マイクロソフトアカウントを一番簡単に2段階認証するワザ

アスキー 2016年10月17日(月)09時00分配信
win10_176
マイクロソフトアカウントの設定画面で2段階認証を有効にする

調査依頼
一番簡単な2段階認証の方法を教えて

 2段階認証とは、ID&パスワードというこれまでの認証に加えて、スマートフォンや別のメールアドレスなどを利用して、2つ目の認証を行う方法。例えば、SMSで2段階認証用のコードを送信したり、専用の認証アプリにコードを表示して、入力する仕組みだ。詳しくは「第26回 Microsoft アカウントを「2段階認証」にする方法」でも紹介しているので参照してほしい。ただし、不正アクセスの可能性が格段に低くなるので安心だが、コードの入力に手間がかかるのがネックではあった。

win10_176
認証アプリをスマホにインストールする
win10_176
マイクロソフトアカウントを登録する

 そんな中、2016年8月にマイクロソフトは認証用アプリを統合したうえでリニューアル。新しくなった「Microsoft Authenticator」では、コードの入力方法に加えて、ワンタッチで承認する方法も採用された。

win10_176
マイクロソフトアカウントで認証しようとすると、「Waiting for you to approve request XXXXX」と表示される
win10_176
「Microsoft Authenticator」アプリを起動して、「承認」をタップすればサインインできる

 まずはマイクロソフトアカウントの設定画面から、2段階認証を有効にする。この時点では、SMSに届くコードを入力したりする必要がある。次に、スマホに「Microsoft Authenticator」アプリをインストールする。Windows 10 Mobileだけでなく、iOSやAndroid版も用意されている。

win10_176
iPhone 7なら超簡単。メッセージが表示されたら押し込むだけ
win10_176
「承認」をタップすればサインインできる

 マイクロソフトアカウントの2段階認証が必要になると、画面に「Waiting for you to approve request XXXXX」と表示されるので、「Microsoft Authenticator」アプリを起動しよう。すると、コードも表示されているのだが、「サインインを承認しますか?」というダイアログが表示されるので、「承認」をタップすればいい。これだけなら、それほど手間がかからないので2段階認証も気軽にできるだろう。



 Windows 10探偵団は毎週、月・水の午前9:00、日曜日の12:00に更新します。お楽しみに!


アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年10月17日(月)09時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】