Photoshopが快適! 3840×2160表示のデル「XPS 15」でアドビ製品のパフォーマンスチェック

アスキー 2016年11月11日(金)10時00分配信
Photoshopが快適! 3840×2160表示のデル「XPS 15」でアドビ製品のパフォーマンスチェック

 デルの15.6型ノート「XPS 15 プラチナ・4Kディスプレイ・タッチパネル」には、グラフィックス機能としてGeForce GTX 960Mが搭載されている。これは国内で人気のゲームを快適に楽しめるほどパワフルな、ノート向けのミドルレンジGPUだ。

Photoshopが快適! 3840×2160表示のデル「XPS 15」でアドビ製品のパフォーマンスチェック
「XPS 15 プラチナ・4Kディスプレイ・タッチパネル」に搭載されているGeForce GTX 960Mの詳細

 ただし、「XPS 15 プラチナ・4Kディスプレイ・タッチパネル」はゲームを快適に楽しむための、いわゆるゲーミングノートという位置付けではない。もちろんゲームもそれなりに楽しめるものの、GPUの性能を活かして写真加工や動画編集などを快適に行なう「クリエイティブノート」が本来の立ち位置だ。

Photoshopが快適! 3840×2160表示のデル「XPS 15」でアドビ製品のパフォーマンスチェック
デルの15.6型ノート「XPS 15 プラチナ・4Kディスプレイ・タッチパネル」
3840×2160表示の15.6型ノート!! デル「XPS 15 プラチナ・4Kディスプレイ・タッチパネル」
「XPS 15 プラチナ・4Kディスプレイ・タッチパネル」の最大解像度は4K Ultra HD(3840×2160ドット)。デジタル一眼レフカメラで撮影した高解像度の写真でも、細部のディティールが潰れることなく精細に表示される
3840×2160表示の15.6型ノート!! デル「XPS 15 プラチナ・4Kディスプレイ・タッチパネル」
キーボードは一部のキーが小さいものの、全体的には違和感なく使える標準的な配列だ。キーピッチは実測で19mm

Lightroomは作業中のレスポンスが高速化!

 まずは、「Adobe Photoshop Lightroom CC」(以下、Lightroom)の検証結果から。Lightroomでは「環境設定」の「パフォーマンス」から、GPU利用のオン/オフを切り替えられる。GPUを有効にすることで、「GPUアクセラレーション(グラフィックス支援機能)」を利用可能だ。なお、設定を変更できるのはマシンに対応GPUが搭載されている場合のみなので、注意していただきたい。

Photoshopが快適! 3840×2160表示のデル「XPS 15」でアドビ製品のパフォーマンスチェック
「Adobe Photoshop Lightroom CC」で写真を加工中の様子。GPUとは直接関係ないが、「XPS 15 プラチナ・4Kディスプレイ・タッチパネル」の4Kディスプレーは非常に精細で、プレビューやサムネイルが細部までクリアーに表示される
Photoshopが快適! 3840×2160表示のデル「XPS 15」でアドビ製品のパフォーマンスチェック
Lightroomのメニューから「編集」→「環境設定」と選び「パフォーマンス」タブを開く。「グラフィックプロセッサーを使用」にチェックが入っていれば、GPUアクセラレーションは有効となっている

 試しにGPUアクセラレーションのオン/オフを切り替えて1800万画素のRAWデータを100枚現像してみたところ、有効化したときのほうが高速ではあったものの、大きな差が出るほどではなかった。

 実のところ、LightroomではGPUアクセラレーションによって現像処理が高速化されるわけではない。「現像モジュール」と呼ばれる編集ウィンドウでのみ有効で、サムネイルやプレビューの表示に大きく影響するのだ。

 たとえば、切り抜き位置をドラッグしながら調整する場合、GPUアクセラレーションが無効だとカクカクした動きで表示される。一方、有効にすると動きが非常になめらかになり、作業をスムーズに進められるのだ。

Photoshopが快適! 3840×2160表示のデル「XPS 15」でアドビ製品のパフォーマンスチェック
GPUアクセラレーションを有効にすることで、切り抜きやフィルターの効果が遅延なくスムーズに反映される

 ちょっとした作業の遅延でも、積み重なると大きな時間のロスとなる。大量のRAW画像を調整するような作業では、GPUアクセラレーションは必須だ。

デル株式会社

デル株式会社

Illustratorではズーム表示がスムーズ

 「Adobe Illustrator」(以下、Illustrator)では、編集中の画像表示でGPUアクセラレーションの効果を感じられた。特に効果が高かったのが、ズーム表示だ。

 GPUアクセラレーションを有効/無効にした状態で作業してみると、画像の拡大/縮小表示のレスポンスがまるで違うことに驚かされる。機能が無効になっていると表示倍率を1段階変えるごとに一瞬の間が感じられるのだが、GPUアクセラレーションが有効になっていると瞬時に狙った倍率に変えられるのだ。Illustratorでの作業でも、GPUの有無によって作業効率が大きく変わるに違いない。

Photoshopが快適! 3840×2160表示のデル「XPS 15」でアドビ製品のパフォーマンスチェック
「編集」メニューから「環境設定」→「GPUパフォーマンス」と選び、「GPUパフォーマンス」と「アニメーションズーム」にチェック
Photoshopが快適! 3840×2160表示のデル「XPS 15」でアドビ製品のパフォーマンスチェック
GPUアクセラレーションの有効/無効では、ズーム表示の画面描画速度が驚くほど変わる。対応GPUがあれば、作業効率が大幅にアップするはずだ

Photoshopではフィルターの処理時間が高速化

 最後に、「Adobe Photoshop」(以下、Photoshop)での検証結果を紹介しよう。Photoshopではプレビュー表示よりも、フィルター処理時の効果が高かった。たとえばフィルターの効果をリアルタイムでプレビュー表示する場合、GPUアクセラレーションが無効だと結果が反映されるまでに7~8秒かかるのだが、機能が有効になっていると2~3秒程度で終わるのだ。

Photoshopが快適! 3840×2160表示のデル「XPS 15」でアドビ製品のパフォーマンスチェック
Photoshopが快適! 3840×2160表示のデル「XPS 15」でアドビ製品のパフォーマンスチェック
「編集」メニューから「環境設定」→「パフォーマンス」と選び、「グラフィックプロセッサーを使用」のチェックを操作することで、GPUアクセラレーションの有効/無効を切り替えられる。さらに詳細な設定も可能だ
Photoshopが快適! 3840×2160表示のデル「XPS 15」でアドビ製品のパフォーマンスチェック
デジタル一眼レフカメラで撮影した高解像度の写真では、全体にフィルター効果が適用されるまでに数秒以上の時間がかかることがある。しかし、GPUとしてGeForce GTX 960Mを搭載した「XPS 15 プラチナ・4Kディスプレイ・タッチパネル」なら、わずか2~3秒しかかからない

 処理が軽めのフィルターや解像度が低い画像では、それほどGPUアクセラレーションの効果を感じられないかもしれない。高度な作業を行なう方ほど、GPU搭載のメリットを強く実感できるはずだ。

高性能なCPUとSSDの効果も見逃せない

 以上の検証結果から、クリエイティブな作業には高性能なGPUが必要不可欠であることがおわかりいただけただろう。さらに「XPS 15 プラチナ・4Kディスプレイ・タッチパネル」では、CPUとストレージの性能についても注目したい。

 Core i7-6700HQは4コア/8スレッドで動作するCPUで、動画のエンコードや複雑な画像処理などが行なわれる場面で大きな力を発揮する。また、ストレージに使われているPCIe接続のSSDは一般的なHDDよりもはるかにアクセス速度が高速であるため、ファイル出力にかかる時間を大幅に短縮できるのだ。さらに4K解像度の液晶ディスプレイは映像が非常に高精細で、拡大しなくても写真や動画の細部を確認できる。「XPS 15 プラチナ・4Kディスプレイ・タッチパネル」はまさに、クリエイティブ用途には最強の15.6型ノートなのだ。

デル株式会社

デル株式会社

アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年11月11日(金)10時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】