「若者のPC離れ」危惧、FC東京U-18ユースが勉強会を実施

アスキー 10月16日(日)20時00分配信
ACER
FC東京U-18ユース選手を対象としたPC勉強会を日本エイサーが開催

 日本エイサーは10月15日、スポンサーシップ契約を結ぶプロサッカークラブ『FC東京』の下部組織であるU-18ユースチームの選手を対象にしたPC勉強会を開催した。会場はFC東京の練習場である小平グラウンドのミーティングルーム。

 U-18ユースは18歳以下の高校生~中学生で構成されるチームで、言わばプロサッカー選手の卵だ。育成年代のスポーツ選手に対するPC勉強会というと、ともすればユニークに聞こえるかもしれないが、この年代の学生たちはいわゆる“スマホの普及によりPCを扱う機会が極端に減少した”世代。PCを使えない学生の急増が社会問題となる中で、プロとしての活躍、海外移籍、引退後の企業就職などを見据え、選手たちのPCリテラシーを向上させることを目的としている。

「大人は『若者はPCを使えて当たり前』と思っている」

ACER
ACER
日本エイサーの安藤康夫氏。実はFC東京の年間チケットを購入し、加えてクラブサポートメンバーでもあるFC東京の熱心なファンとのこと。ちなみに選手のサインが入ったユニフォームは、ネーム部分に『ACER NAKA NO HITO(エイサー中の人)』と入っている

 進行は、日本エイサー プロダクトセールス&マーケティングDivの安藤康夫氏。自身もチームの熱心なファンである安藤氏は、「大人は『若者はPCを使えて当たり前』と思っているが、実はその認識はもう古い。いまの若者からすれば、PCは『大人が仕事で使うもの』という認識が大きいように思う。大人と若者で意識が食い違っており、『若者がPCを使えない』という問題が多くの人の関心を集めている」と問題を提起する。

ACER
ITライターの甲斐寿憲氏

 続いて登壇したITライターの甲斐寿憲氏は、「若者のPC離れの原因はスマホの普及。いまの若者はPCに触れるより先にスマホに触れる人が多く、そもそもPCを使う機会がないし、スマホのほうが簡単。ただ、サッカー選手であろうと、おそらく社会に出ればPCは使わざるを得ない。すぐにPCを買え、というのではなく、まずはこのような機会でPCに興味をもってもらい、触ってもらうことが大事。使いだすと面白いし、色々な可能性が広がる。知ることは楽しい」とコメントした。

 再びマイクを持った安藤氏は、PCを使ってできる主な作業として、データ分析のほか、画像補正などのクリエイティブな作業を挙げつつ、ビジネスでよく使われるExcelの表計算や関数などを実演。「みなさんには5年後、10年後に『俺、PC使えます』と言えるようになってほしい。この機会が少しでも心の琴線に触れて、考える機会になれば非常に嬉しい」とした。

ACER
ACER
「ブログや動画の閲覧はスマホでもできる」とし、PCが得意とする作業を紹介。Excelの表計算や関数なども安藤氏自ら実演した
ACER
元Jリーガーで、現在はFC東京の強化部・スカウト部に所属する浅利悟氏もゲストとして登場。「PCは選手を引退してから覚えたが、社会人になる前にある程度スキルを持っておけばよかった」とコメント

選手たちもPCを体験

ACER
安藤氏や甲斐氏の指導のもと、選手たちがPCを体験

 会の後半は、選手たちが実際にPCを操作する体験会形式に。FC東京の公式サイトから自分の顔写真を探すなど、安藤氏の出題した課題を全員で体験した。「日頃から自宅PCでのウェブサイト検索ぐらいはする」という選手もいたものの、大多数はキーボードのタイピングにも慣れていない様子。スマホ世代らしく、積極的に画面のタッチ操作を活用しているのが印象的だった。

ACER
PCはラップトップや2in1タイプのほか、ハイパワーなゲーミングノートPCの『Predator』シリーズも用意されていた
ACER
ACER
クイズ形式の課題に挑戦する選手たち
ACER
ACER
スマホ世代らしく、画面のタッチ操作を積極的に活用しているのが印象的だった

アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 10月16日(日)20時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】