なぞるだけで即翻訳! シャープがペン型電子辞書を発表

アスキー 11月09日(水)11時30分配信
シャープ電子辞書
ペン型の電子辞書「ナゾル」。上が英和<9857>モデル、下が国語モデル

 シャープ<6753>は11月9日、ペン型の電子辞書「ナゾル」を発表した。12月8日発売予定で、予想実売価格は1万4000円前後。

 電子辞書ながらペン形状という画期的なスタイルを採用するデバイスで、印刷物に記載された難しい日本語表記や英単語の意味などをさっと調べることができる。

シャープ電子辞書
先端のスキャナー部。赤い点線が文字の中心に来るようになぞる
シャープ電子辞書
このように印刷物の文字の中心をなぞるようにスキャンする

 ハードウェア的にはペン型のスキャナーになっており、印刷された文章の一部をなぞることで文字を読み取り、内蔵された国語辞書、または英和辞書と照会してその意味を側面の液晶モニターに表示する。

シャープ電子辞書
英和<9857>モデルで英文をなぞってみたところ。翻訳結果が表示される
シャープ電子辞書
国語モデルで日本語をなぞってみたところ。難しい漢字などの意味や読みを確認できる

 ナゾルは「国語モデル」と「英和<9857>モデル」の2種類があり、国語モデルには「スーパー大辞林 3.0」、英和<9857>モデルには「グランドコンサイス英和辞典」のデータを内蔵。当然ながら国語モデルは日本語、英和<9857>モデルは英語の文章のみに対応する。

シャープ電子辞書
英和<9857>モデルは「グランドコンサイス英和辞典」を内蔵
シャープ電子辞書
国語モデルは「スーパー大辞林 3.0」を内蔵

 国語モデルは横書き/縦書きに対応。読み取り可能文字サイズは約6~22ポイント(約2.1~7.8mm)となる。

 モニターは2.6型のモノクロ液晶で、15文字×3行の表示が可能。電源は単四電池×2で、約30日間利用可能だ。

シャープ電子辞書
手に持ってみたところ。重くはないが、太字マジックぐらいの大きさはある

 本体サイズは幅158×奥行き36×高さ21mm、重量は約86gとなる。

アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 11月09日(水)11時30分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】