すごい便利なWindows 10 Hello対応「指紋認証リーダー」

アスキー 11月07日(月)09時00分配信
win10_186
指紋認証リーダー「FP01」。価格は4980円(送料込)

調査依頼
Windows 10 Hello対応の指紋認証リーダーってどうなの?

 Windows Hello対応デバイスとしては、前回(第185回 Windows 10 Hello対応のウェブカメラってどうなの?)紹介した顔認証カメラに加え、指紋認証リーダーもお目見えしている。今回も注目度の高いWindows Hello認証について報告しよう。

 マウスコンピューターから発売されている指紋認証リーダー「FP01」はWindows Helloに対応した小さなUSBデバイス。サイズは21×14×8mmで重量は5g。頭の部分に小さなセンサーを搭載している。

win10_186
マウスコンピューターのウェブサイトからドライバをダウンロードする
win10_186
.infファイルを右クリックして、ドライバをインストールする

 まずは、マウスコンピューターのウェブサイトからドライバをダウンロードするのだが、カメラと違ってセットアップファイルがない。そこでマニュアルを見ながら、「.inf」ファイルの右クリックメニューからインストールする。インストールが完了すると、「サインインオプション」の設定画面に「指紋認証」という項目が現れるのせ「セットアップ」をクリック。画面の指示に従って、指紋を登録すればいい。

win10_186
設定に「指紋認証」の項目が現れた
win10_186
ウィザードに従って登録する
win10_186
認証センサーにタッチして指紋を登録する

 センサーに何度もタッチして登録するのは、他のデバイスと同じ。認識スピードも1秒かからず上々だ。指を当てる角度は360度どこからでもいいので、適当に触れてもいいのがラク。もちろん、複数の指を登録することも可能だ。顔認証カメラと同様、万一の際に備え、PINコードは登録しておく必要がある。

win10_186
何度もタッチする。強めに押しつけると、認証率が高まる

 実際に使ってみると非常に便利。指をスライドさせなくてもいいので、本当に触れるだけで認証できる。これ、今後のノートPCには搭載して欲しいところ。筆者的には、デスクトップPCで利用できる据え置きデバイスや、高級キーボードに内蔵したモデルも欲しい。



 Windows 10探偵団は毎週、月・水の午前9:00、日曜日の12:00に更新します。お楽しみに!


アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 11月07日(月)09時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】