顔認証でサクッとログイン、Windows Hello対応カメラ「CM01」が便利だ!!

アスキー 10月31日(月)10時00分配信
顔認証でサクッとログイン、Windows Hello対応カメラ「CM01」が便利だ!!

 マウスコンピューターの顔認証カメラ「CM01」は、Windows 10の生体認証機能「Windows Hello」に対応したカメラだ。一度Windows Hello関連の設定をしておけば、「CM01」に顔を向けるだけでWindows 10にログインできるようになる。先に紹介した指紋認証リーダー「FP01」同様スピーディーに認証されるため、Windows 10の起動時やスリープからの復帰時などに自動的にサインイン(ログイン)している感覚になること間違いナシだ。非常にお手軽なので、お年寄りやお子さんなどPCに不慣れな方をはじめ、複雑なパスワードやPINの管理・入力が面倒という方にもオススメしたい。

顔認証でサクッとログイン、Windows Hello対応カメラ「CM01」が便利だ!!
顔認証でサクッとログイン、Windows Hello対応カメラ「CM01」が便利だ!!
マウスコンピューターの顔認証カメラ「CM01」
顔認証でサクッとログイン、Windows Hello対応カメラ「CM01」が便利だ!!
スタンド部分を変形させて自立させたところ。Skype用簡易カメラとしても利用できるものの、マイクを搭載していないため別途用意する必要がある

 また、ユーザーの自動識別が可能で、たとえば家族で1台のPCを利用している場合でもアカウントを使い分けられる点もポイントだろう。手間なく安全・安心なセキュリティ環境を構築したいなら、ぜひ購入してほしい逸品だ。

 指紋認証リーダー「FP01」と、今回の「CM01」とどちらを買うか検討中の方がいるなら、主に使っているPCがノートなのか、デスクトップなのかで決めるといいだろう。「FP01」の場合は、1円玉サイズと主に非常に小型なためノートPCに向いており、「CM01」の場合はデスクトップPC+液晶ディスプレーや、据え置き利用が多い15型~17型サイズのノートPCに向いているという印象だ。

マウスコンピューター/G-Tune

可変スタンドのおかげで、好みの場所に配置しやすい

 「CM01」は、可変スタンド部分を変形させることで、さまざまなノートPCや(外付けの)液晶ディスプレーと組み合わせて利用できる。スタンド部分を使って液晶ディスプレーをはさみ込む仕組みになっており、PC利用時にジャマにならない場所に設置しやすい。また、大きなサイズの液晶ディスプレーと組み合わせる場合は、液晶ディスプレーの下部側に自立させて配置することも可能だ。

顔認証でサクッとログイン、Windows Hello対応カメラ「CM01」が便利だ!!
顔認証でサクッとログイン、Windows Hello対応カメラ「CM01」が便利だ!!
顔認証でサクッとログイン、Windows Hello対応カメラ「CM01」が便利だ!!
顔認証カメラ「CM01」は、可変スタンドを採用
顔認証でサクッとログイン、Windows Hello対応カメラ「CM01」が便利だ!!
顔認証でサクッとログイン、Windows Hello対応カメラ「CM01」が便利だ!!
顔認証カメラ「CM01」をノートPCに設置した様子
顔認証でサクッとログイン、Windows Hello対応カメラ「CM01」が便利だ!!
顔認証でサクッとログイン、Windows Hello対応カメラ「CM01」が便利だ!!
天板側からの様子。薄型の液晶ディスプレーでも、可変スタンドを調整することで設置できる
顔認証でサクッとログイン、Windows Hello対応カメラ「CM01」が便利だ!!
顔認証でサクッとログイン、Windows Hello対応カメラ「CM01」が便利だ!!
(外付けの)液晶ディスプレーに設置する場合も困ることはほぼないはず
顔認証でサクッとログイン、Windows Hello対応カメラ「CM01」が便利だ!!
大きなサイズの液晶ディスプレーと組み合わせる場合は、液晶ディスプレーの下部側に自立させて配置することも可能

マウスコンピューター/G-Tune

マウスコンピューター/G-Tune

まずはデバイスドライバーのインストール

 「CM01」の場合、生体認証機能「Windows Hello」の設定を行なう前に、マウスコンピューターの「顔認証カメラ専用サポートページ」にある「ドライバダウンロードページ」から、デバイスドライバー(RtsUvc_10.0.10586.11211_win10_RS_20160729_WHQL.zip、2016年10月28日現在)をダウンロードし、インストールする必要がある。

顔認証でサクッとログイン、Windows Hello対応カメラ「CM01」が便利だ!!
マウスコンピューターの「顔認証カメラ専用サポートページ」にある「ドライバダウンロードページ」

 インストール自体は簡単で、zipファイル展開後に生成されたフォルダー内にあるsetup.exeを起動するだけで、自動的に行なわれる。インストール中は一切操作する必要はなく、最後にPCを再起動するかどうか尋ねられるので、支障がなければ再起動を選択し「完了」ボタンをクリックするといい。これで、デバイスドライバーのインストールは終了だ。

顔認証でサクッとログイン、Windows Hello対応カメラ「CM01」が便利だ!!
インストール中は一切操作する必要はない。最後にPCを再起動するかどうか尋ねられるので、支障がなければ再起動を選択し「完了」ボタンをクリックする
顔認証でサクッとログイン、Windows Hello対応カメラ「CM01」が便利だ!!
再起動後デバイスマネージャで確認すると、「RGB-IR camera」として表示されていた。Windows Helloの顔認証では、近赤外線 (IR) により写真/ビデオ/マスクによる偽装・なりすましが困難としている

「Windows Hello」の設定手順

 ここからは、いよいよ「Windows Hello」のセットアップだ。指紋認証リーダー「FP01」同様の流れ(参照記事)で、"顔"とPINの登録を行なう。なおWindows 10 Anniversary Updateの場合、PINは4ケタ以上127ケタ以下(の数字)であれば、好みのケタ数で設定できる。

快適すぎてヤバい! 「FP01」の指紋認証が高速&便利でオススメ!!
Windowsメニューから「Windowsの設定」を開いて「アカウント」をクリック
快適すぎてヤバい! 「FP01」の指紋認証が高速&便利でオススメ!!
「アカウント」では「サインイン オプション」をクリック
顔認証でサクッとログイン、Windows Hello対応カメラ「CM01」が便利だ!!
右ペインにある「顔認識」項目の「セットアップ」をクリックする
顔認証でサクッとログイン、Windows Hello対応カメラ「CM01」が便利だ!!
「Windows Hello セットアップ」が起動するので、「開始する」ボタンをクリックする
顔認証でサクッとログイン、Windows Hello対応カメラ「CM01」が便利だ!!
顔認証でサクッとログイン、Windows Hello対応カメラ「CM01」が便利だ!!
顔の登録中の様子。筆者の場合は、顔認証カメラ「CM01」と自分の顔の距離が60cm前後離れた状態で登録している
顔認証でサクッとログイン、Windows Hello対応カメラ「CM01」が便利だ!!
顔がフレーム端に寄りすぎの状態、あるいはフレームから外れた状態になると登録がストップし、メッセージが表示される
顔認証でサクッとログイン、Windows Hello対応カメラ「CM01」が便利だ!!
顔の登録が終わると、「PIN」の設定が開始される。顔認識が失敗する場合は、PINを入力することでログインできる
顔認証でサクッとログイン、Windows Hello対応カメラ「CM01」が便利だ!!
「PIN」を入力する。Windows 10 Anniversary Updateの場合、4ケタ以上127ケタ以下(の数字)であれば、好みのケタ数で設定できる
顔認証でサクッとログイン、Windows Hello対応カメラ「CM01」が便利だ!!
最初の「サインイン オプション」ウィンドウに戻ったら、Windows Helloのセットアップは終了。「ユーザーの顔を認識したら自動的にロック画面を閉じる」を「オン」(標準ではオン)にしておくと、全自動状態でログインできる
快適すぎてヤバい! 「FP01」の指紋認証が高速&便利でオススメ!!
Windows 10からサインアウト(ログアウト)するには、Windowsメニューを開くと表示されるアカウントアイコンをクリックする。その後に表示されるメニューで、「サインアウト」をクリックする

 Windows Helloの設定を終えてサインアウトすると、「CM01」を利用した顔認証でログインできるようになる。メガネをかけている方の場合は、念のため「認識精度を高める」をクリックして、追加登録をしておくといいだろう。

顔認証はラクチン、イスに座るとWindows 10にログインできる!!

 「CM01」を利用した印象は、パスワードやPINの入力がなくなるだけでこんなにラクになるかというもの。イスに座って、PCを起動したりスリープからの復帰時させたりすると、「CM01」の顔認証のおかげで自動でサインイン(ログイン)が完了するため非常に快適な印象を受ける。セキュリティを確保しつつ、快適なPC環境を作れるスグレモノといえるのだ。

マウスコンピューター/G-Tune

マウスコンピューター/G-Tune

アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 10月31日(月)10時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】