ドコモに対抗! auの4G LTE対応ケータイ向け「スーパーカケホ」は月1500円~

アスキー 10月19日(水)23時05分配信

 KDDI<9433>は、4G LTE対応ケータイ向けの料金プランとして、月1500円から利用可能な「スーパーカケホ」を11月9日から提供開始すると発表した。

00
auも4G対応ケータイ向けの新プランを発表

 従来の4G LTE対応ケータイ(Androidベースのフィーチャーフォン)の基本プランは、国内通話が定額となる「カケホ(電話カケ放題プラン/VK)」(月2200円、以下すべて税抜)、1~21時までau宛の国内通話が無料の「VKプラン」(月998円)、無料通話料が1100円分または2600円分が付く「VKプランS」「VKプランM」(月998円/月1620円)の4つが用意されていたが、ここに1回5分までの国内通話が定額となる「スーパーカケホ」(月1200円)が追加される。

00

 さらにデータ定額も2段階定額(月0~4500円)の新サービスが開始。0円で500KBまでのデータ通信が可能で、それ以降は1KBあたり0.03円で146.9MB以上は上限の月4500円まで達し、そこから月2.5GBまでは速度制限なしで利用可能。

00

 auでは、これにISP料金(「LTE NET」)の月300円を加えることで、月1500~6000円での利用が可能とする。

今日発表のドコモの4Gケータイ向けプランを追従も
最低料金は月300円安くなる計算

 同様のLTE対応ケータイ向けの新料金プランは、今日19日にドコモが発表。1回5分までの国内通話が定額の基本プラン(「カケホーダイライトプラン(ケータイ)」)が月1200円というのは両キャリアで同じ。

 ただし、ドコモのデータ定額(「ケータイパック」)は月300~4200円(月2GBまで速度制限なし)で、これにISP料金(spモード、月300円)を加えることで月1800円から利用可能としていたので、auの新プランは最低料金時に月300円安く、データ通信をある程度使った場合の上限額はドコモよりも月300円高くなるものの、月間の通信量は500MB多いという計算になる。

00
00
ドコモはらくらくホンも含めて、LTEに対応したこともあり、月1800円から利用できる新プランを発表。auは同日に追従してきた形となる

アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 10月19日(水)23時05分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】