植物工場は必ず黒字化できる!パナソニックが熱弁

アスキー 10月14日(金)08時00分配信
161013_pana
パナソニックブース

 幕張メッセで「国際次世代農業EXPO」が開催中だ。主役はやはり農薬散布用ドローンだろうか。DJIをはじめ、各社が実機を展示していた。

 ただ、特に興味深かったのは、「植物工場」を展示していたパナソニック<6752>のブースである。「植物工場」はメリットが多い一方、通常の露地栽培と比べ、採算性を含めベストプラクティスが確立されていない。そのため、各所で赤字問題が叫ばれているのが現状だ。パナソニック<6752>のブースでは、その問題を十分に認識した上で「黒字化可能な植物工場」というメッセージを打ち出していた。

 植物工場はなぜ赤字に陥るのか。黒字化するにはどうしたらいいのか。その内容を紹介したい。

161013_pana
「黒字化可能な植物工場」というメッセージを打ち出していた

日本の植物工場はほぼ赤字

 まずは植物工場の定義から。パナソニック<6752>では「野菜に最適な環境を屋内に人工的に作り、効率的栽培を行う設備」と説明している。

 光・水・酸素・肥料・CO2・温湿度・風などを人工的に制御しながら栽培することで、洗わなくても食べられる低菌かつ均質な野菜を、天候の影響を受けずに安定して生産できる。味(甘い・苦い)や食感(厚い・薄い)を制御したり、“低カリウム”のように機能性も付与できる。

161013_pana
植物工場とは
161013_pana
工場野菜のメリット

 つまりは「農業の工業化」である。

 しかしながら、植物工場を適切に運用するためには、「環境制御」「設備設計」「工場運営」のノウハウをバランスよく適用する必要がある。にもかかわらず、そのすべてのノウハウを保有する企業は少ないため、赤字の工場が増えているのだという。

 その状況は「とある調査では日本の植物工場の7割が赤字と報告されている。が、それでも控えめなくらいで、実際には9割以上だと確認が取れている。ある人に言わせると、99%が赤字という位ひどい」(同社)らしい。

161013_pana
日本の植物工場の7割が赤字

赤字となる3つの原因

 では、赤字となる主な原因は何なのだろうか。同社が挙げたのは「低い栽培効率」「高いランニングコスト」「低い商品品質」の3点だ。

 「例えば、棚の上下で最大10℃も温度差があったりする。下は春で、上は夏のような状況で、光ムラで生育も不均質だったり、とても工場と呼べない環境が多い。それなのに省エネ不足による高い消費電力と、自動化遅れによる高い人件費によってランニングコストは高騰。肝心の味についても、蛍光灯で栽培するので熱の影響で味が変化して、植物工場の野菜は二度と使わないというシェフも多い」(同社)

 つまりは、栽培効率が低く安定生産ができず、品質も低いのに、ランニングコストはかさむため、日本の植物工場はそのほとんどが赤字になってしまうのだ。

161013_pana
赤字となる3つの原因

「黒字化可能」な植物工場とは?

 では、パナソニック<6752>ならどのように「黒字化」できるのか。次のように説明する。

 「当社では環境制御、設備設計、工場運営すべてのノウハウを社内に保有し、家電事業で培ったノウハウもある。たとえば、ナノイー技術を使うと野菜の生育が促進されることが分かっているが、こうした知見を集約してシステムを設計している。それにより、黒字化が容易なシステムが提案できるようになっている」

 パナソニック<6752>が提供する植物工場のシステムでは、「歩留まり95%」という高い生産性を実現している。これは、棚の上中下間温度差を1.5℃に抑える特殊な制御技術を開発するなど、工場の隅々まで均質な栽培環境を作り出しているため。「いままでの植物工場ではこの辺りがないがしろにされていた。その課題に気づき、栽培効率を高める技術を磨いてきた」という。

 ランニングコストについては、さまざまな工夫により、従来比で半分、蛍光灯型工場と比べると6割削減している。「単純に蛍光灯をLEDに変えただけではない。それだけでは2割の削減にしかならない。それに加えて、光の有効活用や空調最適化などを組み合わせた結果である」

 さらに「簡単栽培」を実現している。「栽培ノウハウをソフト化してシステムに組み込むことで、誰でも初日から高品質野菜を栽培できる。いわば栽培ノウハウが不要な植物工場。これができて初めて“農業の工業化”と言える。“ノウハウがなければ作れない”というのでは工業化ではない」

 こうした結果、味も飛躍的に向上しているようだ。「赤青LED灯で栽培すると、農業法人社長も驚くほどおいしい野菜ができる。糖度8のイチゴ並に甘いレタスだって作れる。工場野菜はいよいよ美味しさを競う時代。近い将来、子どもたちが3時のおやつにレタスを食べる日もやってくるだろう」

161013_pana
パナソニック<6752>のシステムの特長

事業を成功させるための条件

 さて、こうしたパナソニック<6752>の強みを紹介したあと、ブースの説明では「事業化を成功させるための条件」についても言及していた。

 事業参入の考え方として、最適なのは「空き工場や空き倉庫を持っている場合」だが、もちろん「空地のみを持っていて建屋はこれから」の場合でも黒字化は可能という。

 ただし、黒字化には最低でも、レタス換算で日産約200kgの栽培が必要と指摘する。「これが最低限の投資規模。よく小さく始めたいという声もあるが、それだと間違いなく赤字になる。小さく始めて儲かるほど甘い事業ではない」という。

 また、建屋については「天井高5m以上、床面積1000m2以上」が必要とのこと。「これが日産200kgの栽培が可能な広さ」だそうだ。

 そして成功のために何より重要だとするのが、野菜の販路だ。「野菜を作ること自体は誰にでもできる。それはパナソニック<6752>が保証できるが、問題はいかに売るか。ここが最も重要で、販路のめどが立っていない場合は、決してシステムは販売しない。これ以上、日本に赤字の植物工場を増やす気はない」とまで言い切っている。

 こうした条件をクリアすれば、約7~8年で投資回収できるそうだ。販路の出口開拓も含め、黒字化までしっかりサポートするという。

161013_pana
事業を成功させるための条件

 いかがだろうか。あくまでもパナソニック<6752>の視点ではあるが、なかなか説得力は高かった。少なくとも現状赤字だらけという植物工場において、今後考えるべき方向性はつかめた気がする。

アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 10月14日(金)08時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】