECの特異性を語りつつ「スマートフォンの念頭に考えてほしい」と消費行動の変化についても注意を述べた。商品マーケティングに関しては同氏が手がけた失敗事例を挙げ「パッケージと商品は別モノ」、「自分のが知っていることを消費者が知っているとは限らない。商品情報の伝わりかたを意識する」などのポイントを解説した。

20161014kddi
20161014kddi

 「しまものラボ」第1回~第2回ではau WALLETマーケットに出店する商品を決めるほか、商品注文時の事前リサーチアンケートとと商品と合わせてユーザーに届ける事後リサーチアンケートを作成する。ユーザーに対する質問事項を決めるのも事業者で、今回の講義を通じて効果的なマーケティングを学んでいく。

20161014kddi
20161014kddi

 講義の後半に実施されたワークショップでは、事業者に「喜界島を一言で表わすもの」と「自分がおみやげと聞いて思い浮かぶもの」という2点を質問。「喜界島に含まれるおみやげ要素はないか」と考える発想の練習を行なった。松田氏は加えて「商品はどうやって売るのか、ユーザーが買いやすい形状か、商品のパッケージはビニールなのか箱なのか、おみやげ用なのか贈答用なのか、どこで売るのか、売る場所によって最適なパッケージは変わるはず」と語り、つねに売り方を考える意識が重要だと語った。


アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 10月14日(金)19時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】