Windows 10で特定のアカウントで起動できるアプリを指定したい

アスキー 10月24日(月)09時00分配信
win10_180
「設定」の「アカウント」→「家族とその他のユーザー」からローカルアカウントを追加

調査依頼
特定のアカウントで起動できるアプリを指定したい

 アプリを一つだけ起動し、それ以外の操作を一切禁止したい、という相談があった。アプリを一つだけしか操作できないようにする方法はいくつかあるが、今回は「割り当てられたアクセス」機能を紹介しよう。子供に与えるPCや会社の受付に置いたり、第三者に利用してもらうアプリを入れたPCなどで活用できるテクニックだ。

win10_180
「割り当てられたアクセスで使うアカウントを選ぶ」でアカウントとアプリを指定する
win10_180
アプリは一覧から選択する

 まずは「設定」の「アカウント」→「家族とその他のユーザー」→「他のユーザー」で、ローカルアカウントを追加する。もちろん、権限は「標準ユーザー」だ。追加したら、その下にある「割り当てられたアクセスのセットアップ」をクリックする。

win10_180
作成したアカウントでサインインする
win10_180
指定したアプリのみが起動する。サインアウトする際は「Ctrl+Alt+Delete」キーを押す

 「割り当てられたアクセスで使うアカウントを選ぶ」でアカウントを指定し、「このアカウントがアクセスできるアプリを選ぶ」で起動するアプリをひとつだけ選べば完了。そのアカウントでサインインすれば、そのアプリのみを操作できるようになる。

 終了する場合は、「Ctrl+Alt+Delete」キーを押して、サインイン画面を表示すればいい。



 Windows 10探偵団は毎週、月・水の午前9:00、日曜日の12:00に更新します。お楽しみに!


アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 10月24日(月)09時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】