GeForce GTX 1070/1060搭載のハイエンドベアがZOTACから発売

アスキー 2016年10月20日(木)22時11分配信

 ZOTACから、GeForce GTX 1070/1060を搭載するハイエンド仕様のコンパクトベアボーン「MAGNUS EN」シリーズが発売された。VRや4K環境をはじめとした、最新のゲームシーンでも活躍してくれる。

GeForce GTX 1070/1060を搭載するハイエンドベアがZOTACから発売
GeForce GTX 1070/1060を搭載するハイエンド仕様のコンパクトベアボーン「MAGNUS EN」シリーズ。高価なモデルながら「発売日の問い合わせが多かった」という

 発売されたのは、GPUにGeForce GTX 1070を搭載する「MAGNUS EN1070」(型番:ZBOX-EN1070-J)と、GeForce GTX 1060を搭載する「MAGNUS EN1060」(型番:ZBOX-EN1060-J)の2モデル。最新のPascalアーキテクチャーのGPUを採用していることで「VR環境をはじめ、超高解像度モニターやマルチモニター環境において卓越したゲーミング体験を実現する」としている。

GeForce GTX 1070/1060を搭載するハイエンドベアがZOTACから発売
GeForce GTX 1070/1060を搭載するハイエンドベアがZOTACから発売
ストレージやメモリーは自分で用意するベアボーンタイプ。メモリーはDDR4 SO-DIMMなので注意しよう

 GPU以外の基本スペックは共通。サイズ210(W)×203(D)×62.2(H)mmのコンパクトな筺体に、CPUとして「Core i5-6400T」(4コア/定格2.2GHz/TB時2.8GHz/キャッシュ6MB/TDP35W)を標準搭載。チップセットはB150のほか、メモリースロットがDDR4 SO-DIMM×2(DDR4-2133/最大32GB)、M.2×1(PCI-E Gen3×4サポート)、2.5インチシャドウ×1。

GeForce GTX 1070/1060を搭載するハイエンドベアがZOTACから発売
GeForce GTX 1070/1060を搭載するハイエンドベアがZOTACから発売
サイズ210(W)×203(D)×62.2(H)mmの筺体に「Core i5-6400T」やGeForce GTX 1070/1060を搭載。パフォーマンスに期待がかかる

 さらにデュアルギガビットLANやIEEE 802.11ac/b/g/n+Bluetooth4.0、サウンド、USB 3.1(Type-C)×2、USB 3.0×2、、USB 2.0×2、SDXCスロット×1を装備。

 付属品としてACアダプター(DC Power 19.5V/180W)、Wi-Fiアンテナ、ユーザーマニュアル、クイックスタートガイド、ドライバーインストールキットがつく。なお、対応OSはWindows 10(64bit/32bit)、8.1(64bit/32bit)でWindows7はサポート対象外。

 価格は「MAGNUS EN1070」が16万2615円、「MAGNUS EN1060」が14万6750円。パソコンショップアークやドスパラ パーツ館(「MAGNUS EN1060」のみ)、ツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.で販売中だ。

アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年10月20日(木)22時11分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】