自転車用GPSメーターも充電できるKnogのLEDライト「PWR」資金調達開始

アスキー 2016年10月31日(月)18時00分配信

 自転車には夜間走行やトンネル内走行時用のライトが必須ですが、ライトのバッテリーをほかの用途にも活用できるようにしたのが、自転車周辺機器メーカーのKnogがクラウドファンディングサイトKickstarterで資金調達中のモジュールシステム「PWR」です。

20161031knog
KnogがKickstarterで資金調達中の自転車用モジュラーシステム「PWR」
20161031knog
システムの中心は容量3200mAhのモバイルバッテリー「pwr bank」

 PWRシステムの中心となる「pwr bank」は容量3200mAhのモバイルバッテリーで、キャップ式のLEDライトヘッドを装着すると、300ルーメンもしくは800ルーメンの自転車用ライトとして利用可能。さらにアダプターキャップとストラップを装着すると頭部に装着するヘッドライトとして使えます。LEDライトの点灯モードは無料アプリ「pwr control」でカスタマイズできるのも楽しげ。当然ながら自転車装着用マウントも用意されており、LEDライトヘッドを外してUSBケーブルを装着すると、Garmin社のGPS自転車メーターなどを充電するモバイルバッテリーとして利用可能です。

20161031knog
「pwr bank」はさまざまな周辺機器のパワーソースとして利用できる
20161031knog
LEDライトヘッドを装着すると自転車用ライトとして使える。自転車用マウントも用意
20161031knog
LEDライトヘッドは無料アプリで点灯モードなどをプログラミングできる
20161031knog
ライトヘッドを外すとGarminのGPS自転車メーターなどを充電できる

 これらに加えて「pwr bank」で駆動するBluetoothスピーカーユニットや360度周囲を100ルーメンで照らすランタンユニット、2本の「pwr bank」を同時に充電できるステーション「pwr dock」も用意。

20161031knog
「pwr bank」をバッテリーとして使うヘッドライトシステム
20161031knog
100ルーメンのランタンとしても利用可能
20161031knog
Bluetoothスピーカーもラインアップ
20161031knog
pwr bankを2本同時に充電できるステーションもあり

 PWR Bank1本+300ルーメンのLEDライトヘッドがセットの「PWR Bike 300」のアーリーバード(限定数500)価格は65豪ドル(約5200円)。日本までの送料は+15ドル(約1600円)。なお、Knogは以前Kickstarterでスタイリッシュな自転車用ベル「Oi」の資金調達に成功しています。


アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年10月31日(月)18時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】