新MacBook Pro ハンズオンレポ 「Touch Bar」の操作性が非常に良い!

アスキー 2016年10月28日(金)12時00分配信
新MacBook Pro ハンズオンレポート MacBookでの「タッチ」への回答は意外なものだった!

 先ほど発表になったばかりのMacBook Pro(以下MBP)。取り急ぎ、クパティーノのアップル本社内で開催された発表会とハンズオンの様子をお伝えしよう。アップルにとっては「今日のノート型Macがスタートして25年」という節目でもあり、久々の大きな変更でもあった。

新MacBook Pro ハンズオンレポート MacBookでの「タッチ」への回答は意外なものだった!
新MacBook Pro ハンズオンレポート MacBookでの「タッチ」への回答は意外なものだった!
発表会に登場した、アップルのティム・クックCEO。ノート型MacはPowerBookからカウントして25周年を迎えた
新MacBook Pro ハンズオンレポート MacBookでの「タッチ」への回答は意外なものだった!
アップルのフィル・シラー上級副社長。MacBookが12インチから15インチまでのラインナップになったと説明

「ファンクションキーあり」モデルも登場、キーボードは大幅改善

 まあなにより、ブツをご覧いただきたい。

 今回、MBPは13インチが「Touch Barなし」「Touch Barあり」の2種類、15インチが「Touch Barあり」の1種類になった。色はスペースグレーとシルバーの2色。MacBookの色とほぼ同じ、と思っていい。Touch Barなしの13インチMBPは、実質的にMacBook Airの置き換えでもある。ちなみに、出荷はTouch Barありが2~3週間後であるのに対し、Touch Barなしは「本日から」である。

新MacBook Pro ハンズオンレポート MacBookでの「タッチ」への回答は意外なものだった!
新MacBook Pro ハンズオンレポート MacBookでの「タッチ」への回答は意外なものだった!
MacBook Pro 13インチ・Touch Barあり・シルバー
新MacBook Pro ハンズオンレポート MacBookでの「タッチ」への回答は意外なものだった!
MacBook Pro 13インチ・Touch Barあり・スペースグレイ
新MacBook Pro ハンズオンレポート MacBookでの「タッチ」への回答は意外なものだった!
MacBook Pro 13インチ・Touch Bar「なし」・ファンクションキー「あり」モデルのスペースグレイ
新MacBook Pro ハンズオンレポート MacBookでの「タッチ」への回答は意外なものだった!
13インチと15インチ。横幅の違いはあるが、キーボード部分はいままで通り同じサイズ
新MacBook Pro ハンズオンレポート MacBookでの「タッチ」への回答は意外なものだった!
15インチ・シルバーと、13インチ・スペースグレイ。色味はやはりけっこう異なる
新MacBook Pro ハンズオンレポート MacBookでの「タッチ」への回答は意外なものだった!
MacBook Pro 15インチ・Touch Barあり・シルバー
新MacBook Pro ハンズオンレポート MacBookでの「タッチ」への回答は意外なものだった!
左がTouch barあり、右がTouch Barなし

 Touch Barなしモデルは、電源およびUSB Type-Cを兼ねる「Thunderbolt 3」端子が左に2つ、ありモデルでは左右に2つずつになっている。全端子が電源も含めて同じ機能を持っているので、どこになにを刺してもいい。

 ちなみに、13インチモデルは「61W」、15インチモデルでは「87W」の電源を利用し、どちらもコネクター形状は「USB-C」だ。

新MacBook Pro ハンズオンレポート MacBookでの「タッチ」への回答は意外なものだった!
左側面。USB-Cと同じ形状の「Thunderbolt 3」端子が2つ。「Touch Barあり」だと反対側の同じ位置にもう2つある
新MacBook Pro ハンズオンレポート MacBookでの「タッチ」への回答は意外なものだった!
Touch Bar「なし」モデルの右側。「Thunderbolt 3」はなく、ヘッドホン端子だけ
新MacBook Pro ハンズオンレポート MacBookでの「タッチ」への回答は意外なものだった!
両方にThunderbolt 3対応のディスプレイやストレージをつなげば、このくらいの規模のビデオ編集環境も作れる

 デザイン面の大きな違いとしては、面積が倍になった「タッチパッド」が目に付く。思わず「デカっ」と言ってしまったくらいにインパクトがあった。2015年から、アップルはタッチセンサー+振動で物理ボタンを廃したタッチパッドに入れ替えているが、これだけ大きなタッチパッドを使えた理由になりそうだ。

新MacBook Pro ハンズオンレポート MacBookでの「タッチ」への回答は意外なものだった!
タッチパッドは面積が拡大。操作感はかなりいい

 気になるキータッチだが、かなりいい。MacBookで非常に薄い「バタフライメカニズム」のキーボードを採用しているが、あれはかなり好き嫌いの分かれるものだった。MBPでは「第二世代バタフライメカニズム」になったのだが、ストローク感が改善されたせいか、より癖のない感触と思えた。

ソフトによって性質が変わる「Touch Bar」は日本語入力にも対応

 それよりも、今回のMBPでの最大の変化は、ファンクションキーやESCキーがなくなり、「Touch Bar」になったことだ。

 発表会の中で、フィル・シラー上級副社長は「1971年から45年間も使われているが、もっと今の時代に合ったものがあるはず」と説明した。計らずも筆者は1971年生まれ。ファンクションキーと同級生ということになるわけで、ちょっと感慨深いものがある。

 Touch Barは、ハードウエア的に見れば、「Retina Display解像度のOLEDを使った、マルチタッチセンサー付きのディスプレイ」である。が、筆者の印象としては、「なんか印刷されたシールがボタン代わりに貼ってある」というもの。そのくらい「画面感」が薄い。内容は各アプリケーションによって切り替わり、「その場で必要とされるもの」になる。「マルチタッチ」であることが重要で、使い勝手の向上に大きく関わっている。

新MacBook Pro ハンズオンレポート MacBookでの「タッチ」への回答は意外なものだった!
Touch Barモデルのキーボード部分。ボタンというよりは「印刷」っぽい見栄えだ
新MacBook Pro ハンズオンレポート MacBookでの「タッチ」への回答は意外なものだった!
新MacBook Pro ハンズオンレポート MacBookでの「タッチ」への回答は意外なものだった!
音量調節などは通常Touch Barから。ボタンをタッチすると、スライドボリュームに切り替わる
新MacBook Pro ハンズオンレポート MacBookでの「タッチ」への回答は意外なものだった!
Safariでの使用例。タブの切り換えなどができる
新MacBook Pro ハンズオンレポート MacBookでの「タッチ」への回答は意外なものだった!
ムービー再生時には、Touch Barで再生位置調整も可能

 例えば写真の加工やサイズ変更などの時には、「ボタン」ではなく「スライドバー」が出てくるが、表示が美しいだけでなく、反応もきわめて良好で、非常に操作性がいい。「写真」アプリでの画像編集については、もはやMacよりiPhone・iPadの方が使いやすくなった……と日々思っていたのだが、Touch Bar搭載のMBPなら「アリ」かな、と思ったほどだ。

新MacBook Pro ハンズオンレポート MacBookでの「タッチ」への回答は意外なものだった!
写真編集中。今までは画面に出ていたボタンがTouch Barに移動し、全画面編集がよりやりやすくなる

 発表会では、AdobeがPhotoshop CCの最新バージョンをTouch Barに対応させ、「右手はタッチパッド、左手はTouch Bar」というスタイルでの操作を紹介している。こういうパターンもありだろう。

新MacBook Pro ハンズオンレポート MacBookでの「タッチ」への回答は意外なものだった!
発表会より。Photoshopでは、左右の上でタッチパッドとTouch Barを使い分けて操作する

 こうした使い方では、腕が「ディスプレイとキーボードの間」くらいを行き来することになり、ディスプレイに手を伸ばすよりは楽だ。そして、単にタッチパッドで操作するよりはわかりやすい。かねてからアップルは、Macにおいてはタッチパネルの方向を向かないやり方を貫いているが、それと今の「タッチ的な使い方」の中間を狙った……と思える。

 サブディスプレイで操作性を補助、という考え方は珍しいものではなく、マイクロソフトや富士通<6702>、ASUSにレノボと、多くの企業が試みている。だが、どれも定着はしなかった。結局は、OS標準の機能になれず、アプリケーションの対応も増えなかったからだろう。今回の場合、アップルが公式にサポートし、積極的な採用を呼びかけていくことになる。発表会でも、Adobeやマイクロソフトの対応アプリケーションが公開された。これらの企業に続くところがどれだけ出てくるかが気になる。

新MacBook Pro ハンズオンレポート MacBookでの「タッチ」への回答は意外なものだった!
新MacBook Pro ハンズオンレポート MacBookでの「タッチ」への回答は意外なものだった!

 ESCキーやファンクションキーがなくなると困る……という人もいると思う。実際問題、「物理的にはなくなった」だけで、そう使えないわけではない。設定によって切り換えられるのだが、デフォルトでは「Fnキー」を推すと、見慣れた「ESC・ファンクションキー」表示になるようになっている。この辺を併用すると、ある程度まではカバーできるだろう。

 特に日本語変換については、意外なほど「変換にファンクションキーを使っている」という人が多い。使わない人は全然使わない(筆者もそうだ)のだが、実は「ファンクションキー派」の方が主流に近い。それらについては、macOS標準の日本語入力機能の場合、Touch Barに「かな」「カタカナ」「半角英数」「全角英数」の変換候補が出るようになったので、そこをタッチすることで代替できる。なお、ファンクションキーを使わない場合の操作方法はまったく変わっていないのでご安心を。

新MacBook Pro ハンズオンレポート MacBookでの「タッチ」への回答は意外なものだった!
日本語変換時のTouch Bar。いままでファンクションキーでやっていた変換はそのままこちらでもできる

 Fnキーを併用した時の挙動や「どのボタンをTouch Barに出すか」というあたりのことは、設定で細かに変更できるようになっている。

新MacBook Pro ハンズオンレポート MacBookでの「タッチ」への回答は意外なものだった!
Touch Barに出る項目は編集可能

 なお、Touch Barの右端は、指紋認証機能であるTouch IDになっている。これはログインなどに使えるほか、Apple Pay(クレジットカードによるオンライン決済部分のことで、SuicaやFeliCaには未対応)にも使う。Touch IDは電源ボタンも兼ねているのだが、これは、いままでの電源ボタンと同じ位置でもあり、あまり違和感はない。認識も素早く、使い勝手が良さそうだ。

新MacBook Pro ハンズオンレポート MacBookでの「タッチ」への回答は意外なものだった!
Touch IDでログインも可能に。認識はiPhone同様、ほぼ一瞬
アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年10月28日(金)12時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】