iPhone 7/iOS 10で、写真に文字を追加してみよう!

アスキー 10月15日(土)17時00分配信
emoji

写真をマークアップしてみよう!

 iOS 10では、写真の「Markup」機能が使えるようになりました。

 これは、iPhoneのカメラで撮影したり、iPhoneに保存したりした画像にマーカーで手書き文字を加えたり、テキストによるキャプションを加えたりできるというもの。

emoji

 さっそく使ってみましょう。まずは、「写真」アプリを開き、編集したい画像を選択します。下部右から2番目のフェーダーの様なアイコンをタップします。続いて、下部右端の丸いアイコンをタップ。ポップアップするメニューの中から、「Markup」を選びます。

 左から、マーカー、拡大鏡、テキストとなっています。

emoji

 マーカーは色選択のほか、右のメニューから太さの変更が可能。拡大鏡は、ドラッグすることで好きな位置に合わせられます。テキストは色変更のほか、ドラッグで位置変更、右のメニューから大きさやフォントの変更が可能。なお、入力するときは写真上をダブルタップし、そのままキーボードで入力します。入力し終えた後でテキスト上をタップすると、削除や再編集も可能。

emoji
emoji
330

 図の様に他愛もない内容を書き込んで送ることもできますし、たとえば地図のスクリーンショットに書き込んで道案内などにも活用できそうですね。

 従来もサードパーティー製アプリを使えば同様のことができましたが、使い慣れた写真アプリからできるのは本当に便利。ぜひ使ってみてください。

iPhone 7の登場で高級Androidスマホは多くが存在価値を失う
アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 10月15日(土)17時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】