新MacBook Pro購入のポイント

アスキー 11月01日(火)16時03分配信
m

 10月27日に、アップルのスペシャルイベントで新MacBook Proシリーズが発表されました。13インチモデルは1年半強、15インチモデルは約1年半弱と新モデルまでの期間が空いたこともあり、旧MacBookシリーズからの買い替えや、新たにMacBook Proの購入を検討していて、発表を待ち望んでいた人は多いのではないでしょうか。

 11月1日発売の週刊アスキー電子版 1100号は、「新MacBook Proシリーズ速報」特集。新MacBook Proには、革新的な入力インターフェースの「Touch Bar」や指紋認証システム「Touch ID」など、気になるポイントはたくさんあります。特集では、13インチの下位モデルを中心に、外観やインターフェース、性能などを詳しく紹介しています。購入を迷っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

m

 ここでは、新MacBook Proの購入のポイントを特集の中からちょっとだけ抜粋して紹介します。

文 今井 隆、吉田博英(編集部)
写真 篠原孝志(パシャ)、矢崎飛鳥(編集部)

基本デザインは踏襲しより薄く早く、カラバリも登場
新MacBook Proシリーズのオーバービュー

m
13インチモデルが、Touch Barの有無と内蔵SSDの容量違いで3モデル、15インチはGPUと内蔵SSDの違いで2モデルが用意される。15インチは、すべてが独立GPUを搭載する仕様に戻った

 閉じた状態のMacBook Proシリーズは、一見すると従来モデルと見分けがつかないが、ポート類のレイアウトがまったく異なっていることがすぐにわかるだろう。両側面にUSBタイプCポート×2基(一部モデルでは正面に向かって左側面に2基のみ)が備わっているのだ。これらのポートで、電源の供給はもちろん、各種ストレージやディスプレーを接続できる。

 ディスプレーを開くと、キーボードのデザインが変わっていることに気づくはずだ。従来モデルに比べて、キー自体が平べったくなっており、キー同士の隙間が狭い、12インチのMacBook Proと同様のデザインになった。

m
m
新色スペースグレイは、すでにMacBookなどに採用されているカラバリで、従来のシルバーよりも引き締まった印象を受ける。人気が出そうだ

キーボード上部に表示パネルを埋め込み、機能を柔軟に切り替え
新MacBook Proシリーズの「Touch Bar」

m
キーボード上部には、使用中のアプリなどによって機能を切り替えられるTouch Barを搭載した。右上には、指紋認証が可能なTouch IDがある

 新MacBook Proの最大の特徴は、なんといっても新しい入力インターフェースであるTouch Barだろう。

 一般的には使用頻度が低いと思われるファンクション/メディアキー部分を、表示パネルに置き換えることで、従来以上にさまざまな機能を提供できるようになっている。スピーカーの音量や液晶ディスプレーの輝度の調整、音楽の再生などはもちろん、起動しているアプリによって、ツールバーを表示できたり、映像や音楽を編集する際のタイムラインを表示できたりと、用途はさまざま。

m
m
同じApple IDでログインしている場合、iPhoneに電話がかかってくると、Touch Barの表示が切り替わり、音声やビデオで通話できる。相手の名前も表示される

Thunderbolt 3とUSB 3.1 Gen.2とは?
新MacBook Proシリーズのインターフェース

m
MacBook Proで初採用されたThunderbolt 3ポート。コントローラーに米インテル社の「DSL6540」(Alpine Ridge)を2個(4ポート)または1個(2ポート)搭載し、SkyLakeとはそれぞれPCI ExpressGen.3の4レーンで接続される

 MacBook ProにはついにThunderbolt 3が搭載された。Thunderbolt 3は従来のThunderbolt 2の後継だが、コネクターにUSBタイプCを採用したことで、より豊富な機能を統合することとなったまったく新しいインターフェースだ。その機能は、10Gbpsのデータ転送レートに対応したUSBタイプC(USB 3.1 Gen.2)に、より高速なThunderboltを統合したインターフェースだと理解するとわかりやすい。

巻頭ではマイクロソフトが発表した一体型Surfaceに、iPhoneのApplePayも速報!特集では4年ぶりに大リニューアルしたMacBookProに、冬春スマホ全機種カタログも!!

wam1100_cover
表紙をクリックすると、一部記事を読める「立ち読み版」が開きます

週アス最新号は11月1日(火)発行です。
電子版週刊アスキーの購入はこちらから

特集など内容の詳細は以下。
★アスキーの有料会員サービス「ASCII倶楽部」会員の方は、内容をクリックすると直接ページが開きます。

wam1100_2

【表紙の人】
小川あん

【ASCII.jp NEWS】
1週間のトピックがぐるっとまるわかり!!

【NEWSROOM】
任天堂の挑戦 コントローラーがキモの新型ゲーム機Switch

【特集】
Touch Barが革新的!Touch IDも搭載 そしてより薄く高速に
新MacBook Proシリーズ速報

i-018.jpg
i-019_020

【ASCII倶楽部 特別編集特集】
長~く使える極上のPCケース2016

i-030_a01.jpg

【特集】
最新4Kテレビ33機種、一挙紹介。買いのポイントは?
買う前に知っておきたい 初めての4Kテレビの選び方

i-031

【特集】
2016年冬春スマホ完全カタログ

i-037

【特集】
最新オーブントースター実用試験

i-045

【連載】
ジサトラ
GeForce GTX1070搭載ZOTAC小型ベアボーン

【コミックス/小説】
カオスだもんね!PLUS 水口幸広

【コラム】
東京トホホ会 金井哲夫&荒井清和

【コラム】
仮想報道 歌田明弘

Newsstand(定期購読)およびBOOK☆WALKER、Kindle、Kobo(ともに単号販売)で電子版を配信しています。各電子書店での詳しい購入方法は、下記リンクの記事をご参照ください。

wam1100_cover
週刊アスキー No.1100(2016年11月1日発行)[Amazon]

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

Newsstandで電子書籍版をダウンロード

アスキーでは、電子版週刊アスキーが読み放題になるサービス「ASCII倶楽部」を展開中です。会員期間中は過去3年分のバックナンバーも読み放題!

週アス最新号記事用ASCII倶楽部誘導バナー
電子版の週刊アスキーが、最新号から過去3年分のバックナンバーまで読み放題!

■通巻:1100号
■発行:2016年11月1日 (火)
■次号発行予定:2016年11月8日 (火)

iPhone 7パーフェクトガイド
ASCII倶楽部会員の方だけが読める完全オリジナルムックが登場!

 アスキーの会員サービス「ASCII倶楽部」で初となる完全オリジナルムックが本日9月27日より公開となりました。

 9月のASCII倶楽部は「Apple特集」を行なっており、今回登場したのは「iPhone 7パーフェクトガイド」(ASCII倶楽部会員の方は左のリンクから直接ムックを読むことができます)。
 こちらはASCII倶楽部の会員の方だけが読めるムックです。iPhone 7の“わからない”が、このムックを読めば全部わかるようになります!

 現在、ASCII倶楽部では3日間無料お試しキャンペーンを実施中なので、この機会にぜひお楽しみくださいませ。詳しくはこちらをご覧ください。

アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 11月01日(火)16時03分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】