スウェーデンBIS、栄光レベルに音がいい小川典子のサティ

アスキー 2016年10月29日(土)12時30分配信
asakura

 評論家・麻倉怜士先生による、いま絶対に聴きたい“ハイレゾ音源”集。10月の特薦は小川典子によるサティのピアノ独奏曲全曲録音や、ハープとギターのユニット「tico moon」のアルバムなどをピックアップ。秋の夜長にじっくりと耳を傾けたい音源が揃いました。各解説の下には配信形式も併記していますので、環境に合ったものをダウンロードしてみてください。ハイレゾ音源入門にもオススメです!

Satie: Piano Music, Vol. 1
Noriko Ogawa

特薦ロゴ

 小川典子による話題のサティのピアノ独奏曲全曲録音。使用楽器は1890年製エラールピアノ。サティと同時代のピアノだ。スウェーデンのBISは、優秀録音を多くものしているが、本ピアノソロアルバムも、栄光のラインナップに加えられよう。まさに眼前の峻烈録音。

 サティの音楽は右手がシンプルなメロディを弾き、左手もあまり複雑ではない和声で寄り添う曲が多いが、本ピアノ演奏は音域によって表情を変える。右手の高域のメロディは、ブリリアントで天を舞うように躍動的、切れ味がシャープ<6753>、響きがカラフルでまさに主役だ。一方、左手は音像的にもやや奥に位置し、無彩色的で、主役を文字通り裏方で支えるバイプレーヤー。演奏的にも、曖昧なパリのエスプリ的なサティではまったくなく、明晰で同時に人間的なエモーションが色濃い。旋律の高貴さに感動。録音は2015年8月から9月、東京音楽大学スタジオ。

WAV:96kHz/24bit
FLAC:96kHz/24bit
BIS、e-onkyo music

ワンダーランド
アリス=紗良・オット , バイエルン放送交響楽団 , エサ=ペッカ・サロネン

特薦ロゴ

 アリス=紗良・オットの演奏は、ベルリンでのグラモフォン・コンベンションで、親しく接した。本アルバムのタイトル「ワンダーランド」に掛け、「私はアリスだからワンダーランド」とまず笑いを取ってから、グリーグの抒情小曲集第3巻作品43「蝶々」を演奏。繊細で、すがすがしく、飛翔のヴィヴットさに感動。実に透明なピアニズムだった。その後、ショパン・ノクターンの憂愁と、ラ・カンパネラの色彩爆発の対比にさらに感動。

 というわけで、生を聴いた後のハイレゾだ。ピアノ協奏曲イ短調はピアノの些細な表情の変化が捉えられ、オーケストラもひじょうに解像度が高い。オーケストラとピアノのバランスも好適だ。ソロピアノの音も素晴らしい。ディテールまで繊細に、そして尖鋭だ。ペールギュント「山の魔王の宮殿」の透明感の高い音色での、クールで闊達な音進行も刮目だ。無限のハーモニーが飛び散るよう。2015年1月と2016年4月にミュンヘンとベルリンで録音。

FLAC:48kHz/24bit
Deutsche Grammophon、e-onkyo music

BIRDLAND
M.Sasaji & L.A.Allstars

特薦ロゴ

ジャズピアニストでプロデューサー、作曲家、編曲家の笹路正徳氏をリーダーに戴くビッグバンド、L.A.Allstarsの豪快なジャズスタンダード集。DSDジャズとして名盤の誉れが高いアルバムだ。

編曲も笹路氏。ロサンゼルスの一流スタジオミュージシャンだけあり、実に爽快で緻密な演奏。鮮烈な音と鮮烈なジャズだ。1曲目タイトルチューン「バードランド」。快適なノリとテンポ感で音楽が進行。序々に編成を増やしていくが、リズム的にも、また音的にもまったくだれないのは、ミュージシャンの優秀さと、DSD録音の高性能さのかけ算だ。

一般にDSDはジャズに似合わないとされるが、いやいや、本作品の音的な充実度と、音楽的なボキャブラリーの豊富さは、DSDが本来持つ表現力に大いに由来していることが、聴くと分かるのである。4曲目「マイ・フェイバット・シングス」は明確なステレオ効果と共に、音場感が立体的だ。楽器の直接音が鮮烈なだけでなく、DSD的な豊潤な空気感もリッチだ。2000年にDSDマスターレコーダーにて録音。

DSF:2.8MHz/1bit
Sony Music Direct(Japan)Inc. e-onkyo music

Respirar
Ema

推薦ロゴ

キューバのセサル・ロペス氏をプロデューサーに迎えた、新星ジャズシンガー、Ema(エマ)のデビュー作。日本曲をキューバ流のアレンジでどう料理されるかが聴きものだ。3曲目、サックスのおしゃれなオブリガードから始まる「卒業写真」。日本の卒業式のしっとりとした情緒というより、アーバンで、モダンな雰囲気。さらっとした愛の歌という感じだ。

ユーミンの粘性の高い歌いの卒業写真に慣れていると、こんなフレッシュでヴィヴットな卒業写真があったのかとまさに新鮮な驚きだ。ピアノとアコースティック・ギターの前奏から始まる12曲目の「いい日旅立ち」。これまた山口百恵のもののあわれを感じさせる情感とはまったく違って、気軽に近郊へ繰り出すハイキングだ。声の擦れと、外人風の日本語の発音が、意外な心地よさ。

FLAC:88.2kHz/24bit
Sony Music Labels Inc.、e-onkyo music

Live At Abbey Road
GoGo Penguin

推薦ロゴ

イギリスのジャズバンド「ゴーゴーペンギン」の最新アルバム。1曲目、Branches Break[Live]。冒頭のエレクトリックピアノの和音弾きが印象的に始まり、オブリのようなピアノの旋律が、明確な隈取りで語られる。リズムとベースが加わるあたりになると、この曲の姿が見えてくる。

ゆったりとしたピアノの旋律を、音価を細かく刻むドラムスとベースが支える。細かな動的バイブレーションと、悠然たる旋律の対比の面白さ。248kHz/24bitだが、しっかりとした音調で、各楽器の実体感と存在感は確実に感じることができる。

FLAC:48kHz/24bit
Decca、e-onkyo music

Juan Diego Florez - The Ultimate Collection
Juan Diego Florez

推薦ロゴ

ペルー生まれのリリックテノール、テナフアン・ディエゴ・フローレスのデビュー以来15年のベストセレクトだ。3曲目の「Donizetti: L'elisir d'amore / Act 2 - "Una furtiva lagrima"、愛の妙薬から人知れぬ涙」。バスーン、ハープが明確な音像を持ち、テノールはセンターにきちんと定位。基本的に声質はスウィートだが、輪郭はシャープ<6753>

尖鋭な音の表皮に包まれ、音の内側は弾力感のある麗しさが、本テノールの音色的魅力。メタリックな輝きを表側に持つマシュマロだ。音場はひじょうに透明で、オーケストラのサウンドもすがすがしい。

15曲目「Lacalle: Amapola、アマポーラ」。愛の歌はどこまでも甘く、優しく、叙唱はクリヤーだ。硬質な高域がキラキラしている。やわらかさとシャープ<6753>さが同居するのが、フローラの声の絶大なる魅力だ。

FLAC:48kHz/24bit
Decca 、e-onkyo music

プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第三番 - バルトーク:ピアノ協奏曲第二番
Lang Lang

推薦ロゴ

2014年に、「ザ・ハイエスト・レベル」とのタイトルでBD、BDオーディオで発売されていたドキュメンタリー映像作品音源のハイレゾ配信版だ。

素晴らしい演奏と録音。ベルリン・フィルハーモニーホールの透明なソノリティを活かし、オーケストラ、ピアノともに実にクリヤー。会場の空気が清涼だ。ランランの超絶テクニックも、眼前の直接音というより、このホールのBブロック(2階正面)で、直接音とホールトーンのちょうど良いブレンドで聴いてるような、コンサート的な臨場感だ。スタジオで録音したならば、ピアノもオーケストラもディテールまで明瞭に収録するところだが、これはこれでこのホールならでのソノリティが心地良い。もっと細部まで明瞭に聴きたい気はするが。

FLAC:96kHz/24bit
Sony Music Japan International Inc.、e-onkyo music

Nullset
The DUO (鬼怒無月+鈴木大介)

推薦ロゴ

NULLSETとは数学用語で「空集合」のこと。音楽的には、特定のジャンルに偏らずに、広い範囲をカバーしようとの思いからのネーミングだろう。前衛ジャズギタリストの鬼怒無月、クラシックの鈴木大介が2007年に結成したデュエットだ。通算5枚目にして、はじめての全曲オリジナル作品集。

1曲目、「Voice of Calling Sun ~ 太陽を呼ぶ声」。ひじょうにナチュラルで、尖鋭。アコースティックの温かさと、弦の振動の生々しさが同居する。音場はセンターを中心にやや右に鈴木、やや左に鬼怒が定位する。4曲目「Lovers ~ 恋人たち」。ハーモニーと旋律が明確に役割分担され、それが曲の進行とともに攻守ところを変えるのが面白い。ギターの直接音が重視された明確、明瞭な録音だ。

WAV:96kHz/24bit
FLAC:96kHz/24bit
DSF:5.6MHz/1bit
DSF:11.2MHz/1bit
Silent, Inc.、e-onkyo music

Vinicius canta Antonio Carlos Jobim
Vinicius Cantuaria

推薦ロゴ

ブラジル出身のシンガー・ソングライター、ヴィニシウス・カントゥアリアの“ボサ・ノヴァの父”アントニオ・カルロス・ジョビンへのオマージュアルバム。9曲目の「イパネマの娘、Garota de Ipanema」。冒頭のギターが生々しい。編成はヴォーカルに加えギター、パーカッションというシンプルなものだが、ボーカルは音像がひじょうにワイドで、センターにいるのだが、体積感が音場を広く覆う。でも、決して不自然ではなく、優しげな叙唱はこの曲の持つ雰囲気を上手く表している。力まず、ジェントルな感情で、しっとりと歌うヴォーカルが魅力的。

10曲目「フィリーシダFelicidade」。リズムの細かな刻みに乗って、ゆったりとした、気持ちのよい叙唱が続く。ナチュラルで、人工味を排した録音は耳に優しい。

WAV:96kHz/24bit
FLAC:96kHz/24bit
WAV:192kHz/24bit
FLAC:192kHz/24bit
DSF:2.8MHz/1bit
DSF:5.6MHz/1bit
SONG X JAZZ、e-onkyo music

Arietta
tico moon

推薦ロゴ

tico moon(ティコムーン)はハープとギターのデュエット。2001年7月、ハープ奏者の吉野友加とギター奏者の影山敏彦によって結成された。3年ぶり、通算8枚目のアルバムだ。ふたつの楽器は音調がまったくが違うが、どちらも撥弦楽器であり、その意味で同調性が高い。音色が異なるので、どちらの楽器も立つ。

1曲目Clematis。右側のギターのアルペジォに乗って、左のハープが旋律を奏でる。気持ちの落ち着くアンサンブルだ。弦の弾きから発せられる音が音場に拡散していく様が美しい。2曲目Waltz for Rosemary。しっとりとしたワルツ。オーケストラでのハープはグリッサンドが中心だが、旋律楽器としても見直すべきだ。3曲目は遊佐未森の歌で「ラズベリー 」。遊佐のアニメ声のようなラブリーボイスとギター、ハーブとの融合は素敵だ。

WAV:96kHz/32bit
333DISCS、e-onkyo music

アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年10月29日(土)12時30分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】