デスクトップCPU&GTX 1070搭載ノートはVRと相性抜群だった

アスキー 10月31日(月)11時00分配信
note
「Lev-15FX097-i7-TNSV」

 2016年、HTC ViveやOculus Riftなどのヘッドマウントディスプレーが話題となり、PlayStation VRの登場によって今後さらに注目を浴びるであろうVRコンテンツ。PlayStation VRは、PlayStation 4とPlayStation Cameraがあればプレイできるのに対して、HTC ViveやOculus Riftは、VRを快適に動作させるパソコンが必要だ。

 VRは、90fps以上の描画を維持しないと酔うとされているので、それなりにパワフルなパソコンが必要となる。特にグラフィックスカードはNVIDIAだとGeForce GTX 1080/GTX 1070/GTX 1060くらいはほしい。なので、イベントなどでVRコンテンツを体験できるコーナーに行くと、VRヘッドマウントディスプレーはデスクトップパソコンと接続されているのがほとんどで、VRコンテンツをプレイしたい人が購入を検討しているのもデスクトップパソコンではないだろうか。

 イベントなどでVRコンテンツを紹介しているのをみると、必ずここまでデスクトップパソコンを持ってくるのは大変だったろうなと思う。また、自宅でVRコンテンツをプレイする場合、デスクトップパソコンとVRコンテンツがプレイできる空間のほかに、ディスプレイを置くスペースもないとプレイできない。

 そこで私がオススメしたいのが、ノートパソコンという選択肢だ。ノートパソコンであれば、デスクトップパソコンと比べればイベントなどに持っていくのも楽だし、自宅でもセッティング場所を比較的簡単に移動できる。ノートパソコンでVRコンテンツを快適にプレイできそうなマシンはなかなかないが、最近はGeForce 10シリーズを搭載するマシンもちょくちょく見かけるようになってきた。今回は、その中でもゲーミングブランド「iiyama PC LEVEL∞」の15.6型ノートパソコン「Lev-15FX097-i7-TNSV」を紹介したい。Lev-15FX097-i7-TNSVは、デスクトップ用のCPUとGeForce GTX 1070、M.2接続の256GB SSD、1TB HDDを搭載する、ハイスペックなノートパソコンだ。

note
通常のゲーミングパソコンよりゴツイ筐体だが、デスクトップパソコンと比べるとコンパクト

デスクトップ級のスペックをノートパソコンに詰め込んだ

note
マットなブラックの筐体。背面には大きな排気口がある

 Lev-15FX097-i7-TNSVは、およそ幅386×奥行267×高さ44mmと、15.6型ノートパソコンとしては大きいが、デスクトップCPUとGeForce GTX 1070を搭載していることを考えればコンパクトなサイズではないだろうか。デスクトップとは違い、大きなリュックなどのバッグであれば入れて持ち運べるのもノートパソコンならではだろう。

 本体背面には、大きな排気口があり、ゲームのプレイを開始するとここから中の熱を排出しだす。ハイスペック構成な分、熱も発生し、熱風を放出する音は結構大きいが、その分しっかりと熱を輩出しているので筐体があまり熱くならない。

 インターフェースが豊富なのも特徴だ。筐体左側にUSB 3.1/Thunderbolt 3端子(Type-C)、USB 3.1端子(Type-C)、USB 3.0端子×2、Ethernet端子、右側にUSB 3.0端子、USB 2.0端子、音声入力端子などを配置。背面には、HDMI端子とMini DisplayPort×2を備えている。

note
左側にはUSB 3.1/Thunderbolt 3端子(Type-C)、USB 3.1端子(Type-C)、USB 3.0端子×2、Ethernet端子を配置
note
右側にUSB 3.0端子、USB 2.0端子、音声入力端子などを配置
note
本体背面にHDMI端子、Mini DisplayPort×2を配置

 HTC ViveはHDMI端子とUSB2.0端子/3.0端子×1、Oculus RiftはUSB 3.0端子×3とUSB 2.0端子が必要で、Lev-15FX097-i7-TNSVはどちらの条件も満たしている。加えて、デスクトップパソコン並みのスペックを搭載しているので、快適にVRコンテンツがプレイできるだろう。そのほか、HDMI端子やMini DisplayPortでディスプレイと接続すれば大画面でゲームをプレイすることも可能だ。

 ディスプレイはノングレアのIPSパネルを採用している。FPSやMMORPGのPvP系コンテンツなど、一定時間集中してディスプレイを観続けるゲームをプレイする場合、映り込みが少なく目が疲れにくいノングレアを採用しているのは武器になる。また、何本か実際にゲームをプレイしてみたが、明るさや発色、コントラストもよく快適にプレイできた。視野角が広いIPSパネルなので、広範囲の角度からでもしっかりとゲームや動画などが楽しめる。

note
note
キーボードは色を変更できるLEDバックライトを内蔵

 キーボードはテンキー付きで、コントロール可能なLEDバックライトを内蔵している。重量が約3.6kgと重い分重心がしっかりしているので、FPSなどの激しい操作でもパソコンがずれない。ゲーミングキーボードほどではないが、打鍵感も悪くないので、あまりゲーミングキーボードにこだわりがない私は、別途キーボードを用意しなくても十分操作できた。ただし、タッチパッドを使ったゲームプレイはできなくもないが難しいので、ゲーミングマウスは用意したほうがいいかもしれない。そのほか、タッチパッド部分には、Windows Hello対応の指紋センサーがついている。

note
タッチパネルにWindows Hello対応の指紋センサーを搭載

 スピーカーはキーボード上部に搭載。音自体は悪くない印象だが、ゲームプレイ時は排気音がしているので、足音など細かい音にも敏感に気づかなくてはいけないFPSなどのゲームであれば、ゲーミングヘッドセットを使用したほうがいいだろう。動画鑑賞などであれば、十分スピーカーで楽しめる。また、24bit/192KHzのハイレゾオーディオ出力に対応するヘッドフォンアンプ「ESS SABRE HiFi Audio DAC」を搭載し、600Ωのヘッドフォンにも対応している。

ベンチマークの数値はほぼハイスペックなデスクトップ

 Lev-15FX097-i7-TNSVの一番の特徴は、デスクトップ用のCore i7-6700(3.4GHz)、GeForce GTX 1070、16GBメモリー、M.2接続の256GB SSD、1TB HDDを搭載する点だろう。そこで、Lev-15FX097-i7-TNSVでどれくらい快適にゲームやVRがプレイできるのか、各種ベンチマークを計測してみた。

 パソコンの総合的な性能を計測するPCMark 8の「Home accelerated」は、4927という結果に。ゲームの性能を計測する3DMarkでは、Fire Strikeが13393、Fire Strike Ultraが3862という結果だった。どちらの数値も、ほぼハイスペックなゲーミングデスクトップパソコン並み。ここまでの高スコアを叩き出すノートパソコンは、なかなかない。

note
Home acceleratedの結果
note
Fire Strikeの結果
note
Fire Strike Ultraの結果

 また、ストレージの速度を計測する「Crystal Disk Mark」のシーケンシャルリードが2101/秒という結果だったことにも注目したい。M.2接続のSSDを採用しているだけあって、書き込み/読み込み速度はかなり早い。

note
Crystal Disk Markの結果

 ゲーム系のベンチマークでは、「ドラゴンクエストX ベンチマークソフト Ver.1.4k」が最高設定、1920×1080ドット、フルスクリーンという設定で19573(すごく快適)、「ファイナルファンタジーXIV 蒼天のイシュガルド ベンチマーク」が高品質ノート、1920×1080ドット、DirectX 11という設定で17414(非常に快適)だった。「Rise of the Tomb Raider」のベンチマークでは、すべて最高設定にして計測したところ以下の結果になった。

note
ドラゴンクエストX ベンチマークソフト Ver.1.4kの結果
note
ファイナルファンタジーXIV 蒼天のイシュガルド ベンチマークの結果

 Lev-15FX097-i7-TNSVのフルHDディスプレイでゲームをプレイするのであれば、ほとんどのゲームが快適にプレイできる。また、有線接続時に通信を監視し、オンラインゲームの通信を優先して自動的に帯域を調節するKiller LANを搭載しているので、ゲーム中に突然Windowsアップデートの通信が入ってもゲームの通信が落ちることなく、ゲームをプレイし続けられる。

 SteamVR Performance Testの結果は、Average Qualityが10.7(非常に高い)、Frames Testedが11541、Frame Below 90 fpsが0(0%)、Frame CPU Boundが0(0%)という結果だった。ほとんどのVRコンテンツがスムーズに動作するだろう。

note
SteamVR Performance Testの結果

GeForce GTX 1070搭載ノートは18万円台から購入できる!

 今回試用したLev-15FX097-i7-TNSVは、GeForce GTX 1070以外にもCore i7-6700(3.4GHz)やM.2接続のSSDを搭載するハイスペックモデルだ。ただ、ゲームやVRのためにGeForce GTX 1070は必要だけどそれ以外はあまり高性能ではなくていいという人もいるだろう。パソコン工房のウェブ通販サイトで販売中のGeForce GTX 1070を搭載する15.6型ノートパソコンは、Lev-15FX097-i7-TNSVを含めて3機種をラインナップしているので、用途や価格に合わせて、自分に合ったモデルを選択できる。

ゲームもVRもプレイしたいけど、設置環境が……という人にオススメ!

note
筐体にVRに適したビデオカードに対する「VR READY」のロゴのシールが貼ってある

 VRコンテンツを体験するとき、デスクトップパソコンだとパソコンとディスプレイを置くスペースが必要になる。Lev-15FX097-i7-TNSVだとノートパソコンとセンサーを置くスペースさえあればVR環境をセッティングできる。VRコンテンツを自宅で体験したいけど、デスクトップパソコンとディスプレイを置く環境がないという人にとって、Lev-15FX097-i7-TNSVは最適なマシンではないだろうか。

 またデスクトップパソコンの場合、セッティング後に移動させなくてはいけない場合に、VRに必要な機材一式を片付けて、ディスプレイを移動して、デスクトップパソコンを移動して……とかなり面倒くさい。その反面、Lev-15FX097-i7-TNSVであればVR用の機材との接続を外して、ひょいと持ち上げて移動すれば、すぐに別の場所でVR機材のセッティングに取り掛かることができる。

 今まではノートパソコンだとスペック不足などでVRの動作が不安定になるのではないかと心配もあったが、Lev-15FX097-i7-TNSVであればハイスペックデスクトップパソコン並みの性能を搭載することで、そんな心配もなく快適にVRコンテンツが体験できる。自宅でVRコンテンツを楽しみたいユーザーや、イベントなどでVRコンテンツを披露する機会があるという人は、Lev-15FX097-i7-TNSVを試してみてはいかがだろうか。

提供:ユニットコム

アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 10月31日(月)11時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】