四国中の濃い人が集まるクラウドお遍路はうどんに負けない歯ごたえ

アスキー 11月01日(火)07時00分配信

四国4県のJAWS-UGが一堂に会する「四国クラウドお遍路」が、今年も開催された。2016年の開催地となったのは、うどん県高松市。高松駅からほど近い複合施設の一画、2つの会議室を使って2トラック12セッションが展開された。

準備万端で向かう予定が時間切れ

 のっけから私事で申し訳ないが、せっかく四国に来たんだし、お遍路だし。ということで、取材前に八十八ヶ所札所巡りを敢行した。「お遍路してからクラウドお遍路に来ました」とひとこと言いたかった、ただそれだけのために回ったのだが、七十九番札所 天王寺まで巡ったところで時間切れとなり、中途半端な状態で取材に向かうことになった。

 ちなみに時間切れで終わったのみならず、今年はうるう年なので逆打ち(八十八番から一番に向けて回る)の年だったのに正順で回っており、二重に残念な結果となっている。このリベンジは年内に必ず、と心に誓っている。

 さて、そんなこんなで乗り込んだクラウドお遍路2016の様子をお伝えしよう。2トラックに分かれているため全セッションを取材することはできなかったが、四国らしい話題を選んでピックアップしていきたい。

東京と地方でリソースを奪い合わない生き方を提案するサイファー・テック

 セキュリティ技術を中核として、DRM技術やスマホゲームアプリのチート対策機能などを提供するサイファー・テックの吉田基晴さんは、半東京半地方のワークスタイルを提唱した。社員には半X(エックス)半ITを勧めているという。

JS
サイファー・テック 代表取締役 吉田 基晴さん

 一例として紹介された従業員の住吉さんは、かつて東京の企業に勤めており、片道1時間半を通勤に費やしていた。それが徳島県海部郡美波町にあるサイファー・テックのオフィスで働くようになってからは、平日の朝に趣味のサーフィンを楽しむ余裕が生まれたという。半サーファー半ITという訳だ。

「地方にはビジネスチャンスが少ないと言われますが、課題はいっぱいあります」(吉田さん)

 地域にすでに存在する資産であるコト・ヒト・カネ磨き直して、地域課題を解決することでビジネスチャンスは生まれる。仕事がないなら、仕事を持った人や仕事を作れる人を地方に呼べばいいと吉田さんは言う。実際に大阪のクラウドシステム開発会社の鈴木商店が、徳島にクラウドオフィス「美雲屋」を開設し、子育てしながらゲーム開発を行なうなどし始めているという。また、仕事があるのに若者がいないというなら、若者を集めればいいとも言い、実際に自身で取り組んでいるハッカソンやインターン、美波クリエーターズスクールについて紹介した。これらの参加者の中からは、毎年数名が美波町に就職を決めているという。

 この吉田さんのセッションは他にも濃い話が盛りだくさんだったので、別の記事で改めて紹介したいと思う。

ソラコム片山さんがIoTの重要性について語る

 ソラコムの片山 暁雄さんは「IoTで高める四国力」と題したセッションで登壇。IoTの重要性について説いた。IoTは今や重要なビジネス基盤であるにとどまらず、国の施策でも取り上げられており将来の社会基盤としても期待されている。そうした中、IoTの世界でイノベーションが加速していると片山さんは言う。

「ここ数年のイノベーションは、モバイルとクラウドがもたらしました。これらの技術革新が失敗コストを大幅に下げたために、事業者は次々と新しいビジネスモデルにトライできるようになったのです。資金調達の面では、キックスターターなどのクラウドファンディングも一役買っています」(片山さん)

JS
ソラコム 片山 暁雄さん

 以前はIoTで新しいシステムを構築するためには、サーバーを用意するところからスタートしなければならなかった。それが今ではクラウドを使い、サービスモデルをスピーディに実現、トライできる。そして、IoT機器とクラウドを結ぶ通信部分を担っているのがSORACOMなどの通信企業だ。

「長距離、安価、省電力な通信サービスが多く提供されており、これからもIoTの革新を支えていくでしょう。もちろんSORACOMもその一翼を担っていきます」(片山さん)

全国代表立花さんは田舎案件とAWSの親和性について力説

 続いて登壇したのは、JAWS-UG全国代表でもあるヘプタゴンの立花 拓也さん。「田舎案件でのAWS活用術」と題して、田舎案件でありがちな要件をAWSでどの程度低コスト化できるのか、実際に試した結果を公開してくれた。

JS
ヘプタゴン 立花 拓也さん

 田舎の小規模案件との相性が良いt2.microインスタンスに、100ドメイン分の架空サイトを設置。半分はWordpressで、残り半分は静的サイトとして構築してストレステストを行なった。EC2インスタンスでは負荷が高まるとCPUクレジットが消費され、処理能力が制限されるが、100ドメインに対して一般的に想定されるアクセスを行なってみてもCPUクレジットが減ることはなかったそうだ。

「CPUクレジットに余裕がある状態であれば、毎分500PVくらいまではt2.microインスタンスで対応可能でした。CPUクレジットを定期的に監視して、減り続けるようならアップグレードが必要だと思いますが、初めから大規模なインスタンスを立てなくてもある程度の要求には応えられることがわかりました」(立花さん)

JS
この条件でストレステストを行なったところCPUクレジットは減らなかったとのこと

 EC2だけではなく、Lambdaを使ったCPUオフロードも田舎案件では効果的だという。Lambdaなら使わない時間の料金は発生しないため、使用頻度が低いシステムや不定期に発生する案件では特に大きなコスト低減効果を示す。効果をわかりやすく示すため、一般社団法人MAKOTOでのシステム構築事例も紹介された。

「手作業で行なっていた車内の統計処理をAWSでシステム化しました。作業頻度が低いのでS3とLambdaを使ったサーバーレスでスケーラブルなシステとして構築し、使用しない時間はコストが発生しないシステムになっています。保守費用も個別対応が必要なときだけ従量でいただく契約にして、システム維持費を限りなく低く抑えることができ、お客様からも喜ばれました」(立花さん)

 立花氏はこれらの田舎案件におけるAWS活用のテンプレートをICDP(Inaka Cloud Design Pattern)として普及させる活動も行なっている。CDPをもじったものでロゴもソックリ。ふざけているかのようだが取り組み自体はいたって真面目。

「ニュースになるのは都会での華々しい案件ばかりですが、地方進出の小さな案件でもAWSは役に立つんだと伝えていきたいと思っています。賛同くださる方には、青森土産の飴を差し上げます」(立花さん)

 そう言って会場の参加者に飴玉を配り、セッションを終えた。「関西の人には飴ちゃん配っとけば仲良くなれると聞いた」と言う立花氏。出所の怪しい情報に惑わされているのでなければいいのだが。

クラウド導入失敗譚とクラウド創生譚

 「田舎エンジニアのクラウド導入記(失敗…そして成功へ)」と題したセッションで、クラウド導入のキーポイントについて語ってくれたのは、JAWS-UG 愛媛の加藤 貴宏さん。AWSを導入しようとして失敗した話、そこから得た学びを活かして、後にkintoneの導入に成功した話を披露してくれた。失敗談というのはなかなか発表しづらいものだが、失敗は学びの宝庫だ。失敗経験を活かして成功するところまで語られた加藤さんのセッションは、これからクラウド導入を進めようと思っているエンジニアにとって役立つ内容が盛りだくさんだった。いずれ別稿としてまとめたいと思う。

JS
加藤 貴宏さん

 失敗譚に続いたのは、四国にクラウドを作る創生譚。STNetの森本 哲史さんの「Made in 四国なクラウドサービスに取り組む理由」だ。

「クラウドサービスはパブリックでなければメリットを大きく享受できません。しかし四国の企業にとってパブリッククラウドの利用には大きなハードルがあります。それは、距離です」(森本さん)

 クラウドに長く携わっているエンジニアは、サーバーがどこにあろうと大きな問題ではないと体験的にわかっている。実際、最近ではサーバーの仮想化が当たり前になっており、データセンターに駆けつけたところで結局はネットワーク経由でメンテナンスすることになる。しかし経験的に理解できていない人にとって、手の届かない場所でサーバーを運用するのは遠距離恋愛のように感じるものだと森本さんは言う。そしてその不安が、都会と地方とでクラウドサービス普及の格差を生んでいると森本さんは言う。

JS
STNetの森本 哲史さん

「東京の企業は東京のデータセンターを使っています。クラウドに移行しても、東京リージョンを使えます。これなら、データセンターを利用していたときと同じくらいの心理的距離感で、パブリッククラウドを使えるでしょう。四国にもデータセンターはありますが、大手パブリッククラウドの四国リージョンというものはありません」(森本さん)

 なければ、作ってしまえばいい。それが、森本さんたちSTNetが出した結論だ。同社は香川県に自社データセンターを持っており、その機能性に自信を持っていた。そうして生まれたのが、「STクラウドFLEX」だ。うどん県らしく「うどんはセルフ、クラウドもセルフ」というキャッチコピーがつけられている。とにかく敷居を低く、わかりやすくをモットーに設計され、ほとんどの機能をGUIで提供する。距離による心理的障壁を取り除いてパブリッククラウドを四国に根付かせることができれば、AWSのようなグローバル標準のクラウドサービスを使う心理的ハードルも下がることだろう。地域に密着したSTNetの今後の活動に期待したい。

四国のリモートワークで注目される神山の話も披露

 ところで、四国には徳島県名西郡神山町という町がある。リモートオフィスの誘致に力を入れており、名前を聞いたことのある人は多いだろう。その神山町で実際にリモートワークをしているSansan株式会社の辰濱 健一さんが登壇し、「地方のサテライトオフィスで働くエンジニアの仕事と地域との関わり」と題して、神山町におけるリモートワークの実態について語ってくれた。

JS
Sansan 辰濱 健一さん

 リモートワークの話といえば、どのようなツールを使ってコミュニケーションを図っているかなどの話が多く聞かれるが、辰濱さんの話では神山町に住み、仕事以外のことを通して地域にどう関わっているかという話題が中心になっていた。

「楽器が好きで、エレクトーンやトランペットを趣味で演奏しています。徳島に来てからは阿波踊りの笛も吹くようになりました。今は企業連と掛け持ちで、町内の連にも加入しています。地元小学校の運動会でも阿波踊りを教えたり、鳴り物のお手伝いをしたりしていて、こうしたことが地域文化の活性化につながっていくんだなと感じています」(辰濱さん)

 トランペットの方は、町内で管楽器をやっていた人たちとアンサンブルを結成し、毎週地元の公民館で練習、町内イベントで演奏を披露しているとのこと。地元の方を招いて自主コンサートを開催したこともある。地元の人が初めて生演奏に触れ楽器に興味を持つきっかけを与えたり、飲食店からのお誘いもあるなど、趣味を通じた地域交流は深まっているとのこと。

「サテライトオフィスで働いて、好きなように遊んでいるようでも、結果的に地域のためになっていることがあったんだなと今は思っています」(辰濱さん)

JS
人が少ない地域では1人の影響力が大きい

 そう語ったのち、辰濱さんは1枚のスライドを提示した。「10<10,000」「1/10>1/10,1000」とだけ書かれたスライドだ。これは、「10人の力よりも1万人の力の方が大きい。しかし10人しかいない地域における1人の影響力は、1万人いる地域における1人の影響力よりも大きい」という意味だ。

「地方創生は、まず参加することから。私なんかが、と思うようなことでも大丈夫!」(辰濱さん)

元AWSのあの方が足かせなくしゃべり倒し、7人ものLTで満足の終盤

 いよいよ最後のセッション、トリを飾るのはあの方、元AWSの小島 英揮さんだ。AWS日本法人採用第一号、JAWS-UGの立役者でもある。8月末の退社時には業界内で大きな話題になった。

「そんな訳で、私いま無職です。広報チェックもありません。じゃんじゃん喋ります」(小島さん)

JS
無職・旅人見習い 小島 英揮さん

 そんな出だしでスタートした小島さんのセッション。AWSの裏話でも飛び出すのかと思いきや、クラウドを中心にしたビジネスへの取り組み方が話題の中心となっており、実に聞き応えのあるセッションだった。特に「外のモノサシを知ろう」という呼びかけには筆者も大きく共感した。とても簡単にはまとめられないが、必ずや別の機会に紹介したいと思うので楽しみにしていただきたい。

 メインのセッションはこれでおしまいとなるが、その後にLT大会、さらにはAWS大喜利なるものまで用意されていた。LT大会ではJAWS-UG on ASCIIでも活躍するハンズラボの青木由佳さんを始め、なんと7人が登壇。それぞれが短時間ながら興味深い話題をひっさげて参戦してきた。中でも会場をざわつかせたのは、「AWSで地球温暖化予想」という文字通り地球規模の話を繰り広げた池上 香苗さん。

JS
主婦 池上 香苗さん

 大学研究室の手伝いとして陸生生態系シミュレーションを行なっており、この演算をPCではなくAWSでやってみようとトライ中という話だった。高性能なコンピューティングパワーを、必要なときに必要なだけのコストで使えるのはクラウドの大きな魅力のひとつ。その魅力を存分に引き出す可能性がある話題だけに、懇親会でまで彼女は引っ張りだこだった。

JS
陸生生態系シミュレーションモデルの一例

 さて、そんなこんなで大盛り上がりだったクラウドお遍路2016 in うどん県。来年は愛媛県でJAWS Festaとの同時開催が予定されている。都会から離れた島でのイベントと侮る事なかれ、地方だからこそ聞ける濃い話題が満載なので、ぜひ足を運んでみて欲しい。

アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 11月01日(火)07時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】