ガリガリ君3億円損失に学んだ「ナポリタン味、取り返しつかない失敗」

アスキー 2016年10月31日(月)11時50分配信
ガリガリ
「ガリガリ君リッチ メロンパン味」140円で11月15日発売

 赤城乳業は“ガリガリ君リッチ衝撃三部作”に続く新作となる「ガリガリ君リッチ メロンパン味」を発表しました。前代未聞であろうメロンパンをかき氷で表現したアイスキャンディーで、価格は140円。11月15日の発売です。

 ガリガリ君リッチ衝撃三部作とは、2012年に発売した“コーンポタージュ味”に続く、2013年の“シチュー味”、2014年の“ナポリタン味”と衝撃のテイストをうたったガリガリ君シリーズで、その中でも特に話題になったのは「ガリガリ君リッチ ナポリタン味」。味があまりにも不評で売れなかったため、同じ轍を踏まないとして「おいしいガリガリ君」をコンセプトにつくったというのが今回の新作です。

ガリガリ
ガリガリ君リッチ衝撃三部作。左からコーンポタージュ味、シチュー味、ナポリタン味

 10月27日に開催された商品発表会では営業本部 マーケティング部 萩原史雄部長が、ナポリタン味のもたらした悲劇について明かしてくれました。

ガリガリ君ナポリタン味は約3億円の損失

 「まず最初に、ガリガリ君は今年4月1日に60円から70円に、25年ぶりに値上げしました。結果として、ガリガリ君ソーダは販売本数で4月から10月中旬までで109%に伸びることができました。35周年の記念、そして値上げしても販売本数が伸びたお礼として、ガリガリ君リッチ衝撃三部作完結から数年、待望の新作を発表していきます」と萩原史雄部長。

ガリガリ
赤城乳業 営業本部 マーケティング部 萩原史雄部長

 次にガリガリ君リッチ衝撃三部作の商品を順に紹介。一作目、コーンポタージュは3日で品薄になってしまうという記録的な売れ行きを見せたもので、第2部であった江崎グリコ<2206>とコラボしたクレアおばさんのシチュー味もヒットを飛ばしたそうなのですが。

 「ここでやめればよかったのに、そのあとにガリガリ君ナポリタン味を発売しました」

 経緯としては「コーンポタージュやった、シチューやったとなると、みんなが“次はカレーだろう”とか予測をしはじめたんですよね。そこで予測をされたくないな、ということで“ナポリタンを出せばだれも読んでないだろう”とハードルを上げ続けて勝手に自爆をした」

ガリガリ
自爆したというナポリタン味

 「取り返しのつかない失敗をしまして、会社に関しては約3億の損害を与える結果となりました。やっと2年ちょっと経過して、ほとぼりがさめたので今回衝撃三部作に続く次のシリーズを発表することになりました。ありがとうございます」

高い授業料を払ったが
「おいしくないアイスをつくってはいけない」学んだ

 メロンパン味に決めた理由を「ガリガリくんとメロンパンの共通点として、ガリガリ君は大人から子供に愛されている商品で、メロンパンもおそらく、そんなに嫌いな人はいない、誰からも愛されているだろうなと。非常に共通点が多いと考えています」と萩原史雄部長は説明。

ガリガリ
新作は幅広い世代から愛されているメロンパンがテーマ。

 「メロンパンアイスというのはあったんですよね。シュー生地とかパン生地とか使ったりだとか。ですが、パンとかきごおりの組み合わせっておそらく世界初だろうということで、そこの開発を目指しました。パンとアイスクリームというのは相性いいのですが、パンとかきごおりって、まずないだろうなということで」

 萩原史雄部長は最後に「やはりおいしいということで。ナポリタンで高い授業料を払って、やはりおいしくないアイスとかまずいアイスをつくってはいけないと気がつきまして、メロンパンをアイスにすればおいしいだろうと開発にあたりました」と語りました。

 その顔には3億円の損失にめげないすがすがしい笑みがありましたよ。

新作は中にメロンパンの皮が入っていて美味

 様々な想いが詰まった新作ガリガリ君メロンパン味は、ローストしたバターを配合することで香ばしさを演出したメロンパン味のアイスキャンディー。一番の特徴は中にメロンパンの皮(クッキー)が入っていること。

 記者も試食しましたが、バターの香りが香ばしく、メロンパンの皮がケーキのような食感にも感じられ、洋風なお菓子を想像させる高級感あるおいしいガリガリ君でした。3億円の損失から得た学びの末に登場したガリガリ君だと思うと感慨深いです。

ガリガリ
フォトセッションではガリガリ君が登壇。新作を発表するとメディアに連絡したら「タレントも特に登場しないのに問い合わせが殺到した」と萩原史雄部長は語っていました。

 発表会の冒頭に萩原史雄部長から説明がありましたが、アイス市場の売り上げは10年間で30%伸びており、そのキーは冬のアイスにあるということ。昨年は冬アイスブームが起きました。寒い季節になりますが、暖房のきいた部屋で味わいたいですね。


アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年10月31日(月)11時50分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】