東京・飯田橋にヤバいベンチャー23社集結【11/15開催】

アスキー 2016年11月12日(土)09時00分配信

北島:やっと今週出展ブースが発表できましたよ!! イベント前週になって、どんな企業が展示をするのかわかるというスリリングな展開。

鈴木:とはいえ、ブース出展企業はまじで注目大です。想像以上におもしろい企業が集まったと思いますよ。

北島:はい、本当に応募してくれたみなさんに感謝です。さて、なんの話だよ、というところもあると思いますが、11月15日(火)に飯田橋で開催するASCIIイベントの話です。SXSW 2017へ派遣される企業を決める公開選考会なのです。

11/12週末かわら版

■■参加登録はコチラから!■■
イベントレジストPeatix(それぞれの予約ページに遷移します。)

出展ブースにヤバいベンチャー企業が集結

鈴木:では、おすすめの企業を紹介しちゃいましょうか。

北島:いくつか、すでに記事で紹介した企業も多いですよね。ReproとかBONXとか。

鈴木:おおお、こちらはイチオシ!で紹介した企業や、我々のイベント“IoT&H/W BIZ DAY”に出展してくれた企業ですね。

北島:まさにSXSWだとハードウェアなんかは相性いいですね。ネインやTeNKYUとか。トーンコネクトはHintでおなじみ吉田アナの会社ですね。

鈴木:その3社もイベントに8月の出てくれましたね。取材で出会った企業で注目のところは、Brand Pit(ブランドピット)やQDレーザですかね。過去ログのっけますね。ライトニングトーク動画では、GOCCO.も。

SNSの商品写真から消費シーンが分析できるマーケツールがすごい(参考リンク)
アプリと印刷物を連携させるソリューション『PITシステム』(参考リンク)

北島:じつは国内でも各種の受賞をした企業も多いですね。

鈴木:あと、イヌパシー!も何度も話題にしてますね。

11/12週末かわら版

北島:プロトタイプのときから話題にしていたな~と遠い過去を思い出しました。さてここでは、そのほか気になる企業を、ちょっと説明してもいいんじゃないかと。

鈴木:わたくしは、ザーズですね。匂いの出るヘッドマウントディスプレーはネットでもバズってましたね。

北島:フライドチキンの匂いが必要なシチュエーションが気になります。

11/12週末かわら版
ザーズ株式会社。VRのコンテンツにあわせて、とてもリアルな匂いが出るデバイス。・複数の匂いが出る(フライドチキン、銃砲の匂い、女の子の髪から香る匂いなど)・史上最薄、最小・すべてのHMDに取付可能

鈴木:あともう1社がLencyです。ここは気になりまくりなプロダクトです。妖精を連れて歩けるって、それどんな娘って。

北島:コンタクトレンズのアプリをつくっていた会社だったようなんですが、どうしてこうなったのか。

11/12週末かわら版
株式会社Lensy。「"妖精"を連れて歩く」。妖精デバイスxana(シャナ)は"妖精"を表示するスマートアシスタントです。 肩にのせることで、いつでもどこでも"妖精"を連れて歩けます。

鈴木:それでは、北島さんの気になるところは?

北島:こんなのもあるのね、というのはUV検出方式の炎センサのアンテックですかね。思いっきりB2B用途なんだろうけど、クリティカルな活用現場が多くありそうなので。サイズも十分小さいですよね。

鈴木:たしかに、ここは想定する用途など聞いてみたい気がしますね。夜の工場が背景の写真がヒントなのかな?

11/12週末かわら版
株式会社アンテック。UV検出方式の炎センサです。屋外で使用可能な炎センサとしては世界最小サイズ、最高性能を有します。サイズ:直径68㎜×高さ25㎜ 性能:5m離れた2㎝程度の炎、70m離れた1mの火柱を最短0.5秒で検出

北島:実際、我々も画像とテキストしかわからないベンチャー企業もあるので、あとは会場で驚きの結果が! みたいなことに期待です。ご都合つく方はぜひ飯田橋へどうぞ。

東京・大阪でのアクセラレーションプログラム

北島:近頃いろんなところで開催されているアクセラレータープログラムでのネタがあると聞きました。

鈴木:7日には大阪市のシードアクセラレーションプログラムの2期キックオフ、8日には東京都のASACの2期デモデイと3期のキックオフに参加してきました。まだまだ、知らないおもしろい企業がありますねー。

北島:こういったプログラムが本当に役に立って成長できたというベンチャーの声も聞きますが、数が多くなってこなれてきてるんでしょうね。気になった企業をぜひ教えてください。

鈴木:それでは、大阪で出会ったワールドインキュベーター。

11/12週末かわら版

鈴木:まだ、これからのサービスではあるのですが、海外の素材、部品製造をしているメーカーと、国内のモノづくり企業をマッチングして、海外調達を簡単にできるようにしようとしています。

北島:モノづくりでの仲介がメインなのかな。

鈴木:我々としても、応援したいサービスですよね。

北島:そのほかオススメはどうでしょう。

鈴木:東京のASACの3期で出会った、ウミトロンです!

11/12週末かわら版

北島:楽しそうな名前の会社ですね。

鈴木:宇宙データで魚の養殖を支援する。

北島:うーん飛躍してますね。

鈴木:小型衛星の観測データを利用して、漁業に役立てようとしています。

北島:海流の状況や温度を測って、漁場を見極める、みたいなものなのかな。国内でも衛星関連のベンチャーじつは多いですよ。

鈴木:養殖のえさ代はいま、すごく高騰しているそうで。

北島:食糧危機にも関連していると。

鈴木:ここのサービスは「魚の群行動の解析に基づき、給餌の量とタイミングを最適化する」とのことです。良質なプランクトンの位置や海流などデータ分析して提供するようですね。

北島:そんなことができるんですね。でも実際にここが養殖をするわけではないと。

鈴木:システムの提供です。

■来週のガチ鈴木

鈴木:まずは、うちのイベントに皆さん、ぜひ来てください!!!!

北島:ガチさん今回は会場うろうろしてますね。

鈴木:会場で会いましょう! あとは第3回横浜ベンチャーピッチやTechCrunch Tokyo 2016に行く予定です。

今週のひと言
鈴木:子どもが生まれましたが、夜のお誘いは引き続きお願いします。
北島:ブルートゥースのヘッドセット選びしたのですが、いろいろ新しいの出てますね。

アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年11月12日(土)09時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】