Moto Z&光学10倍カメラ「Hasselbrad True Zoom」の発熱傾向や撮影性能を丸裸に

アスキー 10月29日(土)17時00分配信
Moto Z Moto Mods
Moto Z&Hasselbrad True Zoom

 モトローラの新作として登場した「Moto Z」と「Moto Z Play」。モトローラらしさのあるデザインでキュンキュンしている読者もいると思う。

 さらに、この2製品には「Moto Mods」と呼ばれる変態性に富む外部拡張ユニットが用意されており、カメラやバッテリー、スピーカー、プロジェクター、背面カバーがある。今回はそのひとつ「Hasselbrad True Zoom」を確保できたので、Moto Zと合わせてチェックしていく。

持つ欲しくなる、かっこいい系のMoto Z

 Moto Zは5.5型のWQHD解像度(2560×1440ドット)AMOLEDを搭載し、軍用機グレードのアルミニウムシャーシ採用した最薄5.19ミリの極薄スマホだ。

 重量は約136グラムと、5.5型機勢のなかでは軽いほうであり、質実剛健な見た目もあいまって、手に持つと妙に欲しくなってしまう魅力がある。ノートPCのNEC<6701>製「LAVIE Direct HZ Hybrid ZERO」で、似た衝動を感じたのであれば、そのスマホ版なインパクトだ。

Moto Z Moto Mods
本体正面
Moto Z Moto Mods
本体背面
Moto Z Moto Mods
側面から見ると最薄5.19mmがよくわかる
Moto Z Moto Mods
SIMスロットは本体頂部にある
Moto Z Moto Mods
カメラユニット部分のみ盛り上がっている。アウトカメラの左にはレーザーAFセンサーがふたつあり、ひとつは照射で、もうひとつはその反射を受け取るとのことだ

 薄さから堅牢性が気になるところだが、この部分は相当意識しているようで発表会では、内部に分厚いシャーシを用意して、折り曲がりにくくしているとの説明を受けている。これは実際に軽くテンションを掛けてみるとよくわかる部分であり、安心感につながるだろう。

 また、パネル用の強化ガラスは、Gorilla Glass 4を採用している。強化ガラス自体の厚さは不明だが、軽く捻ってみた感触からすると、厚みのあるものを採用しているようだ。

 スペックは下記表の通りで、Snapdragon 820、メモリー4GB(LPDDR4)、ストレージ32/64GB、バッテリー2600mAhと、現行のハイエンド端末らしいものとなっている。またパネルは上記しているように、AMOLED(2560×1440ドット)、535ppi。解像度とppiからするとスマホ用VRゴーグルとも相性がいいだろう。

 気になる部分としてはバッテリー容量だが、モトローラがいうTurboPowerに対応しており、15分の充電で最長7時間動作分の充電が可能なので、たまに充電するだけに済ませやすい。

 もうひとつ。iPhone 7シリーズでもだが、Moto Zもヘットフォン端子を搭載しておらず、USB type-Cを変換して使用する方式となっている。変換アダプターはパッケージに付属しているのだが、店頭ではあまり見ないものなので、ロストをすると悲しみを背負いそうである。

内部レイアウトが変態

 OSはAndroid 6.0.1でAndorid 7.0へのアップデートが予定されている。また、独自機能は極端に少なく、Nexus的な側面が強く、カスタマイズするにしても、そのまま使うにしても素直な端末という印象を得る人が多いだろう。ここではベンチマークと、超薄型なので放熱具合が気になったのでチェックしてみた。

 ベンチマークは3DMarkとAnTuTu Benchmarkを実行した。スコアとしては十分なものだが、ほかのSnapdragon 820搭載機よりもややスコアは低くなった。

 薄さからすると当然な印象もあるが、発熱を抑えるためにある程度の制限を入れている可能性がある。といってもスコアとしては十分に高く、大半の用途に耐えるだろう。

Moto Z Moto Mods
3DMark
Moto Z Moto Mods
AnTuTu Benchmark

 放熱具合を見てみると、内部レイアウトの変態っぷりを発見できた。大半の端末でSoCは本体上部に位置しているが、Moto Zは下部にある。3DMarkを30分ほど実行してみたところで、温度がもっとも高い部分をあぶり出せた形だ。

 本体正面だと指紋センサーの上部、本体背面だとMoto Mods用端子付近がもっとも温度が上昇し、最高温度となった41.1度は指紋センサーの真上になった。

 これは持ってみると納得がいく部分で、操作している際にあまり触れない場所だ。また背面については、日本ではなく、アメリカ人の手のサイズが前提だとすると、つかんでみた場合、まず触れないエリアになる。日本人の場合は手のサイズから発熱が気になりやすい可能性があるだろう。

 また、放熱は薄型らしく素早く、普段使いの範囲だと熱が気になることは少ない。なかなかクレバーな設計だ。

Moto Z Moto Mods
本体正面の温度分布。指紋センサーとパネルの間の温度上昇が目立つが、ほとんど触れない部分だ
Moto Z Moto Mods
本体背面の温度分布。MotoMods用端子周辺が高い
Moto Z Moto Mods
側面はというと、計測では35.5度。人肌と近しい温度なので気になりにくいといった判断だろう

Hasselbrad True Zoomをセットした途端に溢れる変態感

 では、Hasselbrad True Zoomを見ていこう。Moto Modsの取り付けはカンタンだ。Moto Mods側に内蔵されたマグネットより、あっさりと接続が完了する。

 なお、今回のサンプルデータは、2017年開通予定の東京外郭環状道路(千葉県区間)を見学しつつ撮影したものが大半だ。

Moto Z Moto Mods
Hasselbrad True Zoom
Moto Z Moto Mods
裏面には接続用の端子がある。これで本体間とデータ通信を行なう
Moto Z Moto Mods
並べてみると向きを間違える要素がないと分かる
Moto Z Moto Mods
Hasselbrad True Zoomにはキャリングケースが付属しているが、ケースではなく、本体かHasselbrad True Zoomにストラップホールが欲しかった

 Hasselbrad True Zoomは、モトローラとハッセルブラッドがコラボしたもので、ハッセルブラッドのロゴも存在している。ユニットの性能を見てみると、サイズは152.3mm×72.9mm×9.0〜15.1mmで、Moto Zに接続すると一部のミラーレス機よりも大きくなる。

 センサーは12MP(裏面照射型CMOS、1/2.3インチ、1.55µm)、焦点距離は35mm換算で25〜250mm、F3.5〜6.5、ISO100〜3200まで対応。また、最短撮影距離は5cm〜1.5mで、光学手ぶれ補正(ビデオ時はデジタル手ぶれ補正)も搭載している。コンパクトデジタルカメラのユニットがそのまま搭載されていると思っていい。

Moto Z Moto Mods
25mm時の状態
Moto Z Moto Mods
250mm時の状態、ちょっとレンズが伸びる
Moto Z Moto Mods
キセノンフラッシュを採用

 また、Hasselbrad True Zoom接続時のMotoカメラには、専用メニューが追加されるのだが、機能は少なく、オートで撮影する場合にはカメラ任せでいい。

 ただ、プロフェッショナルモードを選んだ場合は通常のMotoカメラの機能をそのまま使っているため、機能的な差はあまりない。

 なお、Moto Z本体のアウトカメラは13MP(1.12um)、F1.8、光学手ぶれ補正で、センサーの素性についての情報開示はなされていない。

Moto Z Moto Mods
左上にあるものが、Hasselbrad True Zoom専用メニュー
Moto Z Moto Mods
専用メニューはざっくりしている
Moto Z Moto Mods
カメラの設定にはシャッター音のスイッチがあるものの、オフにはできず
Moto Z Moto Mods
Hasselbrad True Zoom用の設定もあるが、最小限だ

 まずはHasselbrad True ZoomとMoto Z本体のカメラの違いを見てみよう。Hasselbrad True Zoomは適正露出に寄る傾向が強く、F値は基本的に開放といった動きをする。

 Moto Z本体のアウトカメラは+0.3〜0.7EV明るく出すことが多く、状況によってはHasselbrad True Zoomよりもいい感じということもあった。

Moto Z Moto Mods
Hasselbrad True Zoom。識別のため、4:3にしている(※この画像をクリック/タップすると、無圧縮の画像を表示します)
Moto Z Moto Mods
こちらはMoto Z。識別しやすいように、16:9で撮影している(※この画像をクリック/タップすると、無圧縮の画像を表示します)
Moto Z Moto Mods
Hasselbrad True Zoom(※この画像をクリック/タップすると、無圧縮の画像を表示します)
Moto Z Moto Mods
Moto Z本体のほうが雰囲気が出ている(※この画像をクリック/タップすると、無圧縮の画像を表示します)
Moto Z Moto Mods
カフェでのカット。Hasselbrad True Zoomのほうが美味しそう(※この画像をクリック/タップすると、無圧縮の画像を表示します)
Moto Z Moto Mods
Moto Z本体だと少し沈んでしまった(※この画像をクリック/タップすると、無圧縮の画像を表示します)
Moto Z Moto Mods
東京外郭自動車道田尻工事において京葉JCT(Aランプ)を掘削中のシールドマシンで見ると、Hasselbrad True Zoomの場合はマッシヴ(※この画像をクリック/タップすると、無圧縮の画像を表示します)
Moto Z Moto Mods
Moto Zだと思ったよりも明るく出てきた。好みの世界になりそうではある(※この画像をクリック/タップすると、無圧縮の画像を表示します)

Hasselbrad True Zoomでさらに遊んでみよう

 ここからはHasselbrad True Zoomの使い勝手をさらにチェックしていこう。起動は十分に速く、Moto Zがスリープ状態とき、Hasselbrad True Zoomの電源ボタンを押すと、Motoカメラが起動して、素早く撮影に入れる。

 また、ほかのカメラアプリを起動した場合は、Hasselbrad True Zoomをアウトカメラとして取得しているため、そのまま使用可能だ。バッテリー消費は、通常よりもやはり速くなってしまうが、充電速度は速いため、許せる範囲だろう。

 撮るまでの流れで言うと、光学5倍以降はフォーカスが遅めで、また光学8倍以降は少し暗いところでもフォーカスが迷いがちなところが気になった。ちなみにEXIFでの製品名は「HB4116」。

 シャッターを切ったあとの処理は速く、下手なコンパクトデジタルカメラよりも快適。そして、ワイ端で5cmまで寄れるマクロ撮影と光学10倍ズームはやはり便利だ。贅沢を言えば、もっとハッセルブラッドっぽさを強くしたり、撮影モードを詳細にしてくれたり、F値を変更できたり、ズームレバーの反応速度を調整できたり、といった特徴をMotoModsのファームウェアアップデートにで適応してくれるとうれしい。

 なお、キセノンフラッシュは光量はいいのだが、色がよくなく、補正必須になることが多かった。

Moto Z Moto Mods
Hasselbrad True Zoom装着後もプロフェッショナルモードは、とくに変化はない
Moto Z Moto Mods
光学1倍の状態。場所は東京外郭環状道路(千葉県区間)・松戸インターチェンジ付近(※この画像をクリック/タップすると、無圧縮の画像を表示します)
Moto Z Moto Mods
光学10倍の状態。光学1倍のときははるか遠くにあった車両が大きく写っているだけでなく、半地下構造であることがよく分かる採光部を見ると、望遠圧縮も確認できる。またズームレバーを動かすと倍率変更が速すぎであり、狙ったところで止めにくい(※この画像をクリック/タップすると、無圧縮の画像を表示します)
Moto Z Moto Mods
京成線交差部(防音ハウス内部)はやや暗めであり、手ぶれが心配だったのだが、手ぶれ補正の効きはいいようで、少しだけしっかり構えるくらいで済んだ。光学10倍の場合は、光線状況問わず、シャッター押下時にブレやすくなるので、よりしっかりと構えたほうがいい(※この画像をクリック/タップすると、無圧縮の画像を表示します)
Moto Z Moto Mods
京成線交差部の足場で解像感を見てみると、端になると甘いが中央部はおもったよりも良好だった(※この画像をクリック/タップすると、無圧縮の画像を表示します)
Moto Z Moto Mods
逆光の場合は、けっこう粘ってくれるため、カメラ任せでも雰囲気が出やすい。このあたりはRAW現像をする場合にも体感しやすい。また描写からすると、光学1.5〜7倍あたりで考えていくといいかも。この写真は38mm(※この画像をクリック/タップすると、無圧縮の画像を表示します)
Moto Z Moto Mods
58mmあたりがお気に入り(※この画像をクリック/タップすると、無圧縮の画像を表示します)
Moto Z Moto Mods
テキトーに撮っていると急に雰囲気ある絵になることも(※この画像をクリック/タップすると、無圧縮の画像を表示します)
Moto Z Moto Mods
少し対話をしないといけないカメラなのだが、ISO800までと決めて、プロフェッショナルモードで設定を変更しつつ、遊んでみると分かりやすいだろう(※この画像をクリック/タップすると、無圧縮の画像を表示します)

 設定から「カラー(RAW+JPEG)」を選ぶと、DNGも保存されるようになる。JPEGで保存の場合、ある程度、歪み補正が効いているのだが、DNGの場合はその補正はオフになっており、25mm時はとくに樽状の歪みがキツい。カラープロファイルはDNGはAdobeRGB、JPEGはsRGBと分けてくれる点は地味に便利だ。なお、ファイルサイズは1枚約26MBになる

Moto Z Moto Mods
カラー(RAW+JPEG)で撮影したJPEG側(※この画像をクリック/タップすると、無圧縮の画像を表示します)
Moto Z Moto Mods
Camera Raw Filterで趣味炸裂にしたもの。ハイライト側はそれほど粘ってくれない。掘削中のトンネルは大変よろしい(※この画像をクリック/タップすると、無圧縮の画像を表示します)
Moto Z Moto Mods
直径13.27mの泥土圧シールドマシンをだいたい正面から。設定はオート。電子水準器とグリッドライン機能がほしいと思ってしまったのだが、JPEGだとだいぶ軽い雰囲気になってしまった(※この画像をクリック/タップすると、無圧縮の画像を表示します)
Moto Z Moto Mods
歪み補正をしつつ、各色を調整してみたもの。細かく色ごとに調整できるため、Hasselbrad True Zoomを弄りたい倒したい人の欲求にも答えてくれるだろう(※この画像をクリック/タップすると、無圧縮の画像を表示します)

楽しめるMotoModsの光学10倍カメラ

 気軽に撮りたいときはMoto Z、クセと対話しながら良いところをより引き出してみるならHasselbrad True Zoomといったスタートがいいだろう。

 チェックしてきたようにそれぞれ路線は異なるので、Moto Z単体でしばらく使ってみて、マクロや光学ズームがほしいと感じたときにMoto Modsとして追加してみるのもいい。ともあれフツーのスマホはイヤだというなら、オススメの構成だ。

■Amazon.co.jpで購入
アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 10月29日(土)17時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】