コスパ抜群の防水Bluetoothイヤホン「PHC-SP1」を試す

アスキー 2016年10月25日(火)11時00分配信
PHCSP1_ph01_Resize
コスパに優れる防水Bluetoothイヤホン「PHC-SP1シリーズ」を試してみた!

スポーツ向けイヤホンはワイヤレスに限る!

 健康目的のトレーニング、あるいは趣味として筋トレやランニング、各種スポーツを楽しんでいる人が周りに増えている。個人的には、ダイエット効果と時間調整のしやすさなども相まって、1人でできるランニングと筋トレを再開。トータルでは3年ほど続けている。

 そんなときに欠かせないのが音楽。ロックやメタルを聞きながら激しい運動をするもよし、ピアノサウンドが綺麗な曲を聴きながら朝の清々しさを楽しむもよし。ポチっと音楽を再生するだけで、その日の気分に合わせて簡単にシチュエーションを作り出せる。

 ただ、リスニングにはスポーツ用ではなく通常のイヤホンを使っているので、本体が耳から外れる、ケーブルがジャマ、音が途切れる、断線する等々の問題が出てきた。現在はスポーツ用イヤホンの購入を検討中。でも高いのはイヤ。

 そこで今回は、プリンストンから新発売のスポーツ用ワイヤレスイヤホン「PHC-SP1シリーズ」を試してみたい。お値段は直販価格で4946円という高コスパが魅力の製品だ。

PHCSP1_ph01_Resize
「PHC-SP1シリーズ」。カラーはブラック、グリーン、ピンクの3色

IP54対応の耐水BluetoothイヤホンはiPhone 7にも対応

 スポーツ用ということで、PHC-SP1シリーズはIP54対応。ASCII.jp読者諸氏にはおなじみ、防塵・防水性能を表すIP規格において、「有害な影響が発生するほどの粉塵が中に入らない」防塵性能と、「あらゆる方向からの飛まつによる有害な影響がない」防水性能を持っていることを示している。

 要するに、「耳垢や砂ぼこり程度で故障はしないし、汗や小雨程度なら防げるよ」ぐらいに考えておけばいいだろう。屋外で使用する上で防塵性能がしっかりしているのは安心。生活防水レベルの性能もあるため、これから盛り上がるウィンタースポーツにも使える。

 ワイヤレス接続はBluetooth 4.0で、A2DPとAVRCPの2プロファイルに対応。コーデックはSBC、もしくはapt-Xに対応している。約1.5時間の充電で、連続再生時間は最大4.5時間。再生周波数帯域は20Hz~20000Hz。重さは約20gとなっている。

PHCSP1_ph02_Resize
充電は付属のUSBケーブルで行なう
PHCSP1_ph02_Resize
S/M/Lサイズのイヤーピースが付属している

 さて、筆者がスポーツ用イヤホンを探すときに第一条件としたのは“ワイヤレス”。スポーツ用イヤホンは、絶対ワイヤレスが欲しくなる! と思う。冒頭の通り、現在は普通の耳栓型イヤホンを使っているのだが、ケーブルがあるせいでいろいろ問題が起きる。

 第二条件は耳かけ型であること。ネックバンド型は重いのとフィット<1436>感に欠けるので、個人的に避けたかった。他のタイプだと激しい運動をしたときにズレやすく、経験上、ダッシュ→腹筋→背筋→腕立て→スクワット→以下ループなんて繰り返すと、たいてい腕立てのときにポロっと外れてイラっとすることが多い。耳かけ型なら軽くてフィット<1436>感もあり、ズレの心配も少ないと考えたためだ。

 第三条件はコスパ。スポーツ用ワイヤレスイヤホンは全体的にちょっとお高め。有名メーカーの製品だと、9000円~2万円あたりが多いが、超高品位な音質を求めている訳ではないので、お値打ち感を重視したいところ。ただ、余りに安価な製品は故障時の保証対応が危うい。長期間使えないとなると、運動リズムに影響が出るので避けたい。

 PHC-SP1シリーズは、筆者の希望条件をバッチリ満たしながら、1年間の保証付き。プリンストンは電話のサポート窓口もあって安心感もある。

Bluetoothでお手軽セットアップ

 まずはセットアップ。スマホや携帯音楽プレーヤーとペアリングするだけなので手順はシンプル。まず、スマホや携帯音楽プレーヤーでBluetooth機器の検索を開始したら、PHC-SP1シリーズの電源ボタンをオンに。

PHCSP1_ph02_Resize
電源ボタンを約1秒押したままにして電源を入れる
PHCSP1_ph01_Resize
「PHC-SP1」の名前が現れたらタップして登録する

 なお、PHC-SP1シリーズの登録時にパスキーの入力画面が現れた場合は「0000」を入力すればオーケー。地味にうれしいのが、電源のオン時に「パワーオン」、オフ時に「パワーオフ」、ペアリング時に「ペアリング」、スマホとつながれば「コネクテッド」と音声案内があること。ビープ音のみの製品だと、電源のオン/オフなど、動作状況がイマイチ分からなくなり、LEDが点灯しているか再確認したりといった手間が発生することも。本製品はその心配がない。

耳かけ部分の軽い装着感が快適!

 PHC-SP1シリーズの耳かけ部分はシリコン素材で柔軟性があり、硬質な素材を用いた製品より耳にかけやすく感じる。しかしフィット<1436>感はしっかりとしていて、試しに頭を左右上下に激しく振ってみても、グラつきは皆無。限界値を探ろうと相当激しくヘッドバンキングしたつもりだが、むしろ頭が痛くなってこちらが限界に。

PHCSP1_ph02_Resize
柔らかいシリコン製の耳かけ

 ワイヤレス駆動用の内蔵リチウムポリマー電池が格納されているため、本体は他のワイヤレスイヤホンと同様少し大きく見えるが、全体重量はたった20gと軽く、運動時の振動でイヤホンがずれるといったこともなかった。

 また耳かけ部分が柔らかいシリコンなので、眼鏡をかけていても負担になりにくい点もグッド。素材にかかわらず堅ければ耳が痛くなるし、めがねのつるの部分とぶつかってカチャカチャと耳障りだが、本製品にその心配はない。

 左右のイヤホンをつなぐケーブルは、クリップでTシャツの首回りなどに固定することもできる。開閉するタイプではないので、衣服をクリップの隙間に滑り込ませるようにしよう。ただ、見えない後ろ首近くは少し装着しにくいので、入館証や社員証ケースでよくある、一度開いてから衣服を挟み込むようなタイプだとありがたかった。

PHCSP1_ph01_Resize
ケーブルを衣服に固定するクリップ

 曲の操作は、右側イヤホン本体近くに備えられているコントローラーで行なう。ボタンは計3つだが、ひと通りの操作ができる設計。コントローラー上下がボリュームボタンで、1回押せば音量調節、1秒の長押しで前後の曲へスキップできる。中心にある電源ボタンは、1秒の長押しで電源のオン/オフだが、短く1回押せば、曲の再生/停止ができる。

PHCSP1_ph02_Resize
コントローラー部

 なお、Bluetooth特有のホワイトノイズはあるものの、再生中はさほど気にならない。基本的に連続再生であり、運動時間、つまりリスニング時間も30分程度。利便性とコスパを考えれば、個人的には許容範囲に思える。音は途切れたり、大きな雑音が入ったりすることはなく、安定していた。

高コスパのスポーツ用イヤホンが欲しいなら

 まず、スポーツ利用を前提に、IP54準拠の防塵・防水性能、軽い装着感を実現しながら、直販価格4946円という高コスパが大きな魅力。

 音質については、どちらかというと低音重視で丸みがあるサウンド。ボーカルの歌声がハッキリ聞こえるので、メロディーラインを追いかけやすく、J-POPとよく合う印象だ。エレキギターやベース、ドラムなどの演奏は若干埋もれるが、運動中のBGMとして聞くので、メロディーラインがハッキリしているほうがありがたい、というかノリやすいので、この点は満足させてくれる。

 健康作りや来年の夏に向けたダイエットなどを始めるに際して、運動中に音楽を聴くなら検討したい製品だ。

アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年10月25日(火)11時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】