LINEトーク画面の鍵マークは何者? Twitterの鍵垢と同じ意味?

アスキー 10月15日(土)10時00分配信
linetips001_ph01_Resize

Q:トーク画面の鍵マークって何?
A:セキュリティー機能が働いている証です!

 2016年8月末より、LINE<3938>のトーク・通話画面に鍵マーク(ロックアイコン)が表示されるようになったことに気づいただろうか。しかもよく見ていくと、このロックアイコンには表示されるものとされないものがある。鍵というとTwitterの鍵アカウントが思い浮かぶが、LINE<3938>のロックアイコンは一体何を意味していて、なぜ付くのだろうか?

linetips042_ph01_Resize
鍵マークありのトーク画面
linetips042_ph01_Resize
鍵マークなしのトーク画面

ロックアイコン=レターシーリングで保護中

 ロックアイコンは、「Letter Sealing(レターシーリング)」と暗号化技術でトークが保護されていることを意味する。レターシーリングを使うと、ユーザー間の通信内容は暗号化され、送信者と受信者以外には内容が解読できないようになるのだ。Twitterのアカウントに鍵をかけたもの、通称「鍵垢」は、“フォロワー以外にはトークを非公開にする”という意味であり、まったく違うものなので注意してほしい。

 レターシーリング機能は2015年末頃よりすでに一対一、無料通話、グループトークに導入されていたものの、友だち同士でお互いに有効にしていないと機能していなかった。それが今回のアップデートによって、デフォルトで有効化され、同時に鍵マークも表示されるようになったというわけだ。

レターシーリング設定は手動で切り替えられるが……

 では、なぜトークによって、ロックアイコンが付いているものといないものがあるのだろうか。じつは、アップデートによってデフォルトでオンになったものの、やはりトークに参加する全ユーザーがレターシーリング機能をオンにしていないと有効にならないのだ。

 鍵マークが付いていない=レターシーリング機能が有効になっていないということであり、そのトークは通常のセキュリティーの範囲内でしか保護されないわけだ。

 前述の通り、レターシーリング機能はデフォルトでは全ユーザーがオンとなっているが、設定を変更することもできる。その他→設定→「トーク・通話」→「Letter Sealing」をオンオフで切り替えられる。とはいえ、わざわざ自らセキュリティーを落とす必要はないので、極力オンにしておきたい。

linetips042_ph01_Resize
その他→設定→「トーク・通話」をタップ
linetips042_ph01_Resize
「Letter Sealing」をオンオフで切り替えられる
■Amazon.co.jpで購入
アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 10月15日(土)10時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】