auとドコモがあのデバイスで禁断の対決へ

アスキー 11月02日(水)11時00分配信
20161102kuma

 au未来研究所は3月29日、ぬいぐるみ型コミュニケーションツールのコンセプトモデル「コミクマ」を発表している。

 一方、ドコモは翌3月30日に、同じコンセプトのコミュニケーションパートナー「ここくま」を発表したことが、TIME&SPACEで公開された今回の勝負につながった。

 「コミクマ」と「ここくま」は偶然にも発表時期とコンセプト、さらには発表会会場までもが一致したことになる。これを看過できないauの企画担当者がドコモに挑戦企画を持ち込んだところ、まさかの快諾。会社の壁を乗り越え、どちらの“クマ”がより愛されるか雌雄を決する「クマくま三番勝負」が実現した。ちなみに「クマくま三番勝負」は機能ではなく、あくまでもクマの“見た目”で勝負するもの。

20161102kuma
20161102kuma
auがドコモに勝負を持ちかけたところ、まさかの快諾で勝負が実現

 第一回戦の舞台は巣鴨。ご高齢者にどちらのクマが好かれるか、2台のベビーカーにクマを乗せて、道行く方に好きなクマにシールを貼ってもらう対決が行なわれた。巣鴨でのご高齢者好感度勝負ではドコモの「ここくま」が勝利!

20161102kuma
20161102kuma
20161102kuma
20161102kuma
20161102kuma
20161102kuma
巣鴨での第一回戦はドコモの勝利。勝利を喜ぶドコモの横澤氏(左)と、ショックを隠せないauのキクチ氏(右)

 続く第二回戦は都内の保育園が舞台。好きなクマのほうに走ってもらうという勝負だが、auがまさかの作戦に出る。「コミクマ」の近くに某超人気ゲームのキャラ人形を置くという奇策が炸裂。保育園対決ではauの「コミクマ」が勝利(?)した。

20161102kuma
第二回戦の舞台は都内の保育園
20161102kuma
20161102kuma
20161102kuma
20161101au
ドコモの「ここくま」に殺到する園児の様子を見て、auキクチ氏の奇策が炸裂する
20161102kuma
20161102kuma
国民的人気を集めるキャラ人気のご加護か、auの「コミクマ」が勝利(?)

 最終決戦の舞台は埼玉の東武動物公園。ジャッジを下すクマ飼育担当の板倉氏は長年クマの飼育係を担当し、2016年に新設されたクマの鑑賞エリア「ヒグマの森」のデザインも手がけている。

20161102kuma
最終決戦の地は東武動物公園
20161102kuma
20161102kuma
板倉氏は同動物公園でクマの飼育を担当

 板倉氏のジャッジの結果、ドコモの「ここくま」が勝利! 板倉氏は「コミクマは非常にリーダー向きの顔をしているが、ここくまはリーダーとしての風格があるうえ、優しさも感じる」と評した。

20161102kuma
最終決戦の結果は、ドコモの「ここくま」の勝利

 「くまクマ三番勝負」の結果は、ドコモの「ここくま」の勝利。au担当のキクチ氏とドコモ担当の横澤氏は、同じ志をもつクマ型デバイスの担当者として熱い握手を交わした。

20161102kuma
勝負が終わればノーサイド、同じクマ型デバイス担当どうしで熱い握手を交わした

アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 11月02日(水)11時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】