秋のヘッドフォン祭は、多ドライバーの高級機が目白押し

アスキー 10月24日(月)16時38分配信

 10月22日と23日の2日間、東京・中野サンプラザで開催された「秋のヘッドホン祭 2016」。日本中からアツいポータブルオーディオファンの集結するイベントに出展されていた、イヤフォンの注目モデルをレポートしていこう。イヤフォン分野で最新トレンドとして表れていたのは、国内外のブランドから多ドライバーの超ハイエンドモデルが多数出展されていたことだ!

Astell&KernとJH Audioコラボの「Michelle」

 まずは国内ではアユートが取り扱っている、Astell&KernとJH Audioのコラボ製品から。THE SIRENシリーズのエントリー的な位置づけで登場する、インイヤーモニターの最新モデルが「Michelle」(ミッシェル)だ。米国の販売価格は499ドルと、同ブランドとしては最廉価のイヤフォンで、高域・中域・低域に新規開発のバランスド・アーマチュア型ドライバーを搭載している。JH Audioの上位モデルを彷彿とさせる、ダイナミックで高感度のイヤモニらしい音を鳴らすモデルとして、ヒットを予感させるできだ。

ヘッドフォン祭
Michelle
ヘッドフォン祭
国内価格は未定だが米国では499ドルで販売

 同じくアユートの扱うイヤフォンでは、シンガポールのヘッドフォンブランド「DITA」に注目。フラッグシップモデル「DREAM」が正式発表された。ヘッドフォン祭では昨年から参考出展が行われていたが、新規に開発されたシングルのダイナミックドライバー1基を軽量・高剛性のチタン<4098>製シャーシに収納している。また、新開発のイヤフォンプラグ「Awesome Plug」により、バランス駆動用ケーブルなど様々なケーブルに交換できる。

ヘッドフォン祭
遂に世紀発表されたDIGAの「DREAM」。価格は未定

3Dプリンタによるチタン<4098>成形ハウジングのfinal「LAB II」

 以前からイベント出展されていたfinalのチタン<4098>製イヤフォン「LAB II」も新たに発表会・試聴会が開催された。10月22日に発売となった製品で、フルオープン型のイヤフォンとなっている。全世界200台の限定生産となっており、3Dプリンタによる成形技術でNTTデータ<9613>と協力。チタン<4098>の金属粉を使った3Dプリンターを使い、成形と同時に化学処理も施して製造する。最先端技術を採用したモデルに注目だ。

 加えて同社ブースでは、ステンレス切削筐体の「FI-BA-SST」シリーズが登場。BAドライバー1基を採用しており、リケーブル対応ではないが3.5mmアンバランス版と2.5mmバランス版が登場する。価格は現在未定。

ヘッドフォン祭
発表会・試聴会が開催されたfinalの「LAB II」
ヘッドフォン祭
ブースで披露された「FI-BA-SST」

8ドライバー内蔵の新型ユニバーサル機、Weston「W80」

 イヤーモニターの老舗・Westonは、ユニバーサルタイプの最上位モデルとして8ドライバー搭載の「W80」を出展した。10月22日から販売開始となったモデルで、同社の「Signature」シリーズで最もドライバ数の多い高域×4、中域×2、低域×2の8ドライバー構成だ。多ドライバーBAドライバーでありながらイヤフォン本体の筐体サイズは一般的なイヤフォン程度に収めている点が特徴。サウンドチューニングも同社の現行モデルと比べてキメ細かい。微細音の再現性に振っており、ハイエンドイヤフォンとして注目だ。

ヘッドフォン祭
Weston「W80」は実売価格21万7800円前後

シグネチャーウォークマンに合わせた4.4mmプラグ

 日本発のブランドとして独自設計のイヤフォンを投入する御茶楽は、同社の独自技術であるトルネード・イコライザーを2基搭載した新イヤフォン「Donguri-欅(KEYAKI)Ti Plus Dual」を参考出展した。また、Flat4シリーズの新モデルとして欅を採用したFlat4-欅(KEYAKI)/Plus」(直販価格は9万1800円)を出展。なお、同社のモデルのPlusの有無は、外耳道の長さと合わせる位相補正チューブの違いとなる。

ヘッドフォン祭
参考出展の「Donguri-欅(KEYAKI)Ti Plus Dual」
ヘッドフォン祭
デュアルトルネード・イコライザー搭載の構造
ヘッドフォン祭
Flat4シリーズの新モデルとして欅を採用したFlat4-欅(KEYAKI)/Plus」
ヘッドフォン祭
キャビネットに欅/緋欅を再使用した新モデル

 同ブースではソニー<6758>のウォークマン「NW-WM1Z」で初採用された5極φ4.4mmバランスプラグ仕様モデルも初出展。イベント初日に初めてサウンドを体験できる状態が整えられた。

ヘッドフォン祭
5極φ4.4mmバランスプラグ版の「Flat4-欅Plus」

イギリス発の新ブランド「ACS」の新イヤフォンに注目

 新規参入ブランドでは、フリーウェイの扱う英国ブランド「ACS」のイヤフォンに注目。ピンク・フロイドやジョージ・マーティン、ブラック・サバスといったミュージシャンが愛用しているプロ用のイヤーモニターブランドという文句で登場したモデルで3モデルを投入。Knowles製のBAドライバーを採用しておりイヤフォンには非常に細い「Linum BAX」ケーブルを搭載していることも特徴だが、非常に強度のある素材で耐久性も確保している。

 「ACS Evoke MA-EP9001」はBAドライバー4基で約12万円、「ACS Evolve MA-EP9003」がBAドライバー2基で約6.5万円、「ACS Encore MA-EP9005」はダイナミック型1基で約3.5万となっている。

ヘッドフォン祭
「ACS Evoke MA-EP9001」はBAドライバー4基、予想実売価格約12万円
ヘッドフォン祭
「ACS Evolve MA-EP9003」はBAドライバー2基、予想実売価格約6.5万円
ヘッドフォン祭
「ACS Encore MA-EP9005」はダイナミック型1基で予想実売価格約3.5万円

英国ブランドRHAも新イヤフォンを披露

 ナイコムの扱うイギリスのRHAは、IFAで先行披露された新イヤフォンを「秋のヘッドホン祭 2016」で日本初披露。デュアルトランスデューサー構成のハイエンド「CL1 CERAMIC」、CLダイナミックトランスデューサーを搭載した「CL750」も展示していた。

ヘッドフォン祭
RHAの「CL750」は予想実売価格1万5800円

AROMAによる4ウェイ12ドライバーイヤフォン

 ハイエンドのBA型ドライバー搭載モデルでは、トップウィングの扱う香港AROMAの4ウェイ12ドライバー構成ユニバーサルイヤフォン「Witch Girl 12」が注目。すでに先行発表していたモデルだが「秋のヘッドホン祭 2016」で試聴可能な状態で出展されていた。

 12ドライバーの内訳は低域4、中域4、高域2、超高域のツイーター2基という4ウェイ構成となっている。ユニバーサルイヤフォンとしては最上位クラスとなる30~40万円台の価格を想定している超ハイエンド機となるが、その微細音の表現力もまささしく最上級だ。

ヘッドフォン祭
AROMAの12ドライバー搭載「Witch Girl 12」は30万~40万円

香港メーカーRHAPSODIO社による10ドライバーモデル

 ハイエンドの多BAドライバーには新ブランドも登場。香港RHAPSODIO社によるイヤーモニターとしてBAドライバー10基を搭載した「SOLAR」が登場。内部のBAドライバーユニットに音質を向上させる赤外線防止のロゴシールを張り込むなど、細部にまで音質にこだわり抜いたモデル。予想実売価格は18万9800円程度。同社からはチタン<4098>筐体のダイナミック型ドライバー搭載モデル「GALAXY」の発売も予定しており、こちらはモニタ用の想定したフラットな音作りを目指している。予想実売価格は14万9800円程度。

ヘッドフォン祭
RHAPSODIO社の10BAドライバーモデル「SOLAR」。予想実売価格は18万9800円程度。
ヘッドフォン祭
RHAPSODIO社のダイナミック型ドライバー搭載モデル「GALAXY」。予想実売価格は14万9800円程度。

NOBLEの新イヤーモニターも登場

 イヤーモニターの老舗・NOBLEもイヤーモニター最新モデルとして「New KAISER10」を披露。同社の10ドライバー搭載イヤフォン「KAISER10」をベースとして新規のBAドライバーを搭載したモデルだ。価格は22万円程度を予定。「Sage」は、同じく新規のBAドライバーを2基搭載したモデルで、7万8000円程度を予定している。

ヘッドフォン祭
「New KAISER10」は10ドライバー搭載。価格は22万円程度。
ヘッドフォン祭
「Sage」は2ドライバー搭載で7万8000円程度。

DUNUからも新イヤフォン「DK-3001」が登場

 サウンドアースの扱うDUNUブランドからは、ハイエンドイヤフォンの「DK-3001」が登場。3つのBA型ドライバーとダイナミック型ドライバーのハイブリッド構成で、2基のBAドライバーが低中域、シングルBAドライバーが高域を担当。ダイナミックドライバーは超低域から超高域(ハイレゾ音域)までをカバーする設計となっている。予想実売価格は5万9800円。

ヘッドフォン祭
ハイレゾロゴも取得したDUNUの「DK-3001」
ヘッドフォン祭
4ドライバーによるハイブリッド構成。予想実売価格は5万9800円
アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 10月24日(月)16時38分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】