ハイレゾの音場感を再現するならやっぱり平面駆動型

アスキー 10月28日(金)13時00分配信
ヘッドフォン祭

2016年秋のヘッドフォン祭で人気上昇中!? ハイレゾの音場感再現に有利な平面駆動型に注目

 10月22日から23日の2日間にわたり、中野サンプラザで「秋のヘッドフォン祭2016」が開催された。今回、注目したのは歪みが少なく高解像度で音場感に優れた平面駆動型のヘッドフォンとイヤフォンである。その特徴からハイレゾ音源を聴くにもピッタリだ。

 量感だけでモコモコ、ボワボワの低音とはこれを機会にお別れしたいものだ。

Mrspeakersは流体力学を使って歪みを抑えた

 2015年に突如、出現した“平面駆動型の新星”がMrspeakersである。創業者でエンジニアのDan Clark氏はアップルコンピュータに在籍していたこともある。

 製品は平面磁界駆動型(Electro Planer Magnetics)の開放型ヘッドフォン「ETHER」と密閉型の「ETHER C」の2モデルのみ。ほかに静電容量型も開発中だ。特許技術“V-Planar”に基づく平面振動板を開発して採用している。一般的な平面振動板は両端を固定され振動するため中央部は振幅が大きく、エッジに近付くほど振幅は小さくなる。これが非線形歪みにつながるが、その発生を抑えるため振動板に細かいヒダを付け、均一にしかも深い振幅で動くようにしている。ハイレゾ再生に関しては再生周波数特性よりも歪みの少なさとタイムドメインに注目しているそうだ。

ヘッドフォン祭
「ETHER C Flow」はワイドレンジで低域の解像度が改善された。カーボンハウジングで遮音性は高いが、大音量再生時にはカーボン<5302>の共振が気になった。
ヘッドフォン祭
ETHER Flow。外周リングがレッド<3350>からラメ入りのブルーに変更された。「ETHER Flow」は主に中域の解像度が改善されたと思う。

 今回、発表されたの「Flow」はこのETHER/ETHER Cの技術を踏襲しつつ、流体力学に基づくTrue Flowテクノロジーを使ったウェーブガイドを採用した。「ETHER」は敷き詰めた棒状の磁石を使って、長方形の振動板を駆動していた。この磁石は3mmほどの厚さで、振動板と耳の間にある。磁石を固定したトレーには空気穴が開けられていて、振動板が動くと空気がここを出入りする。重要なのはこの空気の流れの制御だ。回折や反射が発生すると歪みの増加や解像度の低下を招くことが分かっていた。

 そこで「ETHER」では響きをコントロールするために2種類のフェルト状のパーツが複数枚入った、アップグレードキットが開発された。それをさらに発展させたのが「ETHER Flow」と「ETHER C Flow」である。今回はフェルトの替わりに3Dプリンタで出力したウエーブガイド(導風口)を穴それぞれに合わせて取り付け、穴から出入りするエアフローを改善する仕組みだ。

ヘッドフォン祭
従来は磁気回路のトレイが見えていたのだが、「ETHER Flow」ではスポンジ状のパーツが接着されている。

 内部の改良だけなので、併売される従来モデルとデザイン上の差は少ないが、「ETHER Flowはハウジングのリングの色やイヤーパッドの形状/素材を変更している。また「ETHER C Flow」はカーボン<5302>の柄も変わっている。

ヘッドフォン祭
左がオリジナルで右がウェーブガイドが取り付けられた「ETHER Flow」の写真。
ヘッドフォン祭
磁石を固定するトレイに空けられた穴に空気が出入りすることで音に悪影響を与えていることを突き止めた。
ヘッドフォン祭
研究の結果、流体力学に基づくTrue Flowテクノロジーを確立して、空気の流れを阻害しない穴の形状を作り出した。
ヘッドフォン祭
磁石の両側に開けられた平面的な穴に3Dプリンタで出力したウェーブガイドを穴の前後に取り付け理想の穴の形を実現。

 「ETHER Flow」とオリジナル「ETHER」を比較試聴してみると、これまで透明感が高く繊細な音を再現していたと思っていた「ETHER」の中域にすら解像度の甘い部分があることに気付いた。「ETHER Flow」を聴くと、全域で音の鮮明さが向上していることを実感できる。Mrspeakersでは「ETHER」から「ETHER Flow」へのアップグレードサービスを実施しており、ウェーブガイドのみを追加するアップグレードと、外観を含めてETHER Flow/ETHER C Flow相当にするアップグレードの2種類がある。国内でも販売代理店のエミライを通じて後日告知がある見込みだ。

 「ETHER Flow」「ETHER C Flow」共に11月下旬発売予定で予想実売価格は約24万8000円。

衝撃的な広がりを実現したAudeze「iSINE」、Lightning接続で24bitに対応

 平面駆動型ヘッドフォンの先駆者Audezeから、ついにイヤフォンタイプが登場した。小型化が難しいとされてきた平面駆動型をイヤフォンで実現したものだ。

ヘッドフォン祭

 同社は独自開発の磁気構造“Magnetic Structure”を採用して、大音量でも歪みを抑えた設計になっている。ただ、ハイエンドモデルのヘッドフォン「LCD-4 Macassar Ebony w」は高音質だが重さ660gもあり、平面駆動型は重くなるという弱点も露呈していた。

ヘッドフォン祭

 iSINEは、ヘッドホン端子のなくなった「iPhone7」にも対応するLightning接続用のDAC内蔵ケーブル「CIPHER」が付属するバージョンとなる。北米での販売価格は『iSINE10』399ドルと『iSINE20』599ドルである。

 搭載された振動板のサイズは30mmで同社独自のFluxor Magnetic Technologyを使い、ネオジウム磁石を使った磁気回路の2倍の磁束密度を実現。UNIFORCEダイヤフラムを採用することで、振動板全体が均一に駆動できるようになり歪率も約0.1%まで低減したという。低歪み、高解像度で音場感を劇的に改善できる。ハウジングも開放型だが思ったより音漏れが少ない。イヤーピースを耳に差し込む必要がなく耳元にイヤーフックで装着するタイプで、会場では3Dプリンタで作った試作品を使ったが、装着感は良く長時間のリスニングでも快適そうな感じだった。

ヘッドフォン祭
セールス担当副社長のMark Cohen氏は「iSINE」が振動板全域で磁束密度1.5テスラを実現。歪みはBA(バランスドアーマチュア)型の1/10しかないとを語った。

 「iSINE20」はボイスコイルの長さを延長した高音質モデルで、インピーダンスは24Ω。再生周波数10Hz~50kHz。最大出力120dB/3Wでセミオープン型。重さは20g。3.5mmステレオミニケーブルとLightningケーブルが付属する。

 「iSINE10」はスタンダードモデルで、インピーダンスは16Ω。再生周波数10Hz~50kHz。最大出力120dB/3Wでセミオープン型。重さは20g。3.5mmステレオミニケーブルとLightningケーブルが付属する。PhotoA011

ヘッドフォン祭
SINE On-Ear

 「SINE On-Ear」で開発されたLightning接続用のDAC、DSP、デジタルアンプ内蔵ケーブル「CIPHER」が「iSINE10」と「iSINE20」にも付属する。

エアフレームが新たな装着感を生む「VIE SHAIR」

 ヘッドフォンが生まれてからほとんど変わっていないのが、装着方法である。ドライバーユニットが入ったハウジング外周を覆うイヤーパッドを耳に押しつける。押しつけるには左右のユニットを結合させているフレームのテンションを利用する。長時間のリスニングでは耳が痛くなるのを避けられなかった。

ヘッドフォン祭
カゴのように見えるエアフレーム。ヘッドフォン自体も軽量で従来にはなかった装着感だった。
ヘッドフォン祭
開放型のエアフレームを使うと音は漏れ放題なのでモバイルで使う時は音量に注意が必要だ。密閉型との交換は軽くひねるだけで工具などは不要。

 「VIE SHAIR」はメガネなどに使われる特殊な樹脂を使ったエアフレームを採用。耳の形状に合わせた3D設計でハウジングが耳に当たらず、長時間の装着でも痛みを感じないという。さらに通気性が高いため蒸れる心配もなく、オープンエアーで音楽を聴いているような開放的でパワフルな音を実現したという。低音の能率を上げて、遮音性を高める密閉型のエアーフレームも付属する。フレーム構造なのでメガネとの相性もいいそうだ。

ヘッドフォン祭
密閉型のエアフレーム。低音の量感が倍増すると同時に密閉型ヘッドフォンのように遮音性が向上する。

 なぜ、ここで紹介するかと言えば、振動板に直径58mmと大口径の平面駆動型振動板を採用しているからだ。ヤマハ<7951>との共同開発で、Bluetoothにはヤマハ<7951>独自のコーデック「MACH5」を使っている。また、3.5mmステレオミニ端子での有線接続にも対応する。

 専用アプリを使いスマホから、LEDの色を変更できる。また3バンドイコライザーで低音、中音、高音のバランスを変更できる。無線共有機能があり、ヘッドフォン同士で会話したり、同じ音楽を再生するサイレントセッションも可能。電源は内蔵のリチウムポリマー電池で連続使用可能時間は8時間。周波数特性は20Hz~20kHz。カラーはブラックとホワイト。重さ270g。クラウドファンディングサイト「Makuake」にて2万9900円、2017年1月に発送予定。

ヘッドフォン祭
Bluetoothモード、送信モードと受信モードの切り替えスイッチ。
ヘッドフォン祭
正面から見ると違和感はないが、後ろから見るとエアフレームが現れ注目の的になるに違いない。

AMTツイーターを使うoBravoのハイブリッドイヤフォン

 ダイナミック型ウーハーとAMTツイーターを使ったハイブリッド型イヤフォンを次々と製品化して一部のマニアに注目されているのが台湾のoBravoである。

ヘッドフォン祭
未発表の最新試作モデル。現行ではφ10mmが最大口径のウーハーにφ16mmを搭載して低域の量感を高めている。ハウジングはアルミ合金と台湾アカシアを使っている。リケーブル対応で、オプションでバランス用ケーブルがある。

 ATMはAir Motion Transformerの略称で、Dr. Oscar Heilによって発明されたハイルドライバーの動作原理を元に作られたものである。AMTは厳密には平面振動板ではなく、プリーツ状のダイヤフラム内の導体に信号<6741>を流すことで、プリーツ同士の吸引と反発を起こさせ空気を動かしている。oBravoは平面駆動型のツイーターを使ったモデルも製品化しているが、上級モデルにはAMTツイーターが採用されている。

ヘッドフォン祭
新たなフラッグシップモデルとなるSignatureモデル。AMTツイーターとダイナミック型のハイブリッド型ヘッドフォン。未発表モデルのため詳しい仕様などは不明。

 AMTツイーターはBA型のハイブリッドとは違う傾向の音色で、よりなめらかで音場感に優れた高域再生ができる。よりスピーカーに近い雰囲気で、音のエッジを強調することなく解像度の高い音を再生できる。

500万円超の音を聴く!  HIFIMAN「SHANGRI-LA」

 世界最薄の振動板を使う平面駆動型ヘッドフォンを作っているのが HIFIMANである。2007年にDr.Fangにより設立されたオーディオメーカー。ダイナミック型のヘッドフォンを製品化してきたが、今回、初めて静電型のヘッドフォンと専用の真空管ヘッドフォンアンプのセット「SHANGRI-LA」を展示した。参考出品だがアメリカでは5万ドル前後で販売する予定があるという。

ヘッドフォン祭

 同社が得意とする超薄型振動板を採用して歪率はほぼ0を達成。再生周波数帯域7Hz〜50kHz。重さ374g。巨大な真空管ヘッドフォンアンプは300Bを4本使った豪勢な作りだ。

 静電型ヘッドフォンとしては非常に軽く装着感もいい。ヘッドフォンをしていることを忘れるような広々とした空間を再現してくれ、耳の外側にスピーカーがあるかのような錯覚を感じた。静電型の弱点とされる低音再生も問題なく、ハイスピードで解像度の高い低音が楽しめた。

ヘッドフォン祭
ユニークなデザインのヘッドフォンアンプ。トップパネルにはボリュームがあるのみ。
アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 10月28日(金)13時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】