高級HPAで、ヘッドフォンからハイレゾの情報量を引き出せ

アスキー 10月30日(日)12時00分配信

 10月22日、23日の2日間にわたり、中野サンプラザで「秋のヘッドフォン祭2016」が開催された。そこで展示されたヘッドフォンを最高の状態で鳴らすためのヘッドフォンアンプたちに注目した。

クラスAと真空管にこだわる「Cavalli Audio」

 Cavalli Audioは2006年にAlex Cavalli博士によって創立されたヘッドフォンアンプメーカーである。ヘッドフォンオーディオをテーマにした、世界最大のフォーラム「Head-Fi」から巣立ったブランドだ。

 平面駆動型ヘッドフォンのMrspeakersと密接な関係があり、推奨するヘッドフォンアンプの中にCavalli Audioの製品が含まれている。設計者のダン・クラーク(Dan Clark)氏も開発中の静電型ヘッドフォン(ETHER Electrostatic)のデモにCavalli Audioのアンプに使っている。今まではWebサイトの通販が中心だったが、これからは代理店を通して販路を広げたいとのこと。

 製品は今回、初登場したポータブルモデルから、50万円を超えるハイエンドモデルまで揃っている。2015年に限定500個で発売したLiquid Carbonが人気となり、プレミアムが付いたために今年、再注文を開始した。

秋のヘッドフォン祭 2016
Liquid Carbon

 「Liquid Carbon」は一見ポータブルアンプだが、AC電源駆動の小型ヘッドフォンアンプ。オペアンプを使わないディスクリートのクラスAアンプで、完全なバランス構成。入力はXLRバランス、RCAピン端子とφ3.5mmステレオミニ端子のアンバランスを装備。出力はXLR4pinバランスとアイリス角型端子のバランス、アンバランスは標準プラグ用を装備。ゲイン切り替え機能搭載だ。

秋のヘッドフォン祭 2016
Liquid Speak

 DC電源を内蔵した同社初のポータブルアンプ「Liquid Speak」の試作機。フルディスクリート、フルバランスのクラスAアンプを採用。クロームメッキ仕上げだが指紋が付きやすいという理由から、サンドブラストかマット仕上げになるとのこと。このままの方がクールなデザインなのに残念だ。

秋のヘッドフォン祭 2016
Liquid Lighting T

 Mrspeakersがデモ用に使っている「Liquid Lighting T」。静電型ヘッドフォン専用のヘッドフォンアンプ。ソリッドステートモデル「Liquid Lighting」の真空管バージョンとなる。出力端子はカバリオーディオのカスタムメイドのスタック互換端子を装備。音量調整には電気的な接点を嫌いLEDとフォトレジスタを使ったボリュームを採用している。

秋のヘッドフォン祭 2016
Liquid Tungsten

「Liquid Tungsten」は開発中のフラッグシップモデル。真空管とソリッドステートのハイブリッドモデルで、電源部にはスイッチングレギュレータが使われている。その音質は解像度が高く、ハイレゾ音源が楽しめるだけでなく、わずかに真空管らしい心地良い響きがのっていた。まだ基板しかなく発売時期・価格ともに未定だ。

新進気鋭のポータブルオーディオブランド「AROMA」

 AROMAは香港発のポータブルオーディオメーカーで、12ドライバー搭載のBA型ユニバーサルイヤフォン「Witch Girl 12」を発売したことで話題になっている。そのルーツは1台のポータブルヘッドフォンアンプ「A10」から始まった。小型化による弱点とされている電源部に着目して±15Vの電圧を供給できるできる独自の電源回路を設計。これによってパワフルな音を実現している。また、屋内で使う場合は外部電源ユニットに接続することで、さらなるパワーアップができる。

秋のヘッドフォン祭 2016
A10の内部

 「A10」は工具を使わずに回せるネジを外せば、内部にアクセスしてオペアンプが交換できる。初期状態ではMUSES8920とTI/OPA2604APが搭載されている。純正オプションで交換用オペアンプのセットと1回路用オペアンプを使ってデュアルモノ駆動するためのOpaKitも発売されている。

 今回は展示されていなかったが、2017年にはDSD256に対応したポータブルDAC&ヘッドフォンアンプ「NEBULA N10」の発売を予定している。

秋のヘッドフォン祭 2016
Witch Girl 12

 試聴可能な「Witch Girl 12」の量産型が展示された。12ドライバーを搭載したBA型ユニバーサルイヤフォンでリケーブル対応。低域4、中域4、高域2、超高域2の4Way構成。

 「Witch Girl 12」を鳴らしていたのが「A10」である。中低域に厚みがある音で、分解能が高くS/N感もいい。ゲイン切り替え機能で幅広いモデルに対応できる。

秋のヘッドフォン祭 2016
インターフェイスはフロンパネルに集められ、左からステレオミニの入力端子。ゲイン切り替え、ボリューム、ステレオミニの出力端子となる。
秋のヘッドフォン祭 2016
背面には専用の外部電源用端子と充電用のmicroUSB端子と電源スイッチがある。
秋のヘッドフォン祭 2016
サイズは幅69×高さ26.5×奥行き109mm、270g。連続使用7時間、充電5時間。

人気の「Mojo」をLightningと直結するアダプター

 CHORDはイギリスのオーディオメーカー。多くのメーカーが汎用のDACチップを使う中、FPGAを使い独自のアルゴリズムでD/A変換をすることで有名である。ポータブル向けでは「Hugo」やこれをさらに小型でハイコスパにした「Mojo」があり、ブレイク。S/N感がよく独自の透明感があって繊細かつなめらかな音質が特徴だ。デジタル入力は光/同軸デジタル、Micro-USBに対応する。

秋のヘッドフォン祭 2016
Mojoへの取り付けはワンタッチでガッチリ固定され、外れる心配はなさそうだった。

 さてこのMojo、iPhone 7などのLightningケーブルと直接接続ができないのが弱点だったが、今回展示された「Mojo専用アダプター+ケーブルキット」を使えば直結が可能になる。1本のケーブルで接続でき、使い勝手は大幅に向上するが、「Mojo」の幅に合わせてここまで大型化する必然性があったのかは疑問だ。今回も残念ながら参考展示で発売時期・価格ともに未定だった。

秋のヘッドフォン祭 2016
Apple純正の「Lightning to USB Camera Adapter」を使うことでシンプルな接続を実現する。

ベストセラーモデル「FiiO E12A」の後継機「A5」が登場!

 FiiOはオヤイデ電気が輸入代理店になっている中国のオーディオブランドである。主に北米、ヨーロッパ、アジアなど合わせて60ヵ国以上に販売されている。ポータブルハイレゾプレーヤー、ポータブルアンプなどを製造しており、キレのいい音とハイコスパなことから国内にも多くのファンが存在する。最新モデルの「X7」はアンプ部をモジュラー化することで、バランス駆動やハイパワーアンプに交換できるユニークな方式を採用している。

秋のヘッドフォン祭 2016
ボディはチタンカラーのサンドブラストで、素材には薄手のアルミ合金が使われレいる。サイズは幅65.5×高さ14.5×奥行き124mm、168g。

 スリムで解像度の高いハイパワーポータブルヘッドフォンアンプ「E12A」は、オペアンプに新日本無線<6911>のMUSES02とバッファー用のLME49600のペアを採用。180分充電で連続駆動時間約20時間以上を誇った。

 今回参考展示されたのは、ハイパワーモデルだった「E12」とIEM専用設計だった「E12A」のいいとこ取りをした「A5」である。出力600mW(16Ω)、最大出力電圧19Vp-p、連続駆動時間13時間、重さ168gとなった。オペアンプは「12A」を引き継ぎMUSES02とLME49600のペアを採用した。「E12/12A」が生産完了となってから後続機を望む声があったが、ようやくそれが果たされることになった。

秋のヘッドフォン祭 2016
純粋なアナログアンプなので入力はφ3.5mmステレオミニジャックを装備。ゲイン切り替えとバスブースト機能がある。

 発売時期や価格は未定だが、試聴は可能で解像度が高く粒立ちのハッキリした音でハイレゾ音源向きに感じられた。

マス工房が開発中の「model405」「model406」を開発中

 マス工房はプロ用のマイクロフォンとへドッフォンアンプを作る日本のメーカーである。そのマイクはNHKを始め民放各局で使われているという。ラジオ放送、CD制作現場でも活躍中だ。

 この色付けのない音に魅了された海外のオーディオマニアからAKシリーズで使えるバランス対応のモバイル用モデルの開発依頼があり、単3電池6本で駆動するポータブルヘッドフォンアンプ「model404」が製品化された。

秋のヘッドフォン祭 2016
ポータブルアンプの最新モデル、マス工房「model404」。単3電池6本でbeyerdynamic「T1 2nd Generation」やSENNHEISER「HD800」などの低能率ヘッドフォンをしっかりドライブする能力を持つ。鮮明で解像度の高い音だ。直販価格17万2800円+送料1500円。

 完全バランス駆動アンプで入力はφ2.5mmまたはφ3.5mmの4ピン端子から選択、出力はXLRの4ピンとφ2.5mmまたはφ3.5mmの4ピン端子を選択できる。AKシリーズと合わせて使うためφ2.5mm端子が人気だ。アンバランス入力と出力もあり、スイッチで切り換える。受注生産なので使用するヘッドフォンまたはイヤフォンに合わせたゲイン調整にも対応する。また、Micro-USB端子による給電にも対応する。

秋のヘッドフォン祭 2016
「model405」と「model406」の外形サンプル。実は中身も入っているようで片手で持ち上がらないほど重かった。フロントパネルはシンプルなアルミのヘアライン仕上げ。
秋のヘッドフォン祭 2016
「model405」のリアパネルにはユニットがズラリと並ぶ。全部入れるとアナログプレーヤー対応のDACプリということになる。「model406」は潔くバランス入力が1系統あるのみだ。ヒューズが250V/15Aというのがスゴイ。

 同社が現在開発中なのがフラッグシップモデルのバランス駆動プリアンプとパワーアンプだ。パワーアンプは左右独立電源でボリュームなし、+4dBm専用を予定。どちらもスピーカーが駆動できるほど超強力な電源を載せるそうだ。

 プリアンプはプロ機材で使われるユニット方式を採用して、RCA(アンバランス)、XLR(バランス)、デジタル入力、RCA(PHONO)の中から必要な最大7ユニットを選んで搭載できる。完成は2017年後半で、年間製造数は10~15台、予定価格はアナログ入出力各1で約80万円、最大構成で180万円。パワーアンプは約80万円を予定。次回、どこかで展示するときは音の出せる試作機を用意したいそうだ。

OJI Specialのフラッグシップモデル「BDI-DC44B G Tuned」

 OJI Specialは、日本の山陽化成が作るハイエンドオーディオブランドで、デジタル音源の再生をスピーカー以外は自前のシステムでまかなえるような製品を開発している。現在までにデータープレーヤー、D/Aコンバーター、マスタークロックジェネレーター、ヘッドフォンアンプなどを製品化した。

 早い時期からデジタルの位相雑音に注目しており、MTCSSと呼ぶユニットを使うことで、外部クロック入力を持たないCDプレーヤーやPC、NASなどのデジタルデータを10MHzの外部マスタークロックで同期できる。

 今回、登場したのは原子クロックの次に高精度といわれるルビジウムクロックを搭載したマスタークロックジェネレーター「D_RMC-01」(147万円)。そして、完全バランスヘッドフォンアンプ「BDI-DC44B G Tuned」である。

秋のヘッドフォン祭 2016
「D_RMC-01」にも高剛性HiRISインシュレータが採用されている。同社の製品は今後、全てこのスタイルになることが予想される。

 D_RMC-01はは信号<6741>の伝送特性を重視して設計されたマスタークロックで、クロックの揺らぎに関しては発振器の特性だけでなく回路や電源などを総合的に追求したという。クロック信号<6741>にサイン波と矩形波が選択できる機能があり、試聴させてもらうと確かに両者に音色の違いがあった。ちなみにルビジウムクロックの精度は10億分の1~1000億分の1で、50万年~500万年に1秒しかズレない計算になる。

秋のヘッドフォン祭 2016
出力はアンバランスがステレオ標準端子、バランスはXLR3pin×2とXLR4pinが装備されている。

 BDI-DC44B G Tunedは4つの独立した電源とアンプを持った理想のバランス再生を目指したヘッドフォンアンプで、共通インピーダンスを徹底的に排除、リターンラインも1点式アースを採用して、クロストーク、ノイズ誘導、混変調歪みを防いでいる。また、合計で200VAという超強力な電源を搭載して他チャンネルだけでなく、バランス駆動も互いの影響を受けないように設計されている。

 メカニカルアースを取るため高剛性HiRISインシュレータを採用。フロントパネルとリアパネルに精密加工した脚部を取り付けた3点支持として、接地部分はスパイクかフェルトが選択できる。従来モデルの倍の50W×4ch×±2電源、合計8個の強力な電源部が、静けさの中から音楽が浮かび上がるような新次元の音を体験させてくれた。

 BDI-DC44B G Tunedは95万8000円(受注生産)。納期およそ1ヵ月半。

ステレンス削り出し、予定価格5万ドルのハイエンドモデル

 RE・LIEFは元ソニー<6758>開発部門の中山邦男氏が設計する帰還型電流駆動アンプを採用したヘッドフォンアンプのメーカーである。

 DAC内蔵の「E1」とDACレスの「Ea1」を販売している。あとはそれに付随したスタンドやインシュレーターなども製品化している。今回、展示されたのは海外からの要望で作られたSUS304と呼ばれるステンレス合金のブロックから削り出した高剛性筐体を採用した「E1R」である。重さは10.3kg。

秋のヘッドフォン祭 2016
展示されている大理石のスタンドとボリュームノブはオプションで標準ではウッドが使われる。筐体は最厚部で端子から2~3cmあり高いシールド効果を発揮。

 約24kgのモノブロックから約10.3kgに削り出されたシャーシは継ぎ目がなく高精度な3次元曲面で形成され、燕市の匠によって手作業で鏡面仕上げされているそうだ。

 アナログ信号<6741>の入出力には純銀配線材を使い新部品を採用して音質を調律している。ボリュームは高精度ボールベアリングを採用。海外仕様の予定価格は5万ドルとのこと。入力も出力もXLR 3ピン×2のバランス接続のみに対応。デジタル入力はUSB-Bタイプ、オプションでS/PDIFに対応する。

秋のヘッドフォン祭 2016
背面にも継ぎ目がなく、上からUSB入力、バランスのアナログ入力、オプションのSPDIF入力、レモコネクターを使った電源部への接続端子となる。

 FOCALのハイエンドヘッドフォン「UTOPIA」で試聴する機会があったが、その音は極上でヘッドフォン祭で聴いた最上の音だった。

アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 10月30日(日)12時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】