9万円からのi7ノート、「dynabook AZ65/B」は出張のお供もバッチリこなす!?

アスキー 2016年10月27日(木)10時00分配信
約9万円引きの東芝Core i7ノート、「dynabook AZ65/A」で3Dゲームを試す!

 ぎりぎり持ち運んでの利用もできる15.6型ディスプレー搭載の「dynabook AZ65/B」(東芝ダイレクト限定のWebオリジナルモデル)。

 この「dynabook AZ65/B」をもし実際に持ち運んで利用するとしたら、どれくらいバッテリーだけで利用し続けられるのかを、実際の利用に近い状態でテストしてみた。まずは出張のひまつぶしに映画を見たらどうなるかについて紹介しよう。

約9万円引きの東芝Core i7ノート、「dynabook AZ65/A」で3Dゲームを試す!
東芝<6502>ダイレクト限定のWebオリジナルモデル、15.6型ノート「dynabook AZ65/B 2016冬 Webモデル」
約9万円引きの東芝Core i7ノート、「dynabook AZ65/A」で3Dゲームを試す!
本体右側にブリッジメディアスロット(SD/SDHC/SDXC対応)、USB 3.0端子×2、HDMI端子と電源コネクタがある
約9万円引きの東芝Core i7ノート、「dynabook AZ65/A」で3Dゲームを試す!
本体左側にはLAN端子、USB 2.0端子×2、マイク/ヘッドフォン端子を配置

もっと実際に使いそうな形でのバッテリー持続時間は?

 前回「dynabook AZ65/A」で行なったバッテリーによる継続利用時間のテストでは、ブラウジングのみの低負荷状態と、ゲームのベンチマークツールを実行しながらのブラウジングという高負荷状態で大きく結果の違いが出た。しかし、「dynabook AZ65/A」、その後継機「dynabook AZ65/B」ともこれまでにも紹介したように、ゲームが得意な機種ではない。ゲームをしながらブラウジングもするという使い方を想定するユーザーは少ないだろう。

 そこで今回は、多くのユーザーが実際に行ないそうな使い方として、長時間の映像再生を行ってみた。通常利用に近い環境として無線LANはオンにしたまま画面輝度を十分に明るいが節電もできるという意味で40%に設定し、BD-ROMを再生してみた。

9万円からのi7ノート、「dynabook AZ65/B」は出張のお供もバッチリこなす!?
電源プランは「バランス(推奨)」で、画面輝度を40%に設定

東芝ダイレクト

東芝ダイレクト

映画コンテンツを1本見ても余裕の残容量

 再生に利用したのは投東芝の再生アプリである「TOSHIBA Blu-ray Disc Player」だ。初回機動時にはリージョンを設定する必要があるが、日本で販売されているコンテンツの再生ならば「A」を選択すればよい。一応5回まではリージョン設定の変更が可能だ。

9万円からのi7ノート、「dynabook AZ65/B」は出張のお供もバッチリこなす!?
「TOSHIBA Blu-ray Disc Player」は初回起動時にリージョン設定を行なう

 また再生テストに利用したのは、少し古い作品だが「スパイダーマン3」。再生時間はパッケージによれば約139分となっている。これを、万充電になった本体から電源ケーブルをはずして、バッテリー駆動状態になってからドライブに挿入し、再生を開始するという形で利用してみた。

9万円からのi7ノート、「dynabook AZ65/B」は出張のお供もバッチリこなす!?
再生時間約139分の「スパイダーマン3」を再生

 再生終了時のバッテリー残量は約44%。再生開始からの時間は、再生時間に作業時間が多少加わったことで約2時間23分たっていた。本体ではバッテリーによる利用可能時間が残り約1時間53分程度と出ていた。利用可能時間は「TOSHIBA Blu-ray Disc Player」を終了すると約2時間57分に変化し、さらに本体の挙動が落ち着いて負荷が減ってくると約3時間45分まで延びた。

 今回のテストでは全体で2時間強の映画はバッテリーのみで十分楽しめるという結果が出た。残りのバッテリー容量から考えると、少々長めのコンテンツでも楽しめそうだ。

9万円からのi7ノート、「dynabook AZ65/B」は出張のお供もバッチリこなす!?
「TOSHIBA Blu-ray Disc Player」を終了して挙動が落ち着いたところで推定残り時間は3時間を超えた

 映画を見てしまえばそれで終わりということではなく、メールチェックや簡単な調べ物なども追加で行なえるという状態でもある。出張時、移動中の新幹線でメールチェック程度の作業をしながら映画を楽しんでも、到着したホテルで充電するので十分ということになるだろう。外出のお供にしたい人にも、十分心強いモデルといえそうだ。

東芝ダイレクト

東芝ダイレクト

東芝ダイレクト

アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年10月27日(木)10時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】