iPhone 7 Plusの被写界深度エフェクトで猫を撮る

アスキー 2016年11月04日(金)12時00分配信
猫連載
とうとう猫が日向を求める季節がやってきた、ってことで、日向ぼっこしてるうちの「かふか」。背景の窓がほんのりとボケてるのがポイント(2016年11月 アップル iPhone 7 Plus)

 さて、先日、iPhoneのOSがiOS 10.1にアップデートされ、カメラ機能に待望の「ポートレートモード」がついたのである。

 その「ポートレートモード」は「被写界深度エフェクト機能搭載」がウリ。

 被写界深度エフェクトってわかりづらいけど、ひらたくいうと「デジタル一眼で撮った写真のように背景がいい感じにボケてくれる」ってことだ。

 猫を撮りたくなるでしょう。

 もっとも、最初の起動で「ベータ版」であると宣言される。正式な機能としてリリースするレベルにはいたってないけど、とりあえずちゃんと動くようになったから、未完成であるってことを念頭において使ってね、くらいのイメージ。

 ただし、これが使えるのはiPhone 7 Plusのみである。デュアルカメラを使った機能だからだ。

猫連載
iPhone 7 Plusのデュアルカメラ機能がポイント

 2つのカメラの……微妙な位置の差を利用して被写体との距離をはかり、背景をボケさせてくれる。

 iPhone 7 Plusのカメラって広角と望遠じゃなかったっけ。

 その通り。両方を使うため、ポートレートモード時は望遠側のみになるのだ。でも普通ポートレート(人物写真)はやや望遠気味で撮るもんだし、望遠気味の方が背景がボケたとき不自然じゃないし、そもそも猫をほどよい距離でほどよいスタイルで撮る時ってちょっと望遠の方がいいのである。

 というわけで冒頭は日向ぼっこしてるうちの「かふか」。

 一見、背景がボケてる意味あるのか? と思うような写真だけど、あるのである。

猫連載
冒頭写真の背景をぼかしてないバージョン(元画像と背景をぼかした画像の2枚を記録してくれるのだ)。窓の汚れと室内の反射が目立ってる。背景が目立っては本末転倒だ(2016年11月 アップル iPhone 7 Plus)

 元写真はこちらなのだ(冒頭写真は16:9に切り取っているので、こちらの元写真も合わせてある)。

 見比べると違うでしょ。冒頭に載せた方は、背景の窓がちょっとふんわりとボケてそのおかげで、窓の汚れやまどに写った室内のあれこれが目立ってない。

猫連載
猫連載
背景の壁とカーテン、そしてカゴの奥の側がボケてて、カゴの取っ手と猫と私の指はボケてないってのがポイントだ(2016年11月 アップル iPhone 7 Plus)

 今度は比較しやすいように並べてみた。

 背景のカーテンがほわっとボケてて、手前にある籠の取っ手と猫はボケてないといういい感じになってるのがわかるかと思う。

 暗い場所だと画質が落ちちゃうけれども、室内でスマホで撮って背景がボケる! となると家の猫をよく撮る(けどそういう時に限って、よりによって、うちの猫は散らかっている方を背景にしてくれるんだわ、という)人にはたまらん魅力ではないか。

外で撮ってみると……これはかなり使える!

 もちろん外でもOK<3808>

 ただ、背景をぼかすには被写体がそれなりに近くにいなきゃいけない。遠いと被写体が遠すぎるので背景ぼかしは使えませんといわれる(その場合は普通の写真になる)。

 だから、外猫をこれで撮るときはある程度近づかせてくれる猫じゃなきゃいけない。

 だからといって、足下にすりすりされても困るわけで、この猫、毛並み的に飼い猫だと思うのだけど、めちゃ人に慣れてて、とにかくじっとせず、誰かの足下にすりすりして匂いをつけては別の人に移動し、という具合なのである。

 そんな中で一瞬、止まった瞬間を。

猫連載
猫連載
背景が自然にボケてくれるのが素晴らしい。背景がボケると、後ろに立っている人じゃなくて猫にすっと目線がいく(2016年11月 アップル iPhone 7 Plus)

 この写真のポイントは背景。

 猫のすぐ近くにいる人のジーンズより、その後ろにある家の壁の方が大きくボケていること。

 遠くの方が大きくボケるってのは大事。それで遠近感がそこはかとなく出て、より自然なボケになるのだ。

 猫の足下の排水溝も徐々にボケていってるでしょう。

 この自然な感じがいいのだ。

 で、なんとかこちらを向いてくれた瞬間を狙って撮ったのがこちら。iPhoneを逆さにもって猫目線で執ってみた。

猫連載
ちょっと被写体ブレしちゃったけど、背景の車もナンバーが読めないくらいにぼかてくれていいかんじだ(2016年11月 アップル iPhone 7 Plus)

 猫がじっとしてないのでちょっと被写体ブレしてるけど、背景がいい感じにボケてくれたのはわかるかと思う。

 これは使える!

 最後はとっておきの神社猫。

 ゴチャッとした背景がほわっといい感じにボケてくれたおかげで猫の存在が際立ってくれた。でもボケすぎないから、背景がカラフルでどんな雰囲気の場所だったかはしっかり伝わる。

猫連載
最後に背景ボケ写真の良さがきれいに出た写真を。背景がカラフルで細かいので背景がボケてないと猫がちょっと埋もれちゃう。でもいい感じにボケてくれたおかげで、白い猫がふわっと目立ってくれるのだ。いい雰囲気になってくれた(2016年11月 アップル iPhone 7 Plus)

 スマホの写真も進化しているのだなあ、と思っていただけると幸い。

 同じような背景ぼかし機能を持つスマホは他にもあるけど、iPhoneはちょっと望遠気味になる分、デジタル一眼で背景をボカしたときと似たような雰囲気になることと、エッジが比較的しっかりしていること(猫のようなふわふわな被写体が相手だと、被写体と背景の境界で失敗しやすいのだ)。

 というわけで、iPhone 7 Plusの方、ぜひお試しを。

■Amazon.co.jpで購入


アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年11月04日(金)12時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】