ウッドコーンモデルも! JVCケンウッドがデスクトップスピーカーシステムを発表

アスキー 11月15日(火)11時00分配信
JVCケンウッド
ウッドコーンスピーカーがセットになった「EX-NW1」

 JVCケンウッド<6632>は11月15日、アンプ、ミニスピーカー、コンパクトシステムの3製品を発表した。

JVCケンウッド
「KA-NA7」と「LS-NA7」

 まずケンウッドブランドとして、USB DAC/ヘッドフォンアンプとして使える「KA-NA7」(予想実売価格4万1000円前後)と、ハイレゾ対応スピーカー「LS-NA7」(同2万円前後)を11月下旬に発売する。

JVCケンウッド
KA-NA7の前面。USB端子にはメモリーストレージなどを接続できる
JVCケンウッド
背面。PC入力はmicroUSB端子となっている
JVCケンウッド
本体上面。NFCに対応している

 KA-NA7は幅110×奥行き179×高さ50mmというコンパクトボディーながら、PC(USB)入力、光デジタル入力、アナログ入力を備え、さらにUSBストレージやBluetoothの音楽再生にも対応する。

 WAV、MP3、WMAのほか、192kHz/24bitのFLACの再生に対応。アンプ部は10W+10Wの出力が可能で、オーディオ用コンデンサーを採用し、スピーカー出力まではフルデジタル処理により音質の劣化を防ぐ。また、ヘッドフォンとスピーカーは別系統で再生する。

 LS-NA7は80mm径のウーファーと19mm径のソフトドームツィーターを採用するスピーカーで、最大入力は30W、再生帯域は40~60kHzとなっている。

 KA-NA7とLS-NA7は別売となっており、必ずしもこの組み合わせでの使用しなければならないことはない。

JVCケンウッド
「EX-NW1」のアンプ。KA-NA7とは本体カラーやダイヤルの形状などが若干異なる。固定ネジも銅メッキされ、部分ごとに異なる金属のワッシャーを採用
JVCケンウッド
「ウッドコーン」採用のスピーカー

 これに対して、アンプとスピーカーがセットで提供されるコンパクトシステムが、JVCブランドで提供される「EX-NW1」(予想実売価格7万円前後)となる。

 アンプはKA-NA7と似ているが、スピーカーは同社の「ウッドコーン」を採用した特別なものを使用。アンプが本スピーカー用にチューニングされているため、セットでの使用が前提となる。

JVCケンウッド
小口径のウッドコーンを採用するため、ダンパーを新規に開発
JVCケンウッド
背面。パッシブラジエーターを内蔵する
JVCケンウッド
スピーカー内部。ユニット背後にメイプルウッドブロックを配置。その下方にチェリーとスプルースの響棒が見える

 スピーカーには30mm径のウッドコーンスピーカーを搭載。背面には40mm径のパッシブラジエーターを内蔵する。内部には人口熟成のチェリー&スプルース響棒やメイプルウッドブロックを搭載し、小口径のドライバーの駆動力をフォローしつつ、不要な振動を低減して解像感の向上と低重心化を実現している。

JVCケンウッド
スピーカー底面。竹棒を3本配置して低音再生を強化。固定ネジは1本だけがステンレス製というこだわりも

 スピーカーは幅76×奥行き110×高さ131mmというコンパクトサイズで、デスクトップに置いて使うことを想定。このため、ユーザーの耳にスピーカーが向くよう、台座には傾斜が設けられている。

 同社は「ビクタースタジオ」というレコーディング施設を保有しているが、その音楽制作現場で使用されるのはウッドコーンスピーカー。

 オリジナルマスター音源をウッドコーンスピーカーで確認するが、ハイレゾ音源はオリジナルマスター音源に近く、EX-NW1はコンパクトながらもスタジオ環境に近い音で音楽を楽しめる。

アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 11月15日(火)11時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】