【速報】ドコモはコンパクトXperiaもあり! 独自ブランドの「MONO」も

アスキー 10月19日(水)11時30分配信

 ドコモが冬春モデルの発表会を開催。このうち、Androidスマホは7機種で、他キャリアからも発売される「Xperia XZ」のほか、コンパクトモデルの「Xperia X Compact」が用意されるのがドコモならではのポイントだ。

11
今年もドコモからのみ登場のコンパクトXperia「Xperia X Compact」
11
11

 そのXperia X Compactは、4.6型HD液晶搭載までは過去のXperiaのコンパクトモデルと同様だが、海外モデルと異なり、防水・防塵にも対応。メモリーが3GBになるなど、さらにスペックが向上。またカメラの画素数も23メガと上位モデルと同等だ。そのXperia XZは3波のキャリアアグリゲーションに加え、256QAMに対応することで、下り最大500Mbpsの通信速度が利用できる点がドコモ版の特徴となる。

 また注目はドコモのオリジナルスマホ「MONO」。ZTE製のミドルハイクラスの性能を持つ1台だが、マナーモード切替用のハードスイッチを用意するなど、日本のユーザーの使い方を考慮した設計。かつ格安で提供されるなど、こちらも注目と言える。

 さらに富士通<6702>の「arrows NX」新モデルは画面が割れにくい頑丈設計が特徴。LGの「V20 PRO」は一足早くAndroid 7.0を搭載するフラグシップ級端末で、さらに防水・防塵、FeliCaなど、国内向け仕様にも対応する。シャープ<6753>とパナのケータイ2台もAndroidベースとなって、VoLTEが利用可能。

 詳細や写真は順次掲載予定だが、まずはスペック表からお届け!


アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 10月19日(水)11時30分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】