9万円からの東芝i7ノートはバッテリーだけで1日”戦える”か!?

アスキー 11月09日(水)17時00分配信
約9万円引きの東芝Core i7ノート、「dynabook AZ65/A」で3Dゲームを試す!

 東芝<6502>ダイレクト限定のWebオリジナルモデル、15.6型ノート「dynabook AZ65/B 2016冬 Webモデル」(以下「dynabook AZ65/B」)で映画を見ても、十分に事務作業などを行えそうな余裕がバッテリーにあることを前回紹介した。では純粋にオフィスワーク的な使い方だけの場合バッテリー駆動時間はどうなるのかについて、今回は検証してみた。

約9万円引きの東芝Core i7ノート、「dynabook AZ65/A」で3Dゲームを試す!
東芝<6502>ダイレクト限定のWebオリジナルモデル、15.6型ノート「dynabook AZ65/B 2016冬 Webモデル」

軽作業を続けるオフィスワークでバッテリーをチェック

 実際のオフィスワークに近いベンチマークを行なうために、本体の電源オプションを「バランス(推奨)」の設定にしたまま、無線LANに接続。また、周辺機器としてはUSBメモリーをひとつ取り付けた。マウスなどは利用せず、本体のみで利用する形だ。ディスプレー輝度は40%。無操作で5分経過するとディスプレーの電源が切れて暗くなり、15分経過するとスリープになるという設定だ。

バッテリーだけで1日戦えるか!?「dynabook AZ65/B」で試してみた
電源オプションは「バランス(推奨)」に設定
バッテリーだけで1日戦えるか!?「dynabook AZ65/B」で試してみた
5分離席するとディスプレーの電源が切られ、15分の離席でスリープになる設定だ

 作業内容は筆者の日常業務としたため、Chromeでいくつかのタブを開きながら、テキストエディターで文章を書く形にした。他に利用したソフトは、音声再生ツールと、Windowsの「フォト」による画像表示、同じくWindowsの「Shipping Tool」によるスクリーンショット作成といったところで、かなり負荷の少ない作業といえるだろう。この状態で、利用時間計測のために「BBench」をキーストロークやWeb巡回なしの状態で実行した。

バッテリーだけで1日戦えるか!?「dynabook AZ65/B」で試してみた
ウェブブラウザーとテキストエディターを中心とした作業で利用可能時間を計測

東芝ダイレクト

東芝ダイレクト

約7時間以上の動作! 1日の仕事にばっちり対応できるバッテリー駆動時間

 利用中は昼食休憩として1時間席を外したほか、電話の応対や飲み物の用意といった小休憩で何度か離席している。ただし、これら離席はそれぞれ短時間だったため、ディスプレーの電源が切れることはあっても、スリープにはならなかった。明確にスリープ状態になったのは昼食休憩の際だった。

 あくまで筆者の利用スタイルの場合となるものの、ベンチマーク実行結果としては約8時間9分22秒だ(バッテリー残量約2%で電源が切れた)。昼食休憩を除けばバッテリーのみで約7時間以上使えたというわけで、かなり長時間動作したといえるだろう。これなら1日外出するという場合でも十分活躍してくれるはずだ。適宜スリープや電源オフをはさむ形ならば、日帰り出張くらいは十分にこなしてくれそうな頼もしさが感じられた。

「バッテリー節約機能」を活用すべし

 「バッテリー節約機能」は、標準設定の場合、バッテリー残量が約20%を切ったところで自動的にオンになるはずだが、実際には少し早めの約21%になった段階でオンになった(残り作業可能時間は約1時間40分という表示だった)。あわせて、アプリからのプッシュ通知も制限される状態となるが、特にそういったアプリを利用していなかったため支障はなかった。

バッテリーだけで1日戦えるか!?「dynabook AZ65/B」で試してみた
バッテリー残量が少なくなると自動でオンになる「バッテリー節約機能」。画面の明るさを下げる設定にしておくと、バッテリー残量が少ないことに気づきやすくなる

 ちなみに、バッテリー節約機能が有効になったときに画面の明るさを下げる設定にすると、何らかの作業に集中している状態でもバッテリー残量が少ないことに気づきやすく、しかも十分余裕をもって知ることができる。

 表示される残り作業可能時間については、あくまで予測という点を覚えておこう。バッテリー節約機能有効時に表示された"約1時間40分"と、実際に利用できた時間とを比較すると、15分以上ズレがある印象だ。

 バッテリー残量に関する警告が表示されたり、画面の明るさが変化したりしたら、電源の借りられるカフェを探す、あるいは作業を止めてオフィスや自宅を目指して移動するなど、早めに対応すると安心だろう。

東芝ダイレクト

東芝ダイレクト

アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 11月09日(水)17時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】